良く聴いた音楽

山下達郎

tatsuro11082301
村上“ポンタ”秀一(ドラム)、岡沢章(ベース)、松木恒秀(ギター)、坂本龍一(キーボード)のライヴメンバーに加え、土岐英史(サックス)、伊集加代子、尾形道子、吉田美奈子(コーラス)という最強メンバーによる六本木ピット・イン(1978年3月8日~9日)のステージを収めた2枚組ライヴアルバム(1978年発表)。

《ディスク:1》
1. SPACE CRUSH
2. 雨の女王
3. ピンク・シャドウ
4. 時よ
5. シルエット
6. WINDY LADY
7. 素敵な午後は
8. PAPER DOLL
9. CANDY

《ディスク:2》
1. エスケイプ
2. HEY THERE LONELY GIRL
3. SOLID SLIDER
4. CIRCUS TOWN
5. MARIE

このアルバムをレコードで初めて聴いた時は高校生で、ドラムを始めて間もなくの頃で、とにかくテクニック重視の頭でっかちのドラム小僧になっていた私は、ディープパープルのイアン・ペイスさんの洗礼を受けて、ハイハットシンバルの叩き方と、スネアドラムのロールとダブルストロークの使い方、スネアドラム・タムタム・バスドラムの3連・5連・6連コンビネーションに重きを置いて、ヘッドフォンで必死に音を聴き取ろうとしていた時期でした。

スティーブ・ガッドさんやダン・ゴットリーブさんの影響で、8ビートから漸く16ビートに開眼しつつあった小職にとって、このレコードを聴き通した時が、正しく、「ジャパニーズ・フュージョンの世界で、これ程「精緻で・巧みで・魅力的な・素晴らしい」ドラミングが出来る人がいたんだ!」と、目から鱗が落ちた瞬間なのでした。

そして村上秀一さん恐るべし!と感じ入った瞬間から、彼の名前をレコードのクレジットで探すようになったのでした。

それが、友人から「KYLYN」「KYLYN LIVE」を録音してもらうきっかけとなり、渡辺香津美さんを詳しく知る事に繋がるのです。

また、鍵盤楽器を再度弾くようになった後に聴き直してみると、坂本龍一氏がリチャード・ティー氏を彷彿させるプレイを聴かせてくれることに改めて気づきました。

高校生時分から「ローズの弾き方が何だか似てるなあ。」と気になっていましたが、影響を受けていたのでしょうね。

そしてmU-NA(みゅうな)さんと出会って、アレンジや作曲を本格的にするようになってから、このアルバムを聴いてみると、まだ20歳代という若さの山下達郎氏の力量に感服せざるを得ません。

特に小職が苦手とするコーラスのアレンジには、完全に舌を巻きました。
彼我の才能の違いを思い知らされます・・。

アルバムに含まれている「Windy Lady」の、1976年スタジオ録音版です。
当時の山下達郎さんの雰囲気が、少しでも分かって頂ければ幸甚です。↓



music11061303
山下達郎にとって10枚目になる83年6月発表のアルバム。

1. 悲しみのJODY(She Was Crying)
2. 高気圧ガール
3. 夜翔(Night-Fly)
4. GUESS I’M DUMB
5. ひととき
6. メリー・ゴー・ラウンド
7. BLUE MiDNiGHT
8. あしおと
9. 黙想
10. クリスマス・イブ

1曲目「悲しみのJODY」出だしの、高音を歌う達郎さんのヴォーカルを聴いた時、少なからずショックを受けた私でしたが、聴き続けるに従い、従来路線を継承しつつ更なる昇華を遂げた”達郎サウンド”に、大満足したのでした。

個人的にはファストテンポの16ビート曲よりは寧ろ、ミディアム8ビートを細分化して16ビート化したような「夜翔」や、逆に16ビート曲なのに8ビートでハイハットを刻んでいるような「GUESS I’M DUMB」といった、ミディアムテンポながら、音符は細分化された感じのする楽曲を好んで聴いていました。

学生時代から社会人初期に、カセットテープに貸しレコード屋から借りてきた当該アルバムを録音し、友人達と海へ行く際には、必ずと言って良いほどシトロエンGSのカーステレオからは、このアルバムが流れていました。

このアルバムを聴くと、シトロエンGSの車窓から眺めた、日本海・瀬戸内海・太平洋の海岸風景が想起されます。

JAZZバンド仲間と海へ赴く際は、マイルスやコルトレーンを聴いた事もありますが、単に女性とのアヴァンチュールを求めて陽光の中を海へ向かう時は、やはりJPOPとの相性の良さは捨て難いものがありました。

ラスト「クリスマスイヴ」は、1989年のJR東海CMでBGMとして使われ、牧瀬理穂さんが好演しているのを目の当たりにし、彼女と楽曲に忽ち魅了された経験があります。

大学生から社会人初期にかけて、当時付き合っていた彼女やGFと、イヴの夜を何とか過ごそうと躍起になっていた小職にとって、思い出深い楽曲で、“達郎の歌=夏”のイメージを、根底から覆す程、印象的で優れたメロディーと歌詞です。

彼女やGFが存在しなかったり、彼女に振られたりして、自宅でTVを観ながら寂しくこの曲を聴いた事もあれば、彼女と幸せ一杯でイブの夜に聴いた後、クリスマスの夜にはGFと聴いたりした果報者だった時もありました。

今でもこの曲を聴くと、イヴの夜を、ある時は胸を時めかせながら、またある時は涙に暮れて過ごした、青春のひと時が蘇ります。

CHEMISTRYのカバー・ヴァージョンを、お楽しみ下さい。↓
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 山下達郎

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード