指原莉乃関連情報

sr17010501
総勢122名の女子大生に、「MCが上手いと思うアイドル」についてのアンケートを実施しました。
第1位は、403ポイントで、2位以下を200ポイント以上引き離し、HKT48指原莉乃さんでした!

sr16123101
2016年NHK紅白歌合戦に於ける、AKB48選抜投票の結果が発表され、指原莉乃さんは山本彩さんに次いで、2位でした。

sr16123102
HKT48からは11人が選抜され、特に17位に入った矢吹奈子さんは、未だ中学生で、指原莉乃さんの”秘蔵っ子”と言われている、期待の新星です。

nm17010101
選抜に選ばれた中学生二人。(左:HKT48田中美久さん・右:HKT48/AKB48矢吹奈子さん)

sr16122701
女性芸能人の部は、指原莉乃さんとHKT48の関係が特徴的です。
指原莉乃さんに関するツイート数は1,013,501件で、女性芸能人・個人の部で5位。
ところが指原莉乃さんの所属するHKT48は、999,003件=女性グループで10位に落ち着いており、指原莉乃さん個人のほうが所属するグループよりツイート数を多く集めた結果となりました。
これは他のグループには見られない傾向で、指原莉乃さん個人の圧倒的人気を、よく反映しています。

sr16121301
メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社は、2016年1月~11月のテレビ番組出演者データを基にした、『2016タレント番組出演本数ランキング』をまとめました。
▼ 調査項目:タレント番組出演本数 (出演番組の放送回数分をカウント)
▼ 調査期間:2016年1月1日~2016年11月30日
▼ 対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
◎グループ出演と個人出演の合算にて集計
◎アナウンサーは対象外とする
◎通販番組出演者は対象外とする
◎再放送番組は対象外とする
◎ナレーション出演は対象外とする

HKT48の指原莉乃さんは、3年連続のランキング入りで、
且つ、初のTOP5に入りました!

※1 単独の出演本数   
※2 グループでの出演本数

sr16111509
HKT48の指原莉乃さんが、テレビ出演急増しています。

sr16121302
sr16121303
「指原議長とアイドル国会」という冠番組では、遂にメインMCを務めるまでになりました。
今、なぜ人気なのか?その魅力に迫ります。

sr16111502
sr16111503
指原莉乃さんの勢いが止まりません。
テレビ番組の出演本数は、現在レギュラーとして出演する「さしこく〜サシで告白する勇気をあなたに〜」「HKT48のおでかけ!」「徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました」を始めとして、準レギュラーとしての番組や単発でのゲスト出演、HKT48メンバーとして、AKB48選抜メンバーとしての出演などを合わせると、正に「見ない日はない」活躍を見せています。

sr16112901
女性タレントとしては、現在テレビ出演本数に於いて、女性お笑い芸人以外で指原莉乃さんのライバルとなる、小島瑠璃子さんが、2016年度も圧倒的な強さを誇りますが、小島瑠璃子さんに迫る勢いを感じさせる程、指原莉乃さんがテレビに出まくっている印象があります。
なぜ、指原莉乃さんは、テレビ業界に好まれるのでしょうか?

sr16111504
まず第一に、小島瑠璃子さんにも言えることですが、臨機応変に様々な場面でコメントが言える、地頭の良さがあります。
時には下ネタをはさみながら、その番組ごとのMCの特性に合わせることが出来るのです。

sr16112902
現在では、レギュラー番組でフットボールアワー・後藤輝基さんと絡むことが多く、指原莉乃さんを信頼する後藤輝基さんから、様々な「良いパス」が来て、そこで笑いが生まれ、そしてまたオファーが来る…。と好循環が生まれています。
これも指原莉乃さんが、しっかりと後藤輝基さんとのコンビネーションに、磨きをかけていたからこそ。

sr16112903
最近では、後藤輝基さん以外のMCとも、即座に息を合わすことが出来るようになり、バラエティーでは欠かせない存在にまで成長をしました。
現に、ワイドナショーにてゲスト出演を果たし、共演をする松本人志さんも、指原莉乃さん指原を高評価しています。
今年の大活躍で、多くのMCから評価を得て、さらに来年以降番組に呼ばれることも、多くなるでしょう。

sr16111505
これだけでも、過去のアイドルと照らし合わせて、前代未聞の大活躍をしている指原莉乃さんですが、本業のアイドルとしても、異次元の活躍をしており、国内最大級の人気を誇るAKB48の中で、総選挙を始めとして圧倒的な人気を誇っています。
自身が所属するHKT48では、コンサートプロデュースやイベントプロデュースにも関わり、自身がセンターとして切り盛りすること無く、若手メンバーをピックアップし仕事を任せ、育てる役目もこなしています。
こういった、プロデューサー的な視点を持って日々仕事をしていることも、個人活動をする際のセルフプロデュースに、大いに役立っています。

sr16111506
去る11月20日、グランドプリンスホテル新高輪・飛天の間で、午前・午後の2回開催された「指原莉乃ディナーショー」も、アイドルが通常は行うイベント形態ではありませんが、そこを敢えて、知名度No.1の指原莉乃さんが行うという試みが、非常に面白いのです。
そして何よりも度肝を抜いたのは、ananのSEX特集でのセミヌードでしょう。
写真集「スキャンダル中毒」でも、現役トップアイドルらしからぬ「美尻」を披露しましたが、現時点で最も人気が高いアイドルが、過激なセクシー路線で攻める、然も指原莉乃さんが、セクシー担当アイドルではないにも拘らず敢えて、ということもあり、各メディアが大々的に取り上げました。

sr16111507
こういったチャレンジ精神のもとで、常に「過激な仕掛け」を行うのも、指原莉乃さんの魅力です。
その仕掛けには、彼女が『ハロー!プロジェクト』のヲタクだった過去の知識や経験が、大いに生かされています。
指原莉乃さんの人気は、”AKB48の総選挙で1位になったから”得たものではありません。
卓越したトークスキルと、圧倒的な時代を読むバランス感覚、そして何よりも、抜群に高いセルフプロデュースの能力を持っているから、いい仕事に恵まれて、好循環が生まれているのです。

sr16111508
アイドルとしては、前人未到の領域へ踏み出している指原莉乃さん。
これからも、指原莉乃さんの動向に衆目が集まるでしょう。

hkt16121301
hkt16121302
hkt16121303
hkt16121304
指原莉乃さんの活躍に引っ張られるように、彼女が支配人を務めるHKT48の5周年記念ムックが、4.5万部を売り上げ、「最新BOOKランキング」で、10位にランクインしました!

hkt16121401
初劇場公演から16年11月で5周年を迎えたHKT48は、4月に劇場公演の拠点が西鉄ホールに移転しました。
新しい劇場での公演を展開する一方で、全国ツアーも精力的に行うなど、今最も勢いのあるグループと位置づけられています。

hkt16122001
総選挙では、抜群の知名度を持つ指原莉乃さんが、2連覇を達成しました。
選抜には、3年連続となる宮脇咲良さん(6位)のほか、兒玉遥さん(9位)も初めて入りました。
劇場支配人を兼任する指原莉乃さんがグループをけん引して、宮脇咲良さん・兒玉遥さん(共に1期生、11年加入)が、Wエース役を担う体制です。
更に、16年の総選挙で初ランクインを果たした、矢吹奈子さん(28位)と田中美久さん(45位)の中学校3年生コンビ、「なこみく」(ともに3期生、13年加入)など、若手の活躍も目立っています。

hkt16122002
プロデュース力のある指原莉乃さんが所属していることもあり、「こんな若いメンバーがいる!」「こういう面白いイベントを開催する!」などの情報を、常に発信しています。
《全員が、センターになることをあきらめていない》雰囲気には、グループとしての勢いを感じます。

sr16121901
指原莉乃さんの快進撃は、目覚ましいものがあります。
過去に、「女性アイドル」グループに在籍しながら、個人としてバラエティなどで大活躍した例は、殆どありませんでした。
かつて、「モーニング娘。」が、国民的アイドルとして誰もが知る存在だった時ですら、主要メンバーが個人で活動し、指原莉乃さん程の人気を獲得したことは、ありませんでした。
アイドルという枠を飛び越えた人気を獲得し、活躍をしているのが現在の指原莉乃さんなのです。
彼女自身「目標としていた。」というアイドル番組を、12月22日に放映された「指原議長とアイドル国会」(フジテレビ系)にて叶え、こちらでメインMCとして大活躍。
もはや、2016年の指原莉乃さんの人気ぶりは、紹介するまでもないので、ここでは、なぜ指原莉乃さんは人気があるのか?に迫ってみたいと思います。

sr16121902
注目したいポイントは、指原莉乃さんが「アイドル」だということです。
指原莉乃さんの活動する軸を、所属するHKT48としていることは、非常に重要なポイントです。
彼女の実力があれば、卒業をして個人で活動するという選択肢はもちろんありますが、「アイドル」という枠組みの中で、敢えて活動をしているからこそ、現在の指原莉乃さんの大活躍があると思うのです。
加えて、彼女がAKB48加入前から、ハロー!プロジェクト~モーニング娘。、Berryz工房~の大ファンだということも、肝要です。
「アイドルとは、どうあるべきか。」という基本を、ファンとして多く見てきただけに、時には逆説的にアイドルという存在を使い、ある時は皆が忘れたような王道の路線で、攻めることもあります。

sr16121903
指原莉乃さんが、「アイドル」というイメージを変幻自在に使いこなし、其処に笑いが生まれ、番組にも呼ばれるという連鎖。
指原莉乃さんが、アイドルとしても全力で活動をしているからこそ、この方程式は成立し、奇跡のグルーヴが生まれています。
もしも指原莉乃さんが、バラエティーでの人気の高さに慢心して、アイドル活動を疎かにしていたら、果たして、ここまでの人気を築き上げていたでしょうか?
現に、HKT48やAKB48超選抜としての活動や、ファンとの交流イベントでも、指原莉乃さんは誰よりもアイドルとして輝こうとしています。この部分で手を抜かないからこそ、指原莉乃さんの面白さが形成されていくのでしょう。
では、いつか来るであろう、アイドルを卒業した場合の指原莉乃さんは、魅力が無くなるのでしょうか?
ここが今後の大きなテーマなのですが、その点でも、自己分析に長ける指原莉乃さんは、着実に力をつけ始めています。

sr16121904
彼女がMCを務め、またゲストとしてひな壇に座った時の、反射神経の良さが、非常に目立つようになってきているのです。
定型通りに司会者が進行をしていく番組が減り、フリートークを中心に、流れを作りながら番組を進行するバラエティが多い昨今。
指原莉乃さんは様々な司会者とともに仕事をしていく中で、その番組・司会者に、しっかりと合わせるスキルを身につけました。
レギュラー番組を共にする後藤輝基さんや、山崎弘也さんが、指原莉乃さんとの絡みで、お笑いのグルーヴを上手に作り出していけるのも、指原莉乃さんが、しっかりとパスを受け、時にはワンツー・パスを返し、時には自虐ネタなどでシュートをしっかりと決められ、安心してトークを回していける存在だからです。
これは、多くの番組に出演した中での「慣れ」もあるでしょうが、指原莉乃さんが備えていた、一つの「才能」ではないかと思うのです。

sr16121905
バラエティに出始めた頃は、どこか無軌道で、反射的に打ち返す言葉で、時に炎上をしてしまいそうな時が多かったのも、事実です。
しかし、ここ最近では、適切な言葉を瞬時に返答し、その受け答えによって、トークが広がるような「心遣い」も、感じられるようになりました。
元々備わっていた反射神経の良さに、場数を踏んだことでの経験が積み重なり、今や、どんなバラエティ番組でも通用する力を身に着けたのです。
これは指原莉乃さんが、地頭が非常に良く、語感センスやその場の空気を読み取るセンスが、非常に高い事も作用しています。
正に「才能と努力」で、バラエティでは欠かせない存在にまで、上り詰めていったのです。

sr16121906
2017年は、「HKT48の指原莉乃」としても、バラエティで活躍する一人の「タレント・指原莉乃」としても、勝負の年になると考えられますが、このままの勢いで、更なる高みへ行けるのか?はたまた、伸び悩んでしまうのか?
現役アイドルとして、前人未到の領域にまで足を踏み入れ始めている、指原莉乃さん。
これからの活躍に、注目せざるを得ません。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 指原莉乃 HKT48 AKB48

良く聴いた音楽

山下達郎

tatsuro11082301
村上“ポンタ”秀一(ドラム)、岡沢章(ベース)、松木恒秀(ギター)、坂本龍一(キーボード)のライヴメンバーに加え、土岐英史(サックス)、伊集加代子、尾形道子、吉田美奈子(コーラス)という最強メンバーによる六本木ピット・イン(1978年3月8日~9日)のステージを収めた2枚組ライヴアルバム(1978年発表)。

《ディスク:1》
1. SPACE CRUSH
2. 雨の女王
3. ピンク・シャドウ
4. 時よ
5. シルエット
6. WINDY LADY
7. 素敵な午後は
8. PAPER DOLL
9. CANDY

《ディスク:2》
1. エスケイプ
2. HEY THERE LONELY GIRL
3. SOLID SLIDER
4. CIRCUS TOWN
5. MARIE

このアルバムをレコードで初めて聴いた時は高校生で、ドラムを始めて間もなくの頃で、とにかくテクニック重視の頭でっかちのドラム小僧になっていた私は、ディープパープルのイアン・ペイスさんの洗礼を受けて、ハイハットシンバルの叩き方と、スネアドラムのロールとダブルストロークの使い方、スネアドラム・タムタム・バスドラムの3連・5連・6連コンビネーションに重きを置いて、ヘッドフォンで必死に音を聴き取ろうとしていた時期でした。

スティーブ・ガッドさんやダン・ゴットリーブさんの影響で、8ビートから漸く16ビートに開眼しつつあった小職にとって、このレコードを聴き通した時が、正しく、「ジャパニーズ・フュージョンの世界で、これ程「精緻で・巧みで・魅力的な・素晴らしい」ドラミングが出来る人がいたんだ!」と、目から鱗が落ちた瞬間なのでした。

そして村上秀一さん恐るべし!と感じ入った瞬間から、彼の名前をレコードのクレジットで探すようになったのでした。

それが、友人から「KYLYN」「KYLYN LIVE」を録音してもらうきっかけとなり、渡辺香津美さんを詳しく知る事に繋がるのです。

また、鍵盤楽器を再度弾くようになった後に聴き直してみると、坂本龍一氏がリチャード・ティー氏を彷彿させるプレイを聴かせてくれることに改めて気づきました。

高校生時分から「ローズの弾き方が何だか似てるなあ。」と気になっていましたが、影響を受けていたのでしょうね。

そしてmU-NA(みゅうな)さんと出会って、アレンジや作曲を本格的にするようになってから、このアルバムを聴いてみると、まだ20歳代という若さの山下達郎氏の力量に感服せざるを得ません。

特に小職が苦手とするコーラスのアレンジには、完全に舌を巻きました。
彼我の才能の違いを思い知らされます・・。

アルバムに含まれている「Windy Lady」の、1976年スタジオ録音版です。
当時の山下達郎さんの雰囲気が、少しでも分かって頂ければ幸甚です。↓



music11061303
山下達郎にとって10枚目になる83年6月発表のアルバム。

1. 悲しみのJODY(She Was Crying)
2. 高気圧ガール
3. 夜翔(Night-Fly)
4. GUESS I’M DUMB
5. ひととき
6. メリー・ゴー・ラウンド
7. BLUE MiDNiGHT
8. あしおと
9. 黙想
10. クリスマス・イブ

1曲目「悲しみのJODY」出だしの、高音を歌う達郎さんのヴォーカルを聴いた時、少なからずショックを受けた私でしたが、聴き続けるに従い、従来路線を継承しつつ更なる昇華を遂げた”達郎サウンド”に、大満足したのでした。

個人的にはファストテンポの16ビート曲よりは寧ろ、ミディアム8ビートを細分化して16ビート化したような「夜翔」や、逆に16ビート曲なのに8ビートでハイハットを刻んでいるような「GUESS I’M DUMB」といった、ミディアムテンポながら、音符は細分化された感じのする楽曲を好んで聴いていました。

学生時代から社会人初期に、カセットテープに貸しレコード屋から借りてきた当該アルバムを録音し、友人達と海へ行く際には、必ずと言って良いほどシトロエンGSのカーステレオからは、このアルバムが流れていました。

このアルバムを聴くと、シトロエンGSの車窓から眺めた、日本海・瀬戸内海・太平洋の海岸風景が想起されます。

JAZZバンド仲間と海へ赴く際は、マイルスやコルトレーンを聴いた事もありますが、単に女性とのアヴァンチュールを求めて陽光の中を海へ向かう時は、やはりJPOPとの相性の良さは捨て難いものがありました。

ラスト「クリスマスイヴ」は、1989年のJR東海CMでBGMとして使われ、牧瀬理穂さんが好演しているのを目の当たりにし、彼女と楽曲に忽ち魅了された経験があります。

大学生から社会人初期にかけて、当時付き合っていた彼女やGFと、イヴの夜を何とか過ごそうと躍起になっていた小職にとって、思い出深い楽曲で、“達郎の歌=夏”のイメージを、根底から覆す程、印象的で優れたメロディーと歌詞です。

彼女やGFが存在しなかったり、彼女に振られたりして、自宅でTVを観ながら寂しくこの曲を聴いた事もあれば、彼女と幸せ一杯でイブの夜に聴いた後、クリスマスの夜にはGFと聴いたりした果報者だった時もありました。

今でもこの曲を聴くと、イヴの夜を、ある時は胸を時めかせながら、またある時は涙に暮れて過ごした、青春のひと時が蘇ります。

CHEMISTRYのカバー・ヴァージョンを、お楽しみ下さい。↓

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 山下達郎

#イマソラ004

is16121401
「三日月と一番星」の#イマソラ003から一週間が経過し、定位置に”三日月”が居なくなったなと思っていたら・・、

is16121402
更に一週間が過ぎ、今季一番の冷え込みとなった12月14日の夕刻、帰路の途中で、真ん前に”満月”として現出しました。
トトロみたいな黒い木の影の、すぐ左側にある橙色の光が、お月さんです。
爾後知り得たのですが、この夜の月は、俗に「スーパームーン」と呼ばれる、地球に最も近づいた状態でした。
最遠距離が約41万km・最短距離が約36万kmで、今回は35万8,400kmだそうです。

is16121403
その後暫くは、「スーパームーン」の優しい明かりに微睡みました。

sm16121501
「スーパームーン」とは占星学の言葉で、一般的に月が地球に最接近(90%以内)した場合に用いるらしく、NASAでは、もっと大まかに「普段より地球に近い満月」として、捉えているとか。
月は地球を楕円軌道で周回しているので、満月にも「遠い満月」と「近い満月」があり、「スーパームーン」では、月が最大で14%大きく、或いは最大30%明るく見える由。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

モンブラン・シトロエンGS。82

mbgs14040201
モンブラン社(フランス)製1/12・シトロエンGS・有線リモコン仕様・初期型車体です。
実車で言えば、Beige Erable AC090(Erableは英語のMaple、即ちカエデ(楓)を指します。)に相当する色です。

mbgs14040202
mbgs14040203
初期型はフロント・リアバンパーとフロントグリルがメッキ仕様であり、前後ドアノブとフュエル・キャップがメッキを施した別部品となっています。内装色は茶色しか確認できていません。

mbgs14040204
mbgs14040205
運転席と助手席の窓は、開いた状態で再現されています。

mbgs14040206
フロントグリルの穴は、後期型から埋められてしまいます。

mbgs14040207
リア・ライセンスプレート部分は、「CITROEN ダブルシェブロン GS」と印刷されたブリキのプレートをカシメ留めしています。
リア・ライセンスプレート上部の黒い横長部分は、「CITROEN GS」と印刷されたリア・ガーニッシュを再現していますが、これもブリキプレートのカシメ留めです。
黒部品でオーバーラダーが再現されており、バンパー上にはライセンス灯が再現されている事に注意して下さい。

mbgs14040209
フロントウインドウに、モンブラン社の社章ステッカーが貼付されています。
見難いですが、フロントウインドウにルームミラーとワイパーがモールドされています。

mbgs14040208
リアウインドウに、”CITROEN prefere TOTAL”のステッカー貼付されています。
見難いですが、リアウインドウに熱線がモールドされています。

mbgs14040211
mbgs14040212
ダッシュボード周辺は、趣味良く纏められていると思います。正に"プラスティックの芸術"です。

mbgs14040213
シートも良い雰囲気で纏められています。前席バックレストが再現されていれば、尚良かったのですが。

mbgs14040210
裏面です。中央に「モンブラン社社章と社名・製造国フランス」が打刻されており、その後方に「-GS-BY CITROEN」の打刻があります。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : Mont-Blanc CITROEN GS モンブラン シトロエン

#イマソラ003 日常

is16112801
晩秋の空。

is16112901
木枯らしの到来を、予兆させます。

is16120501
DSと最後の別れをする為に、遥々やって来た東京の専門店前の、#イマソラ。
葛藤する心中を表現したかのような、雲。

is16120302
思い出に残る日々が続いた一週間が終わり、迎えた土曜の黄昏時。

is16120303
一番星と三日月が、並んで微笑みかけてくれました。

kk16120301
毎年12月に、結婚記念日を迎えます。
今年は、公私共に大きな節目の年でした。
家族と共に、前を向いて、明るく・元気に、24年目の結婚生活を精進して参ります。

kk16120302
今般、複数の知人の境遇を拝聴する機会があり、「人生は一度きり」であり、「不慮の死は、いつ・誰に訪れるか分からない」と、戒められました。
そこで、吟味して”やりたい”と思った事は、迷わず挑戦する事に決めましたが、反面、「始める勇気」と同時に、「止める勇気」も併せ持つ事が肝要、と気づきました。
その結果、24年間所有したシトロエンDS23IEを売却し、自作曲を世に出すべく、シンセサイザー教室に通い、ピアノ・トリオの実践に向けて、演奏活動を本格化する事にしました。
これからも、取捨選択を意識しつつ、人生を歩みたいです。

sr16120501
sr16120502
3月に買った「シュフレラ(斑入りホンコン・カポック)」が大きく育った(当初は1/3くらいでした。)ので、大きな鉢に移し替えて、一本根分けしました。
植物を眺めていると、不思議と心が安らぎます。

sg16120401
このブログを御覧の全ての皆様が、良いクリスマスと年末・年始を迎えますよう、祈念致しております。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード