マリアナ沖海戦①

ma17071509
昭和17年10月に戦われた「南太平洋海戦」で、日本軍は、アメリカ側の、新兵器40㎜対空機関砲・レーダーを活用した対空射撃法に因り、開戦以来の練達の航空母艦搭載機搭乗員を、殆ど失ってしまいました。

ma17071502
連合艦隊司令長官・山本五十六(いそろく)大将は、攻勢を強めるアメリカ軍に対抗して、航空兵力を中心とする、「い」号作戦を、昭和18年4月から実施します。

ma17071503
この作戦には、航空母艦搭載の飛行隊を、陸上基地に転用して使用する事が含まれていましたが、機動部隊指揮官小澤治三郎中将は、漸く航空母艦からの発着艦が、出来るようになったばかりの、錬成途上にある航空母艦搭載飛行隊を、みすみす陸上基地へ移してしまう事に反対しましたが、山本五十六大将に押し切られてしまいました。

ma17071506
「い」号作戦は奏功する事なく終了し、山本五十六大将が戦死、後継の連合艦隊司令長官・古賀峯一大将は、昭和18年11月に、「ろ」号作戦を実施します。

ma17071504
この作戦にも、航空母艦搭載の飛行隊を、陸上基地に転用して使用する事が含まれており、機動部隊指揮官小澤治三郎中将は、断腸の思いで応じました。

ma17071408
アメリカ軍はこの戦闘で、グラマンF6F艦上戦闘機・レーダー搭載で、目標物の至近距離で爆発する、”VT信管”内臓の砲弾、等の新兵器を繰り出した為、「ろ」号作戦の終了時、日本機動部隊の残存保有機数は53機となり、120機・損耗率70%という被害を被ったのでした。

ma17071501
機動部隊指揮官小澤治三郎中将が、三度、航空母艦搭載航空部隊の再建に乗り出している矢先に企図されたのが、「あ」号作戦(”あ”は、アメリカを指す。)でした。

ma17071505
この間、小澤治三郎中将は、地上の基地航空隊としての「第1航空艦隊」(司令官・角田覚治中将)再編に力を注ぎ、定数を1,644機としますが、満たされる事は無く、2月21日、テニアンに着任した司令官・角田覚治中将は、翌日、夜間攻撃を強行、94機もの損失を出し、消耗させます。

ma17071508
昭和19年2月、連合艦隊司令長官・古賀峯一大将は、陣頭指揮を執るべく、パラオに進出しますが、大空襲に遭い、3月31日にダバオへの脱出を企図し、途中で遭難、殉職しました。
かてて加えて、同時に遭難して捕虜となった参謀長・福留繁中将が運んでいた、「次期決戦の指導要項が記された機密資料」が、アメリカ側の手に渡ってしまいます。
アメリカ軍は、日本軍の手の内を知りました。

ma17071401
昭和19年5月3日、連合艦隊司令長官に、豊田副武(そえむ)大将が就任します。
当時、日本海軍・軍令部は米軍の進行目標を、以下の2ルートと推定していましたが、どちらが実施されるのか、掴みかねていました。
①西カロリン諸島のパラオから、フィリピンに進み、台湾・沖縄・九州と進攻するルート。
②アリアナ諸島から、小笠原諸島に進み、直接関東に上陸するルート。

ma17071409
結局、連合艦隊司令長官・豊田副武大将が発令した「あ」号作戦要領は、以下の2海面に定められました。
第一決戦海面・パラオ付近海面。
第二決戦海面・西カロリン付近海面。
若しアメリカ軍が、想定作戦海面以外に来攻した場合は、基地航空部隊が、これを攻撃するとしていましたが、この作戦要領は、決戦海面を、日本軍機動部隊の待機地点近くに持って来ようとする、日本海軍・軍令部の期待・希望に基づくものでした。

ma17071507
当時、日本海軍連合艦隊は、慢性的な、燃料・それを運ぶタンカーの不足に陥っており、機動部隊の行動範囲は、1,000浬に制限されていました。
シンガポール南方のリンガ泊地に居た日本軍機動部隊が、マリアナ海域まで進出するのに必要な燃料は8万tですが、アメリカ軍潜水艦に撃沈されたタンカーが、11隻に及んでいた為、現有タンカーでは、5万tしか運べず、機動部隊はマリアナ海域で、3日間しか行動出来なかったのです。

ma17071407
期待の基地航空部隊である、「第1航空艦隊」(司令官・角田覚治中将)ですが、基地の移動が頻繁で、整備員が取り残されたり、弾薬・部品が別の島に送付されたりで、可動機は定数の20%でした。

ma17071402
結局、「第1航空艦隊」は、地上でアメリカ軍の急襲を受けて破壊されたり、アメリカ軍の堅い防御網により撃墜されたりして、7月4日に壊滅し、司令官・角田覚治中将は、最後の拠点・テニアン島で、7月31日に自決しました。

ma17071406
機密文書入手により、日本海軍の内情を熟知していたアメリカ軍は、2方面作戦を同時進行する事にし、先ず5月27日、ダグラス・マッカーサー大将に率いられたアメリカ陸軍が、ビアク島に上陸し、日本海軍に揺さぶりをかけてきました。

ma17071404
日本海軍司令部では、ビアク島付近に艦隊を動かせば、アメリカ機動部隊を誘致出来るのではないかという意見が出て、まんまとアメリカ側の罠に嵌まり、ビアク島救援の「渾(こん)」作戦が実施されます。

ma17071403
二次に渡って実施された「渾(こん)」作戦でしたが、増援部隊輸送計画は失敗に終わり、第三次攻撃を準備中の6月11日、見透かしたアメリカ軍は、マリアナ諸島を空襲し、6月13日には、サイパン島を艦砲射撃します。

ma17071405
日本機動部隊が、タウイタウイ泊地からギラマス泊地へ移動し、燃料補給が完了した6月15日、アメリカ軍がサイパン島へ上陸を開始し、それを受けて連合艦隊司令長官・豊田副武大将は、「あ」号作戦・発動命令を下したのでした。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 山本五十六 小澤治三郎 古賀峯一 角田覚治 福留繁 豊田副武

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード