指原莉乃関連情報



JR九州のTVCMに、HKT48が出演しております。

sr17031802
指原莉乃さんをフィーチャーしたポスターも、あります。

sr17040201
yn17040201
sr17040301
春のHKT48関東ツアーに於ける、指原莉乃さん・矢吹奈子さんです。

sr17032101
3月20日に開催された「大写真会」時、指原莉乃さんは体調不良で、殆ど参加できませんでしたが、指原莉乃さんのツイッターに、上掲画像の投稿がありました。
投稿者のコメントです。
『体調よくない中でも、僕が撮りやすいように、側に来てくれてありがとう。』

sr17031801
4月からの新生活に、期待を膨らませながら勤しんでいる人も多い、この時期。
新たな環境に飛び込むにあたり、人間関係が上手くいくのか不安を感じている人も少なくないでしょう。
そこでORICON NEWSでは、10代~20代の男女を対象に調査した、その生き方や立ち居振る舞いが参考になる、『“処世術”学びたい有名人ランキング』を発表しました。

4位には、「落ちこぼれ」「可愛くない」等の自虐トークと、雑草魂で、新たなファンを獲得した、指原莉乃さんが選ばれました。

処世術を学びたい有名人ランキングTOP4
1 明石家さんま
2 マツコ・デラックス
3 有吉弘行
4 指原莉乃


sr17040401
アイドル界の頂点に君臨する、HKT48の指原莉乃さん。
彼女の勢いは、どこまで続くのでしょう?
業界内では、“第二の上沼恵美子”として、期待がかけられています。

sr17040402
sr17040403
指原莉乃さんといえば、言わずと知れた人気アイドル。
AKB48総選挙では、2013年に初めて1位を獲得。
そして2015年、2016年でも1位を獲得し、2連覇を達成。
今年の総選挙でも、1位の最有力候補であり、前人未到の3連覇がかかっています。

sr17040404
テレビでは、バラエティ番組に多数出演し、自身がメインを務める冠番組も持つなど、大車輪の活躍。
アイドルらしからぬトーク術とリアクションが、老若男女に愛されています。
視聴率の伸び悩みに、テレビ業界も最近は意気消沈気味ですが、業界関係者の間では、指原莉乃さんへの期待値が高いそうです。

sr17040407
「時代の流れもあり、なかなかスターが出にくいテレビ業界ですが、ここ数年で出現したのが指原莉乃さん。
業界としても、スターを作り上げる事が一つの使命ですので、各局、指原莉乃さんに、大きな期待をかけています。
将来的には、上沼恵美子さんのようなポジションになって欲しいと、業界関係者の間では、専らの話題です。」
(フジテレビ関係者)

sr17040405
上沼恵美子さんといえば、“西の女帝”として君臨し、テレビ業界の第一線で活躍。
女性芸能人の中では、トップランクの位置づけになっています。
その歯に衣着せぬ発言が、最大の魅力。

sr17040406
「上沼恵美子さん以降、女性芸能人で、メインを張れるタレントはあまりいません。
特に若手の中だと、指原莉乃さん以外思い浮かばない、というのが現状です。
このまま指原莉乃さんには、第一線を突き進んでもらって、“女帝”として君臨して欲しいですね。」
(読売テレビ関係者)

sr17040408
大きな期待がかけられている指原莉乃さん。
どんどん進化していく事でしょう。

sr17033112
sr17033113
sr17033114
先ごろ、【STU48の劇場支配人兼メンバー】という人事が発表された、HKT48指原莉乃さん(24)。
AKB48グループの有力メンバー卒業が相次ぐ中、八面六臂の活躍を続けています。
MC目線で彼女を見た時に感じるのは、「瞬発力」があることです。
僕自身は、MCとして仕事を御一緒したことはありませんが、客観的に見て、“器の大きさ”を感じます。

sr17033105
AKB48がブレークする前から番組を手掛けていた、毛利プロデューサーから聞いたエピソードです。
劇場イベントの打ち上げの席で、指原さんが彼に、
「私は“ヲタ芸”が得意なので、何かあったら、是非使って下さいね!」
と話しかけてきました。
『スタッフに直談判するなんて、面白い子だなあ。』
と、印象に残ったそうです。

sr17031004
そして幸運にも、その後直ぐに、生かせる機会が巡ってきました。
企画会議で、「メンバーの得意技を披露する企画」があったので、指原莉乃さんのことを思い出し、彼女に”ヲタ芸”をやってもらったのでした。
”ヲタ芸”とは、アイドルを応援する”オタク”たちの独特の踊りを指します。
つまり指原莉乃さんは、自分たちアイドルのファンを真似る、という意味で、「自分を客観視」出来る人でもあるのです。

sr17032401
そういう押しの強さも含めて、彼女は「セルフプロデュース能力」が高い、というのが毛利プロデューサーの評価でした。
それは、ブログでも発揮されました。
「指原クオリティー」という、タイトルも然ることながら、その文章に光るものがあって、秋元康さんが「これからは、指原を推すから。」と、スタッフに言ったそうです。
それを聞いた周りのスタッフは、『冗談だろう。』と、半信半疑だったそうですが、その後の活躍は皆さんも知っての通りです。
多少のスキャンダルを、物ともしない、”しなやか”で”強か”なのが、指原莉乃さんなのではないでしょうか?

sr17031005
僕自身も新しい番組のMCの候補には、いつのまにか彼女の名前を挙げることが多くなっていました。
指原莉乃さんは、周りを振り回しつつ、自分のペースに巻き込むのが上手です。
観察力にも優れているので、人の懐に入るのも上手い。
彼女の「逆転力」という著書に、「偉いおじさんとのコミュニケーションの仕方」が書かれています。

sr17031601
そこには2種類の人がいて、「すごく偉い人」と「ちょっと偉い人」によって、対応を分けているそうです。
一見したたかに見えるその対応は、本人のセルフプロデュース力の為せる業かと思います。
24歳にしてそれを身に付けている、指原莉乃さん。
セルフプロデュースを超えて、AKBグループのなかでも、”偉大なMC”への道を、着実に歩んでいるように思います。

▼三枝孝臣(さえぐさ たかおみ)
1966年東京都生まれ。
89年に日本テレビに入社、「ZIP!」「スッキリ!!」「シューイチ」など情報番組から、「THE夜もヒッパレ」「DAISUKI!」などバラエティーまで、手掛けた番組は100を超える。
2015年に日本テレビを退社。近著に「一流のMC力」(東洋経済新報社)がある。

sr17033103
sr17033101
レギュラー&準レギュラーとして出演するキー局番組は、驚きの週10本!と、今、アイドル界、並びにテレビ界の先頭を突っ走る、HKT48指原莉乃さん(24)。
昨年の年間テレビ出演本数は、350本。
毎日テレビに出ている、と言っても過言ではない大活躍でした。
更に2月末には、新発足するSTU(瀬戸内)48の劇場支配人に任命され、秋元康氏からの信頼の厚さを見せつけました。

sr17033102
AKB48に詳しい芸能評論家の三杉武氏も、その躍進ぶりを絶賛します。
「彼女の魅力は、アイドルとして“ギリギリ”の刺激的な発言を、ブチ込んでくるところ。
下ネタや自虐ネタ等、さじ加減が絶妙で、自身の過去のスキャンダルもうまく切り返せます。
彼女の発言は、よくネットニュースに取り上げられますが、それを意識して話しているところもあると思います。」

sr17040409
事実、「気づくと毎日、指原莉乃さんの発言を取り上げた記事を書いている。」(ネットの芸能ライター)という声も聞こえてくるほど。
その活躍と比例し、さぞ懐も暖かくなったのか、最近は彼女の“年収”に、スポットライトが当たっています。

sr17031602
「昨年の推定年収が、2億9,500万円という報道が出て、その件に関して先日の『ワイドナショー』(フジテレビ系、2月19日放送)に於いて、松本人志さんが“僕も雑誌で推定で(年収を)書かれるんですけど、そこまで大きく間違ってはなかったりする。”と言及したんです。
指原莉乃さんは“そんなに、あるわけないじゃないですか。”と否定していましたが、その顔はニヤけっ放しでしたね。」(芸能記者)

sr17033106
改めて、その額を「さもありなん」と言うのは、芸能プロ関係者です。
「推定ですが、テレビ出演が1本約30万円に、コンサートなどAKB関連の仕事に、10本以上あるCM出演料は、1本2,000万円程となると、単純計算で、そのくらいは確実にいきます。
2014年には、母親を代表にした、節税対策用の個人事務所も設立しましたし、懐に入る額は他のアイドルとは比較にならないはずです。
最近はMCの仕事も多いので、今後、更にギャラは上がると思いますよ。」

sr17033107
関係者が指摘するように、指原莉乃さんが他のアイドルと一線を画すのが、MC番組の急増ぶりです。
現在3番組でMCを務める他、「今後、更に増える可能性大。」(制作会社ディレクター)と言うのです。

sr17040601
「番組の企画会議では、必ず彼女の名前が挙がります。
視聴者が望む大物への突っ込みも躊躇無しだし、こちらが欲しいリアクションも、ドンピシャでくれる。
かつてローラさんも、同じ理由で重宝されましたが、彼女が女優業にシフトしてからは、指原莉乃さんの独壇場です。」(前同)

sr17033108
カメラが回っていないときでも、「テレビ同様の気さくさ」で、スタッフからの好感度も高いといいます。
HKT48に移籍したばかりの頃は、エゴサーチ(ネットで自分の名前を検索すること)ばかりしていて、批判を気にして、常にピリピリしていましたね。

sr17040602
それで周囲にキツく当たってしまい、結果、“天狗になっている”と陰口を叩かれる時期もありました。
でも今は、そのときの経験から“こうすると叩かれる。ここまでならセーフ。”という絶妙のラインを見つけ、うまく世渡りしている印象です。」(前出の芸能記者)

sr17033109
そんな彼女に、何処からともなく、現場では「女版・中居正広」という声が上がっている(前出のディレクター)というのです。
「頭の回転の早さ、核心をつくコメント力、愛される範囲でのおバカさ、ゴシップへの敏感さと、中居正広さんとの共通点が多い。
また、影響力のある松本人志さんの、お気に入りという点でも同じです。
最近は指原莉乃さんに、現場を円滑に回す司会力も加わり、彼の背中が近くなってきました。
指原莉乃さん本人の、MC業への意欲も満々、と聞いていますよ。」(前同)

sr17033111
「女性MCとして、天下を取る可能性は高いですね。
指原莉乃さんは芸人との相性が抜群にいいし、HKT48のコンサートの場でも、中心になって回しています。
まだ未知数なのは、中居正広さんが得意とする、俳優や女優に対する対応力。
MCの素養は十分ですから、飛躍に期待したいです。」(前同)

sr17033110
ナンバーワン司会者へ、猛スピードで突き進む指原莉乃さん。
中居正広さんを飛び越え、天下を奪取する日も、近いのでしょうか!?
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 指原莉乃 HKT48 AKB48

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード