指原莉乃関連情報


指原莉乃さんプロデュースによる、声優アイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」のデビューシングル・『=LOVE』(イコールラブ)のMVです。☝

作詞:指原莉乃(プロデューサー) / 作曲:渡辺尚 / 編曲:古川貴浩

LOVEメンバー(イコールラブメンバー)
大谷 映美里 (OTANI EMIRI)
大場 花菜 (OBA HANA)
音嶋 莉沙 (OTOSHIMA RISA)
齋藤 樹愛羅 (SAITO KIARA)
齊藤 なぎさ (SAITO NAGISA)
佐々木 舞香 (SASAKI MAIKA)
佐竹 のん乃 (SATAKE NONNO)
髙松 瞳 (TAKAMATSU HITOMI)
瀧脇 笙古 (TAKIWAKI SHOKO)
野口 衣織 (NOGUCHI IORI)
諸橋 沙夏 (MOROHASHI SANA)
山本 杏奈 (YAMAMOTO ANNA)


夢で見ていた(夢で見ていた)
君を知りたい(君を知りたい)
顔も名前さえも分からない

振り向くときに(振り向くときに)
ふと目が覚める(ふと目が覚める)
天井をぼっと見つめ ため息つく

僕は(顔を) 上げる(1人)
十字路の交差点で
目が合った瞬間 奇跡を信じた

きっと 君だ! 君だ! 君だ!
いくつか恋をしたけれど
全て君に出会うためだった

きっと 君だ! 君だ! 君だ!
遠回りしてごめんね
やっと会えた マイ アイディール
君こそ =LOVE

ベンチに2人(ベンチに2人)
揺れる黒髪(揺れる黒髪)
たまに合う視線がもどかしい

意気込むほどに(意気込むほどに)
続く沈黙(続く沈黙)
だた僕の鼓動だけが響いてる

細い(指も)華奢な(肩も)
君の全てが愛しい
瞬きするのも惜しいほどのインパクト

だけど 君の! 君の! 君の!
笑顔を見ると話せない
邪魔をしてる僕のリベリオン

だけど 君の! 君の! 君の!
全てをただ知りたくて
戸惑ってる マイ アイディール
切ない =LOVE

君と僕が運命なんて
笑われると分かっている
諦めかけた 僕のアイディール
君も探していた…

やっぱ君だ! 君だ! 君だ!
過去最上キュンの衝撃
溢れ出した僕のトゥインクル

やっぱ君だ! 君だ! 君だ!
夢に見てたこの瞬間
伝えたいんだ マイ アイディール
全ては =LOVE


ドキュメンタリー・エピソード1がUPされました。☝


ドキュメンタリー・エピソード0です。☝

「脱・”さっしー”」迫られるHKT48、まるでアップルのジョブズ?
カリスマ依存脱却目指し、集団指導体制を模索中。

hkt17081108
カリスマが去りし後、組織の発展を、どう続けていくか。
福岡を拠点に活動6年目を迎えた、アイドル・グループのHKT48。
指原莉乃さんという、強烈なカリスマに率いられてブレークした今、「脱・”さっしー”」問題に直面しています。
カリスマ経営から、集団指導体制へ・・・。
夫々の個性を打ち出そうと、懸命に模索するメンバーに話を聞きました。

《乃木坂・欅坂・STU…ライバルが次々と。》
競争が激しいアイドルの世界。
乃木坂46・欅坂46など「坂道グループ」の人気沸騰に加え、AKB48グループ内でも、瀬戸内各県で活動するSTU48をはじめ、HKT48の後にも姉妹グループが次々に誕生しています。
今後のAKB48グループ営業戦略を語る上で、軸となっているのが指原莉乃さんです。

hkt17081101
「指原さんがSTU48と兼任になり、HKT48は、此処が一つのターニングポイント。
如何に自分達が動いていけるかが、一番ファンの皆さんが見たい所だと思います。」
と、HKT48・2期生の渕上舞さんは語ります。

2012年6月に、AKB48からHKT48への移籍が発表された指原莉乃さんは、当時から高い人気を誇りました。
HKT48の劇場支配人兼任となって、一層手腕を発揮し、ライブでは、パフォーマンスに加え、MCで笑いを取り、セットリストも手掛けます。

hkt17081103
「”さしこちゃん”に頼っているのが、一番大きいです。
コンサートも、”さしこちゃん”が言ったことに基づいて、皆が行動する感じです。」
と、HKT48・3期生の田中美久さん。

前述の渕上舞さんは、
「全体を見る力が、凄いです。
隅々まで、色々なメンバーのことを見ています。」
と言います。

《グループとしての力を意識》
指原莉乃さんの求心力は、全体を引っ張るリーダーシップだけではありません。
時には、細かな心遣いも見せます。

hkt17081105
4月に、さいたまスーパーアリーナであった、HKT48メンバー・多田愛佳さんの卒業コンサートでは、事前の握手会で、指原莉乃さんが直接、多田愛佳さんを熱心に応援してきたファンから、聞きたい曲を密かにリサーチしていました。
「涙のシーソーゲーム」等、希望した曲が本番で披露されると、『昔からの”愛ちゃん”ファンは、大喜びだった。』(ファンの一人)そうです。

hkt17081102
HKT48・1期生の森保まどかさんは、
「いつまでも頼り切りな訳には、いかないです。
1期生同士で話し合う機会も、増えています。
こんなに、お世話になっている存在だから、個々がしっかり独立して頑張って、それがグループとしての力になる姿を、見せていければ、”さっしー”も安心してくれると思います。」
と話します。

hkt17081107
今年の選抜総選挙で、3年ぶりにアンダーガールズ(32~17位)に復帰し、20歳になった今年を、「勝負の年」と位置づける森保まどかさん。
「(特技を生かして制作が続く、)ピアノアルバムを、今年中に発売できたら嬉しいです。」
「夢であるモデルや演技の仕事もして、その活躍をHKTに還元したいです。」
と決意を口にしました。

前述の田中美久さんは、
「身近で見てきて、”さしこちゃん”は、発信力が凄いです。」
と語り、その背中を見て、HKT48としてのSNSの発信力強化を、意識しているそうです。

《力を合わせてがむしゃらに》
hkt17081106
田中美久さん等、「フレッシュメンバー」24人は、7月に行ったイベント「フレッシュ・コンサート」が盛況だったことを鑑み、9月に博多座(福岡市)でコンサートを行うことが決まり、田中美久さんは、次のように意気込みを語りました。
「(”さっしー”のような)引っ張ってくれるメンバーがいないので、2期生の”めるみお”さん(田島芽瑠さん・朝長美桜さん)とか3期生で協力し、発言することが増えています。
変わっていくのを感じるので、力を合わせて、我武者羅に上を目指すしかないです。」

hkt17081104
劇場公演も、今秋から新たに「パピヨン24ガスホール」(福岡市博多区)でも行うことになったHKT48ですが、今後、目指す道としてヒントになりそうなのが、集団指導体制への移行です。
「ずっと(”さっしー”に)頼り切りじゃ駄目。
若手メンバーには、フレッシュならでは、大人メンバーには、ベテランならではの、落ち着きや安定感のあるものが出来ると思います。」
と語る、HKT48・1期生でティームK Ⅳキャプテンの本村碧唯さん。

《任天堂、カリスマから集団指導体制へ》
リーダーである指原莉乃さんの存在感が大きくなる中、危機感が芽生え始めている、HKTのメンバーたち。
グループの将来を考えると、「カリスマ・指原莉乃」依存からの脱却を、真剣に考える時期に来ています。

nt17081101
ビジネスの世界で、「脱・カリスマ」を進めた企業として有名なのは、任天堂です。
ファミコンの生みの親で、テレビゲームの土台を作り上げた、山内溥氏。
2002年に引退する際、創業者一族でもある山内博氏が掲げたのが、「集団指導体制」への移行でした。

nt17081103
山内博氏の後を継いだ岩田聡氏は、プログラマー出身。
現場の声に耳を傾けながら、「ニンテンドーDS」や「Wii」のヒット商品を生み出しました。

nt17081102
岩田聡氏が急死すると、君島達己氏が社長に抜擢されます。
ゲーム機開発部門を率いていた竹田玄洋氏と、自社ソフト開発部門のトップを務めていた宮本茂氏との、「トロイカ体制」となりました。

《アップルではジョブズ氏からクック氏へ》
ap17081101
アップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏が、ティム・クック氏に引き継いだ際も「集団指導体制」への移行として、注目されました。

ap17081102
交代直後にあった「iPhone4S」の発表では、ティム・クック氏ではなく、マーケティング担当幹部のフィル・シラー氏が、プレゼンに登場するなど、カリスマ依存からの変化を印象づけたのです。
一方で、ティム・クック体制のアップルからは、スティーブ・ジョブズ氏が生み出したような、革新的な製品が生まれていない、という指摘も根強くあり、舵取りの難しさが垣間見えます。

《今が一番頑張りどき》
ITやゲーム業界と同じように、競争が激しいアイドルの世界。
立ち止まると直ぐに、他のグループにファンが流れることは、日常茶飯事です。
HKT48が8月2日に発売したシングル「キスは待つしかないのでしょうか?」は、グループにとって10作目。
一つの節目を迎えたHKT48が、いかに成長していくかが、ポイントになっています。

sr17081101
折しも春以降、指原莉乃さんは、STU48の支配人・メンバーを兼任し、

sr17081103
代々木アニメーション学院の非常勤講師となって、声優アイドルグループ「=LOVE(イコール・ラブ)」をプロデューサーとして立ち上げ、

sr17081102
8月に行われたTIF(東京・アイドル・フェスティバル)のチェアマンを務めるなど、「アイドルの頂点」と呼ばれる程、活動の幅が拡大しています。
メンバーは、否応無く「脱・”さっしー”依存」に、直面しているのです。

そして、その最中に発覚した、HKT48メンバーによる「裏アカウント問題」・・・。
前述の本村碧唯さんは、危機感を隠しません。
「今が一番、頑張り時。」

hktel17081101
カリスマがいなくても、グループの価値を生み出せるのか。
アイドルグループHKT48の「脱・”さっしー”」問題は、偏に、個々のメンバーの活躍に係っています。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、
任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、
信頼せねば、人は実らず。

山本五十六
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 指原莉乃 イコールラブ LOVE AKB HKT 運上弘菜

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード