指原莉乃関連情報

sr16112401
HKT48指原莉乃さんが、今月20日、自身の24歳の誕生日を記念して、東京・品川の『グランドプリンスホテル新高輪』で、48グループ史上初となる”ディナーショー”を行いました。

sr16112402
指原莉乃さんの愛称、”さしこ”に語呂を合わせて設定したチケットは、一人¥34,500-でしたが、即日完売。

sr16112406
当日は、昼夜の2回公演で計1,600人のファンを集め、大盛況だった由。

sr16112403
ひと昔前は”ディナーショー”と言えば、五木ひろしさん・さだまさしさん・美川憲一さん・松田聖子さんといった大物歌手が、年末年始に行なう恒例行事だったはずですが、最近では、指原莉乃さんをはじめ、中川翔子さん・平原綾香さん・DAIGOさんなどの若手が参入し、スポーツ選手・タレント・マスコットキャラまで加わり、バラエティ豊かなラインアップとなっていて、これまでの“渋い”イメージを払拭し、ポップなイベントへと進化しつつあります。

sr16112404
指原莉乃さんのディナーショーは、昼の部は越路吹雪さんの「サン・トワ・マミー」や松田聖子さんの「赤いスイートピー」といった名曲のカバーで構成され、夜の部は“バースデーショー”と銘打ち、着物にお色直しをして、石川さゆりさんの「津軽海峡冬景色」、島倉千代子「人生いろいろ」などの昭和の歌謡曲を熱唱しました。

sr16112407
指原莉乃さんのコアなファン層である「指(ゆび)オタ」は、元来、平均年齢が高く、比較的裕福な男性が多いので、ディナーショーに訪れた客層が40~50代が中心となり、山口百恵さんの「秋桜」に於いて、アコスティック・ギターを伴奏で弾いた、ゲストのフットボールアワー・後藤輝基さんが、「年齢層高すぎやろ! 自民党の(資金集め)パーティーか!?」と突っ込む程でしたが、最近のファン層の広がりを反映して、会場には女性や若者の姿も散見されました。

sr16112413
「確かに客の年齢層やチケット代は、普通のAKBさんのコンサートに比べれば高いですね。
ただ、チケット代で言えば、ディナーショーとなると、五木ひろしさんや松田聖子さんなどのトップクラスは、4~5万円と高額です。
中堅どころで3万円くらいで、トークショー形式になれば2万円前後と、かなりリーズナブルになってくるので、今回の指原莉乃さんの¥34,500-は“適正価格”ではないでしょうか。

sr16112410
高級ホテルの食事を楽しみながら、ゆったりとした空間で自分の好きな歌手を、至近距離から楽しめるんですから、通常のライブやコンサートとはわけが違います。
ディナーショーは、コアファンには、堪らない魅力があるといえます。」(エンタメ誌編集者)

sr16112408
お金を惜しまない熱狂的ファンがついていれば、ディナーショーを開くのは歌手に限りませんが、そもそも日本では、お金を惜しまないファンは、歌手ファンから派生しましたので、ディナーショー歌手第1号は、五木ひろしさんと言われており、以降、美川憲一さん・石川さゆりさん等の演歌歌手、加山雄三さん・さだまさしさん・鈴木雅之さん等のシンガー、松田聖子さん・郷ひろみさん・工藤静香さん等の、80年代アイドルだったベテランたちがその“常連組”でした。

sr16112409
ディナーショーの形式は様々で、中には、大御所の時代劇俳優が、ちょっとした立ち回りを演じながら、何曲か歌うという物もありました。
最近では、“異色”感を顕著に表現した演出が多くなり、特色が濃くなったディナーショーが話題となっているのは、その人気が定着していることが背景にあります。

sr16112414
昨年、五郎丸歩選手がホテル椿山荘で行った「五郎丸選手のスクラムトークの夕べ」(税込¥16,000-)は、チケット発売後約30分で完売しました。
度々開催される壇蜜さんの「トークディナーショー」(回により異なりますが、税込¥20,000-前後)も、質問コーナーなどを設けるなど、嬉しい企画を展開し、毎回好評を博しています。
昨年行われた”ドアラ”(中日ドラゴンズ)と”つば九郎”(東京ヤクルトスワローズ)のマスコットキャラによるディナーショーも、やはり約30分でチケットが完売。今年も開催されるそうです。

sr16112411
「お客さんにとっては、贅沢な時間を楽しめるし、出演者も、会場費を気にせず、じっくりとパフォーマンスできるだけでなく、グッズやCD販売の収益も見込まれます。
ホテル側にしても、宿泊の宣伝効果があり、ディナーショーは、三者三様に“おいしい”キラーイベントなんですね。
指原莉乃さんの件もあって、今後も出演者の“低年齢化”は益々進むでしょうし、スポーツ選手やYouTuberのほか、地下アイドルによる“地下ディナーショー”なんていうのも、開かれるかもしれませんね。」(前出・編集者)

sr16112412
異色のラインアップに加え、2012年に松任谷由実さん・2013年に矢沢永吉さんと、大物アーティスト勢も、新たにディナーショーに参戦しました。
また、及川光博さん・L’Arc~en~CielのTETSUYAさん・つるの剛士さん・中川翔子さん・平原綾香さん・KARAのハン・スンヨンさん等々…。
ディナーショーの出演者が、どんどん若返っていることもあり、ひと昔前までは、少々“渋い”印象があった「ディナーショー」が、近年は、どんどんスタイリッシュになりつつあります。

sr16112415
CDが売れず苦境に立たされている音楽業界にとっても、ディナーショーは、野外やホールに次ぐ“第三のライブイベント”として、本格的に見直されるかもしれません。
音楽業界のみならず、芸人・タレント・モデル・文化人までをも巻き込み、エンタメ界の救世主的なイベントに化ける可能性すら、あるのです。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 指原莉乃 HKT48

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード