指原莉乃関連情報

sr17031401
243,011票。
昨年、AKB48シングル選抜総選挙に於いて、初の連覇を成し遂げた指原莉乃さんが、一人で集めた票数は、あの前田敦子さんと大島優子さんが、最後に雌雄を決した総選挙での、二人の獲得票数を足した数字に匹敵します。
一昨年の指原莉乃さんの獲得票数から見ても、5万票も上乗せしてきた、過去最高の票数でした。
5万票とは、12位だったNGT48・北原里英さんの票数と、ほぼ同じであり、指原莉乃さんは、今年上乗せした数字だけでも、選抜メンバーの16位圏内に余裕で入れる事を、如実に示しています。

sr17031402
「この壁は、誰も越えられない。」
2位に甘んじたAKB48・渡辺麻友さんは、壇上で遂に、そう語りました。
みんなが薄々思っていましたが、言うと”終わってしまう”この台詞を、ついに彼女は語ったのです。
渡辺麻友さんにしても、個人的には17万5千票という、過去最高の数字を叩きだしていたにも拘らず、そしてまだ指原莉乃さんが、何票獲得したかを聞いていなかったにも拘らず、「この壁は、誰も越えられない。」と断定したのです。
『それが、どんな壁なのか分からないが、”自分のやり方では、越えられない”ということだけは確かだ。』と、実感している様子でした。

sr17031403
指原莉乃さんの票数の理由を語るときには、アイドルの中にタレントの知名度が混ざっているからだとか、HKT48という組織を纏め上げているからだとか、露出が段違いに多いからだとか、いろいろと憶測が語られていますが、本当の理由は判然としません。
しかし、裏返して考えるならば、「本当の理由は、分からない。」と言わせてしまうところが、彼女の・彼女だけの、”凄味”と言えます。
その憶測される理由が、きっとすべて正解だからこそ、これ程、語られているのでしょう。
いくつもの理由が集まっているからこその、文字通り、桁違いの243,011票なのです。

sr17031404
指原莉乃さんが初めて1位になったときは、確かに「指原が1位になったら、AKBは面白い。」という動機が、きっかけであったのかもしれません。
ただそれは、前田敦子さん・大島優子さん以後の新体制を、ファンもスタッフも無意識に模索していた数年前、決定的な次世代が台頭していなかったこともあり、指原莉乃さんというトリックスターを、あくまで「繋ぎ」として1位にしたら面白い、というレベルでのムードに過ぎなかったと思うのです。
しかし指原莉乃さんは、そのムードに全力で乗り、乗り続けることで、ムードをムードでなく「事実」にして、果ては「誰も越えられない壁」にしました。

sr17031405
運や流れを一過性の物にしない為の、この数年間の彼女の才覚や努力は、ずば抜けていました。
アイドルでなくても、どんな仕事をしていても、チャンスをモノにするということは、それだけで困難な事柄です。
しかも指原莉乃さんは、背伸びをしてチャンスをモノにしただけでなく、その後も、足が痛くなっても背伸びを続けいます。
そしていつしか、本当に背が伸びていきました。

sr17031407
指原莉乃さんは、その活動がアイドルの域を超えているのだから、と否定的な意見も耳にしますが、その場所に行くための才覚や努力が、アイドルの域を超えていただけなのです。
実際に指原莉乃さんは、日本一有名なアイドルとしてのパフォーマンス以外にも、バラエティタレントとしてのメディア露出、劇場支配人、劇団座長、映画監督、声優アイドルプロデューサー、アイドルフェスティバルのチェアマン、まで務めています。
だが、その無駄の無い年月にも、葛藤があったことを、昨年のスピーチで、指原莉乃さんは語っていました。

sr17031408
「AKBは、そんなに簡単な場所じゃないです。たくさんの人が、悩んで悩んで、やっとここまで来ています。」
前田敦子さん・大島優子さんが卒業した頃、私は、今後のAKB48は、アイドルの先頭を走る存在として、「指原莉乃的」か「渡辺麻友的」か、どちらの価値観を、アイドルとして是とするかが、分かれ道であり、またその価値観の切磋琢磨が、より組織を強くするだろうと思っていました。

sr17031406
躓く姿を見せることで、勇気づけるアイドルか、四六時中微笑みかけることで、勇気づけるアイドルか。
実際、一昨年、昨年とふたりが1位を分け合ってきましたし、個性は違っても、両者はAKB48という組織の為に、必要なパーツでした。
AKB48を壊す・守る・続ける》
言い方はそれぞれであっても、組織のことを考えたときに、自分がすべき役割というものを、掲げていたように思います。
昨年も、渡辺麻友さんは、その趣向に沿った、立派なスピーチをしました。

sr17031001
しかし、昨年の指原莉乃さんの言葉は、違っていました。
「私も、この1位で、3回目の1位になります。どうか、どうか、私を、1位として認めて下さい。」
組織のことを語る前に、圧倒的な勝利でも埋められない、個人的な葛藤を吐露したように見えました。
連覇をしたからこそ許される、個人的な発言と見做していましたが、後になって、決して連覇が生んだ増長の結果ではなく、総選挙の歴史を鑑みれば、或る「とてつもない意味」が込められている言葉だった、と気づきました。

sr17040906
昨年で8回目を迎えた総選挙に於いて、「とてつもない意味」を込めたスピーチが許されたのは、それまでに、たった一人しかいませんでした。
「私のことは嫌いでも、AKBのことは、嫌いにならないで下さい。」
この前田敦子さんの言葉と、今回の指原莉乃さんの言葉に共通しているのは、「自分のファンではない人に向けての、メッセージ」であるということです。
これは、”組織の顔”であると、自他共に認められた人にしか出来ない芸当です。
自分のファンとの間には、態々メッセージをしなくても、揺るがない絆が有ると確信している人にしか、出来ません。
もっと言えば、個人の物語が、組織の物語と同一になるステージに到達した人にしか、出来ない事なのです。

sr17040907
指原莉乃さんは、前田敦子さんのいた地位にまで、上り詰めました。
そして、前田敦子さんの頃よりも肥大化した組織に対する、規律を促したのです。
「私が1位である【AKB48】という組織を、認めてもらい、そして、一丸とならなければ!」という、アジテーションにも近いそのスピーチは、7万票差という歴然とした結果と共に、前述の「指原莉乃的」「渡辺麻友的」という価値観が両立する時代に、終止符を打ちました。
唯、その乱暴な程の「指原莉乃的一統」は、個人と組織が、余りにも重なってしまったことの裏返しでもあり、本来であれば(つまり指原が「繋いだ」先の、受け取り手がいれば)、その機会が既にあったはずの彼女の引き際を、より一層困難なものにしました。

sr17040912
48グループは、東京にAKB48、名古屋にSKE48、大阪にNMB48、福岡にHKT48、そして今年新潟にNGT48を作っているので、最早、選抜メンバー達は、「JPN48」と呼んでも良い程です。
同時に、それ程の規模になっているにも拘らず、実態は「SHR48」(Sashi・Ha・Ra・48)でもあります。
これ程の重責は、或る意味、「指原莉乃的」なアイドルでなければ、背負えないとも言えますが、だとしても、いつまでも背負い続けられる物でもありません。

sr17040909
今年の選抜総選挙は、恐らく、その”引き継ぎ”を占うものになるでしょう。
指原莉乃さんは、最近恒例となった、締切日の3/31に、立候補を届け出ました。
組織の今後の為には、自分の出馬が必要不可欠だということを、充分承知しているからです。
なぜなら、仮に指原莉乃さん不在の総選挙で、新顔が1位になっても、其処にインパクトは無く、今後を担っていこうと考える、次世代メンバーには、《指原莉乃の3連覇を、食い止めた。》という”箔”が、必要だからです。

sr17040911
今年で最後の総選挙にするということを、既に明言している指原莉乃さんですが、彼女が描く理想的な引き際とは、恐らく、「負けて・勝つ」でしょう。
当然指原莉乃さんには、圧倒的な票数が入るでしょうし、とんでもなく高い壁ではありますが、
・・・『そんな自分を倒す者が居てこそ、AKB48グループは、これからも「勝てる」。』
AKB48グループ史上、最も引き際の難しくなったメンバーである指原莉乃さんは、個人が組織になってしまった者の宿命として、何処かで、そんな総選挙を想定している気がするのです。

sr17040910
なぜなら、指原莉乃さんは、
アイドル其の物が、大好きだから。
アイドルに救われた経験を、持っているから。
個人よりも、組織を・その組織が担う文化を、迷わず優先するから。
その時が来たら、指原莉乃さんは、
喜んで、その席を譲るでしょう。

sr17031002
即ち、個人が、「或る一つの”組織”を代表する」どころか、「或る一つの”文化”を代表する」という現象が、生じているのです。
指原莉乃さんは、其処まで来てしまった、2010年代アイドルの”傑物”なのです。
それがまた、新しい重責になるとしても・・・。
(原文:オオツカ・ヒサオ氏)

yn17042301
今回の総選挙で”注目の100人”に選ばれた、HKT48/AKB48・矢吹奈子さんにも、期待が高まっています。
矢吹奈子さんは、幼少期より指原莉乃さんのファンであり、指原莉乃さんに憧れる余り、訪れた握手会で指原莉乃さんから、「AKBに入れるよ。受けてみたら?」と誘われ、爾後、遠く九州・博多のHKT48に移籍した指原莉乃さんを追いかけ、オーディションに見事合格して、小学6年生の時に、父・姉を東京に残し、母・妹と共に博多に移り住んだ経歴を持っています。

yn17042302
指オタ(指原莉乃さんのファン)から、”TO(トップ・オタ)”の称号を授かる矢吹奈子さんですが、今や高校1年生となり、AKBグループ全体の”象徴”となる事を嘱望される、逸材に成長しました。

yn17042301
昨年末のNHK紅白歌合戦・選抜投票では、堂々17位に入った実績を持ち、今回の総選挙では”台風の目になる”と目される、正しく、期待の新星であります。

sr17042403
sr17042401
sr17042402
師匠たる指原莉乃さんが勇退した後の、来年の総選挙では、弟子たる矢吹奈子さんが、如何程の票数を”指オタ”から相続するのか、早くも取り沙汰されております。

sr17050204
指原莉乃さん(後列中央)がプロデュースする、アイドルグループ「=LOVE」(イコール・ラブ)が誕生しました。
最終選考をクリアした面々と共に。

sr17050203
【ファンも専門家も唸る、指原莉乃さんのプロデュース力。】
HKT48とSTU(瀬戸内)48兼任の指原莉乃さん(24)がプロデュースする、声優アイドルオーディションの最終選考会が4月29日、都内の代々木アニメーション学院で行われました。
応募者数は非公表でしたが、最終選考会に臨んだのは、103人。
指原莉乃さんは、他のスタッフらと丸1日かけて、応募者たちの歌・ダンス・質疑応答を審査しました。
「興奮しすぎて、私が鼻血を出して、一時中断させちゃいました。」
と笑い話にしましたが、それだけ集中して、1人1人を見極めたということを示しています。
その成果でしょうか?合格した13人は、お世辞抜きに、あらゆるタイプの美少女がそろっていました。

sr17050205
指原莉乃さんは数日前に、秋元康総合プロデューサーと、初めて真剣にプロデューサーとしての話をしたといいます。
爾後、『秋元さんは、すごい人だって分かっていたけど、より遠く感じた。』と、プロデュース業の奥の深さを突きつけられたかのように、ツイッターでつぶやきました。
また、指原莉乃さんは、こうも語っています。
「元々、幼い頃からのアイドル好きで、アイドルのプロデュースは、将来の夢として持っていました。
正直、まさか、こんなに早く実現できるとは思いませんでしたが、めったとないチャンスなので、受けさせてもらいました。」
指原莉乃さんは、自分自身の予定よりも早く、現役を続けながら、プロデュースもするという“選手兼監督”になったのでした。

sr17050208
指原莉乃さんのことを良く知らない人だと、その手腕に疑問符を持つ人もいるでしょう。
然しながら、既に幾つかのプロデュース業は、経験済みなのです。
所属するHKT48では、劇場支配人としてメンバーをまとめたり、運営スタッフの1人として、グループの活動の計画を考案、実行しています。
特に、コンサートの演出は、数年前から担当していて、その内容については、ファンや専門家達からも、好評を得続けてきました。

sr17050207
また昨年には、HKT48・4期生オーディションの選考に携わっていました。
関係者の話によると、HKT48・4期生の合格者は、殆ど指原莉乃さんが決めたという事です。
そして、件の4期生は、まだデビュー1年に満たない研究生ですが、アイドル業界のマスコミには『素材が揃っている。』と、頗る評判が良いのです。
ファンも専門家も、『彼女は、元アイドルオタクだから、ファンが喜ぶポイントや、アイドルの必須要素を、分かっている。』と、今後に期待しています。

sr17050206
指原莉乃さんは、ヘタレ・アイドルから、秋元康さんの導きと、自己プロデュース能力で、芸能界でも屈指のバラエティータレントにまで登り詰めました。
指原莉乃さんは頭の中に、自分とはタイプの違うアイドル像を、幾つも描いているでしょう。
一体、どんな娘たちを育てるのでしょうか。
自分自身や前田敦子さんや大島優子さんを超える、アイドルを生み出せるのでしょうか?
新たな楽しみが、常に増加していくのが、ファンが指原莉乃さんを応援する理由の一つです。

yn17050101
矢吹奈子さんは、「代々木アニメーション学院・指原莉乃プロデュース・声優アイドル・オーディション」の仮合格者発表記者会見にて、インタビュアーとして、質問しました。
矢吹奈子さんが、緊張からか、思わず「さしこちゃん。」と口走ってしまい、即座に指原莉乃さんから、「『さしはらさん。』ね!」と、やんわり揶揄される一幕もありました。


6:10辺りから、矢吹奈子さんのインタビューが始まりますので、御笑覧下さい。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 指原莉乃 HKT48 AKB48

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード