シトロエン関連事項

ct16042901
噂:シトロエン、次期型C5にボーズ製の革新的なサスペンションシステムを採用へ!?

エアスプリングと油圧シリンダーを組み合わせた独創のハイドロニューマチックサスペンションに代表されるように、伝統的にサスペンションへの思い入れが強いメーカーとして知られるシトロエンが、これまでのものとは異なる全く新しい革新的なサスペンションシステムの将来の生産モデルへの採用の計画があることが、最近行われたメディアの取材によって明らかとなっていますが、その新たに採用される革新的なサスペンションシステムが、音響メーカー大手のBose社に開発されたものである可能性があると、オランダのTelegraaf.nl Autovisieが他の報道を引用しながら伝えています。

そのリポートによると、シトロエンが採用するというBose社のサスペンションは、2004年にプロトタイプが発表された"Bose Suspension System"という名称のシステムであるとのことです。
ちなみに、発表当時の"Bose Suspension System"は、コンベンショナルなスプリングに替えて電磁石を衝撃吸収に用いたシステムである発表されていましたが(画像と映像は当時公開されたもの)、現在はどのような進化を遂げているのかは不明です。

なお、Telegraaf.nl Autovisieによると、この"Bose Suspension System"が組み込まれる最初のモデルは、2017年にデビューする見込みのミッドサイズセダン"Citroen C5 III"になる可能性があるそうです。また、C5の後に他のモデルにも使用される見込みです。






ct16042902
ct16042903
ct16042904
こちらは中国市場向け・新C6モデルです。
現行C5モデルをリファインしたような感を受けます。日本市場への導入は未定の由。
コンベンショナル(一般的)なサスペンションを採用しているとみられますが、"Bose Suspension System"が組み込まれる日も、近いでしょう。



使命を終える事なった、シトロエン社が開発した「ハイドロ・ニューマチック・サスペンション」は、画期的なアイデアでした。
その宣伝方法も、これまた芸術的でした・・。


ct16060501
シトロエンの革命的サスペンション」の一部が、明らかになりました。
CITROEN ADVANCED CONFORTのステッカーが貼られた、シトロエンC4カクタスには、全く新しい構造のダンバーが取り付けられています。
ハイドローリック・スラスト(Butee hydraulique)と名付けられたこのダンパーは、二重構造で、内側の(サブ)ダンパーは3段のダンパーが重なった形になっています。
1個は抵抗が小さく、小さな振動を吸収します。更に大きな振幅の揺れは、外側2個の(メイン)より硬いダンパーが受け持つ構造となっています。
外側と内側のダンパーの隔壁には小さな穴が開いていて、それを内側のダンパーの移動で塞いでいくにつれて減衰力が強くなり、最後までオイルがショックを受け止めて衝撃を防ぐことが出来るという仕組みです。

ct16060502
このダンパーによって、電子式のインテリジェント・サスペンションよりも低コストで、空飛ぶ絨毯の乗り心地が実現出来ました。
ロールも少なく、また固有振動数は、現行車種であるシトロエンC5よりも少し高めなので、嘗てのシトロエンDSのように、後部座席の乗員が船酔いを起こすこともありません。
このダンパーを使ったサスペンションが、どの車種に装備されるのか、またその時期がいつになるのか不明ですが、当然、バネやアンチロールバー、更にはESPも見直さなければなりませんし、しなやかなサスペンションの為に、シートの快適性やボディの軋みなどが増幅される事になるので、ボディの組立にも新製法が導入される事になるようです。
因みにテスト車のシトロエンC4カクタスには、全く新設計のシートが設けられていました。

(6月2日付けのautomobile challenger.fr記事。某愛好家のブログより転載しました。)
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン

子供達の話題

【娘が撮影したチェコ共和国の画像③】
娘のキャプション付きで御笑覧下さい。

czp16050510
プラハ市内の建物。

czp16050511
サーモンピンク系の建物が多かった。

czp16050512
こちらは、ミルクティーみたいな色。

czp16050514
「キンスキー宮殿」。
現在は博物館として使用されているそう。外観に心奪われます。

czp16050515
「旧市庁舎」の裏側の建物。

czp16050516
中央に二つ並んだアーチ型入口は、「旧市庁舎」の塔に上る入口。
この建物で入場料を払って、エレベーターで上る。

czp16050517
チェコ共和国の建物の色合いに、一目惚れ。
ブルーの隣にピンクがあるのが、何だか可愛らしいなあと。
ブルーの建物の1階に「スタバ」があって、チェコ共和国オリジナルの「スタバカップ」でした!

czp16050518
czp16050521
色合いが気に入って、撮りました。

czp16050527
トラムが走る街並み。

czp16050530
新市街の建物。
建物名称のフォントが、インパクトある。

czp16050531
czp16050532
色合いが良いなと思った、建物。

czp16050533
『めっちゃ、SALEをアピールしてる!』と思って撮りました。アパレル関係のビル?

czp16050534
日本では、こんな可愛らしいパステルカラーのホテルは、テーマパークぐらいにしかないと思う。

czp16050537
ホテルじゃないのに、パステルカラーの素敵な建物発見!
日本じゃ、殆ど見かけないので、惹かれてしまいます・・。

mf16071401
mf16071402
閑話休題。
親元を離れて暮らしている手前、娘と書類の遣り取りをする事が多いですが、流石、芸大に通うだけあって、娘からの封書にはイラストが添えてあり、思わず顔が綻んでしまいます・・。

kz16072801
Tシャツ作りの課題があり、シルクスクリーンで作成した由。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

指原莉乃関連情報

sr16071401
メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社(本社:東京都港区浜松町、代表取締役社長:韮澤美樹)は、
2016年1月~6月のテレビ番組出演者データを基にした、
『2016上半期タレント番組出演本数ランキング』をまとめました。
【女性タレント部門】に於いて、
指原莉乃さんが、197番組5位に輝きました!


sr16071313
《2016年・指原莉乃さん出演番組》
1月38番組
2月36番組 (2/9今くらMC就任)
3月49番組
4月36番組 (4/14熊本地震)
5月49番組
6月78番組 
上半期:テンプレ調べ286番組/ニホンモニター調べ197番組

sr16071314
2014/上半期:テンプレ調べ312番組/ニホンモニター調べ162番組/上期9位
2014/下半期:テンプレ調べ229番組/ニホンモニター調べ126番組/年間8位(11月迄)
2015/上半期:テンプレ調べ292番組/ニホンモニター調べ159番組/上期7位
2015/下半期:テンプレ調べ212番組/ニホンモニター調べ126番組/年間8位(11月迄)
2016/上半期:テンプレ調べ286番組/ニホンモニター調べ197番組/上期5位

sr16071312
≪LiveFans調べ≫2016年上半期ライブ観客動員ランキング!

【 女性アイドル部門 】
1位 ももいろクローバーZ
2位 HKT48
3位 モーニング娘。'16
4位 ℃-ute
5位 でんぱ組.inc

単独全国ツアーが多い、ハロプロ勢が優勢な中、HKT48が唯一健闘しました!


sr16071309
HKT48のコンサートは、なぜ評価が高いのでしょうか?】
HKT48夏のホールツアー2016~HKT48AKB48グループを離脱?国民投票コンサート~」が、福岡サンパレスホールからスタートしました。

sr16071303
ホールツアー初日は、チームHのキャプテンとして長らく活動をしてきた、穴井千尋さんのラストステージとなりました。
2日目には、新加入の4期生11名のお披露目と、次期シングル盤の選抜メンバー発表があり、シングル盤のセンターに、ドラフト加入メンバーである、松岡はなさんの大抜擢(ドラフト生のシングル盤センター抜擢は、AKBグループ史上初。)がある等、何かと話題のツアーとなっています。

sr16071306
HKT48のコンサートは、他のAKB48グループのコンサートと一味違うことが多いと、巷間、良く言われます。
もちろん、劇場公演とも大きく違うのですが、一言で表すとすれば、「とにかく楽しい」となります。
其々のツアー、コンサートごとに、ガラリと構成を変えてくるからです。
これは、プロデューサー的役割の指原莉乃さんが、かつてアイドルファン(オタクとも言われるほどの熱狂的な)だったことも大きく関係しています。

sr16071311
指原莉乃さんは、崇拝するハロー!プロジェクトなど、様々なアイドルコンサートを見て・感じ・感動したことを、ダイレクトにHKT48のコンサートへ反映しています。
ファン・観客目線で構成を考えるため、分かり易く、細部までしっかりと作りこまれ、制作サイドの独りよがりにならない、見ていて楽しいコンサートが多いのです。

sr16071304
また、指原莉乃さんの、HKT48メンバーへの愛の深さも関係しています。
指原莉乃さんは、HKT48の初期メンバーではありません。
「劇場支配人」の肩書はありますが、何度もメディアで取り上げられたように、「突然」HKT48へ移籍しました。
だからこそ、移籍をした瞬間から、自分のキャリアをリセットし、メンバーを観察・リサーチしつつ、必死に”仲間”として溶け込む努力を、怠りませんでした。且つ、HKT48メンバーのことを、大切に守ってきました。
映画「DOCUMENTARY of HKT48」で監督を務めるなど、今やHKT48のことを誰よりも理解しているのが、指原莉乃さんでしょう。
その愛は、包み込むような優しい物ばかりではなく、時には厳しく、何よりも「HKT48を大きくする」ことを一番に考え、メンバーと絶妙な距離感で接し続けています。正に、「プロデューサー的役割を、的確に実践している。」と言えます。

sr16071302
sr16071305
sr16071310
その指原莉乃さんが作り上げてきた物の集大成が、コンサートやツアーです。
そこでは、最大限に全てのメンバーが目立てるように、そしてしっかりとパフォーマンスをして、観客が例えHKT48ファンでなくても楽しめるような、セットリスト・構成・演出となっています。
エンタテイメント性が高く、常に時代を読んで、我々を楽しませてくれるサプライズも仕掛けてきます。
「唯のアイドルのコンサート」ではないからこそ、アイドルファンからも、メディアからも、非常に高い評価を得ています。

sr16071307
今回の「HKT48夏のホールツアー2016」でも、”AKB48グループから、離脱したほうがいいのか?AKB48グループに、残留する方がいいのか?”という際どいテーマや、ライバルとなる欅坂46の楽曲を、オープニングの1曲目に使用するなど、攻めの姿勢を見せ続けています。

sr16071308
AKB48選抜総選挙では、最早、敵無しの状態となっている指原莉乃さん。
その指原莉乃さんが、最も力を注ぐ活動の一つとも言える「HKT48のコンサート」。
これからも、様々に形を変え、進化していくと考えると、期待で思わず”武者震い”してしまいます。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 指原莉乃 HKT48 AKB48

日本のマスコミが伝えない真実

nm16071001
nm16071002
nm16071003

nm16071004
nm16071005
nm16071006
nm16071007
画像をUPされた方のコメントです。
『日本人の、日本人による、日本人の為の、意思表示をしましょう。』
蓋し、至言であります。

今回から娘が加わり、家族3人での投票となりました。
感慨深いものがあります。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

指原莉乃関連情報

sr16070402
史上初となる「AKB48選抜総選挙の2連覇」を達成し、然も2位に7万票近い圧倒的な差をつけ、ブッチギリでの1位を実現した指原莉乃さん。
AKB48グループの中でも、類を見ない人気を誇ります。
総選挙楽曲となる『LOVE TRIP』も「THE MUSIC DAY 夏のはじまり。」(日本テレビ系)にて初披露され、大きな話題をSNSを中心に集めています。

sr16070403
今回の総選挙で印象的だったのが、指原莉乃さんの連覇が確定した瞬間の、HKT48メンバー達による歓喜の渦です。
2位該当者の発表前から、HKT48の座席周辺は盛り上がっており、1位確定の瞬間には、HKT48メンバー全員が立ち上がり、ガッツポーズで自分の事のように祝福しました。
然しながら、この時、指原莉乃さんの周囲に居たHKT48メンバーは、多かれ少なかれ傷心を抱いていました。
というのも、全員がランクインせずに名前を呼ばれなかった、「圏外のメンバー」だったからです。
そして、指原莉乃さんが1位として名前を呼ばれた瞬間は、周囲に居たHKT48メンバーが、「圏外メンバー」として総選挙を終えた事を、意味しました。
それなのに、全員が指原莉乃さんを、心から祝福したのです。
これこそ、指原莉乃さんがHKT48メンバーに尊敬され、慕われ、愛されている証左でしょう。

sr16070401
これだけ指原莉乃さんが愛されるのは、「HKT48というアイドルグループの人気が上がったのは、指原莉乃さんが、起爆剤・原動力となったからだ。」と、メンバーが十分に承知しており、且つ、指原莉乃さんの、「しっかりとメンバーの事を考え、運営へ意見をし、コンサートでも、どうしたら全てのメンバーがファンに見てもらえるか、忙しい合間を縫って熟考している姿」を、メンバーが絶えず見続けているからです。
リーダーシップという部分では、メディアを通して見え難い部分が多いですが、卒業した前“AKBグループ総監督”である、高橋みなみさん以上とも言われている程です。
HKT48メンバーが指原莉乃さんへ寄せる想いは、どのグループにも無い特別な物になっています。
指原莉乃さんの凄さは、この「プロデュース能力」、そして「リーダーシップ」にあると言えます。

sr16070404
また、指原莉乃さんの「アイドル力」も、見逃し勝ちですが、非常に高く、侮れないのです。
テレビメディア等では、度々「不細工キャラ」でイジられますが、スタイルはAKB48グループでも一・二を争う程良く、実際に「美脚」部門では、指原莉乃さんが「AKB48グループで一番」という声も聞こえます。
美貌の点で言えば、美容整形の専門家が、『欠点が、殆ど無い。』と言う程で、巷間、ゴシップ・メディアや心無いアンチが、「ブス」と罵っていますが、決して、その様な顔ではないと断言できます。

sr16070405
AKB48加入前に、「ハロー!プロジェクト・オタク」としても有名だった指原莉乃さんは、「アイドルとは何か?」という事を、AKB48ではなく、ハロー!プロジェクトから、しっかりと学んでいます。
そして、オタク・ファンの立場で感じていた事を、自らがアイドルとなり、AKB48・HKT48で本格的に実践したのです。
指原莉乃さんの中には、ハロー!プロジェクトが培ってきた、「アイドルの歴史」も、しっかりとインプットされています。
その上で、AKB48の先輩から、現場での基本精神や姿勢を学んでいる訳で、アイドルとしての知識が、桁外れに豊富なのです。
詰まる所、指原莉乃さんは、アイドルとしての能力が、AKB48グループでも驚く程に高いのです。

sr16070406
また、指原莉乃さんの凄さの一つに、HKT48メンバーのプロデュースだけでなく、セルフ・プロデュース力も高い事が挙げられます。
テレビ・ネットメディアに、これだけ毎日のように登場しても、進化を止めない飽く無き探究精神があるので、未だに、「自分の立ち居振る舞いが、どのような印象を与えているか?」「今、自分には何が求められているか?」を常に意識して、微調整しています。
正に”常在戦場”の心構えがある、と言えます。
そして自らが学んだ事は、常日頃からHKT48メンバーにフィード・バックしており、HKT48に於いては、良い刺激が循環するシステムが構築されています。

sr16070407
指原莉乃さんは、何がスゴイのでしょうか?
①アイドルとしては異例な程「アイドルに関する知識」を持ち、惜しげも無く後輩達に知識を伝授できる程、懐が深い。
②アイドルとして、ダンス・歌唱をしっかりとパフォーマンスでき、なお且つ、バラエティなど自分の出演するメディアによって、柔軟にキャラクターを変えることができる、地頭の良さがある。

sr16070801
指原莉乃さんは、時代と共に変化する柔軟性を内に秘め、日々進化を続けています。
「アイドル史の中でも、特殊な存在」と言える指原莉乃さん。
これからも、彼女の一挙手一投足に、衆目が集まるでしょう。
(@dwangojpnews記事を、加筆・修正しました。)

sr16070501
■地元では「カワイイ女ヲタ」として有名だった、指原莉乃さんのルックス
指原莉乃さんの強さについて、『自分自身は勿論、グループのプロデュースが凄く上手い。あとは、アンチの心にも、すっと入り込む人懐こさでしょうね。』と語るのは、長年AKBの取材に携わっていた、連載ライターのパンチ広沢さん。
『指原莉乃さんは、元々熱狂的な〝ハロー!プロジェクト〟のファンで、その経験を活かした、「痒い所に手が届くファンサービス」が出来ます。その他にも、自ら〝ヘタレキャラ〟を打ち出していましたが、前田敦子さんが在籍していたAKB初期の選抜メンバーは、「正統派アイドル」ばかりで、指原莉乃さんの様な、”いじれるキャラ”がいませんでした。高嶺の花である”神7”ではなく、握手会で、ファンが同級生のように軽口をたたける“唯一無二の存在”、そんな親しみ易さも、現在の地位を確固たるものにした理由のひとつです。』
指原莉乃さんに皆が抱く、「本当は1位の器じゃないだろ」感の主な原因とされる、ルックスの問題ですが、パンチ氏によると、ハロプロのファン時代の指原莉乃さんは、『地元のコンサートに行くと、可愛い女ヲタとして有名だったという話です。』との事でした。
指原莉乃さんの〝ブスいじり〟は、最早ネタとなっている感がありますが、テレビ画面から離れて、実際に会ってみれば、有名になるくらいカワイイということが、納得できます。

sr16070602
■ 気が付くと「莉乃ちゃんしか見えない」状態に!?
グループ内に於いて、”自分自身が際立つキャラ”を確立できるプロデュース力があり、更にファンサービスも完璧。そして〝よく見るとけっこうカワイイ〟というルックス。こうして指原莉乃さんは、人気を不動のものにしたようです。
〝よく見るとけっこうカワイイ〟というのは、男性にとって寧ろプラスであると感じます。
他の人は気が付かないが、自分だけがその魅力に気が付いている、という何とも言えない優越感。
それが良く表現されているのが、2012年に作成されたという、「2ちゃんねる」の指原莉乃関連のスレッドに貼られていた、この文言です。
☆指オタ10ステップ(2012)
1.なんだこいつ?ブサイクだなぁ…。
2.また出てるわ。推されまくりやがって。
3.なんか見慣れてきたな。ぶさっしー。
4.この表情は結構いけるじゃん!まぁ、どうせ修正だろ。
5.このCM、もっとブサイクじゃなかったっけ? 結構、良いじゃん。
6.あれ?この番組は、さしこ出てないのか。まぁいいけど…。
7.あ、さしこ出てる。w 今日も安定の、ぶさっしーだな。www
8.なんだよ!指原映らねぇじゃん!つまんねぇよ!
9.俺の、さしこ、どこー!!
10.もう、莉乃ちゃんしか見えない・・。

sr16070601
一度気になると、もう「莉乃ちゃんしか見えない」になってしまうという、指原莉乃さんの魅力。
二年連続1位も、得票数も、納得せざるを得ません。
(独女通信記事を、加筆・修正しました。)

sr16070701
新潟に向かう新幹線の中で総選挙公式ガイドブックを取り出すと、横に座っていた40代の男性から、「あっ、AKBファンだったんですね。スーツ姿だったから分からなかった。誰推しですか?」と話し掛けられた。
実際には誰にも投票しておらず、僕には答える資格はないと思い、そう説明した上で逆に「推しているメンバー」を聞いてみると、指原莉乃さんのファンだと、にこやかな笑顔で教えてくれた。
東京駅で時間ギリギリに車両に飛び乗ったからよく分からなかったが、ふと周囲を見回すと推しメンの名前入りのグッズなどを持ったAKBファンばかり。あらためてファンにとっての「戦場」に向かうのだと気を引き締めた。

sr16070702
総選挙当日の新潟の街は、地元のNGT48一色。
駅構内の販売店にはメンバーの写真入りのお土産がずらり。
街のモニターからは、NGT初のオリジナルソング『Maxとき315号』のメロディーも聞こえてきた。
故郷の新潟に“大事な人”を、新幹線に乗って連れて帰るときの心境を歌ったこの曲。
実際にMax号に乗って、歌詞通りトンネルを抜けて新潟に着いた後に聞くと、なんだか実感が湧いてくる。(連れて帰る人は、いないけど…。)
会場で取材を手伝ってくれた新潟支局の若い女性記者も、「私は新潟出身ではないですが、この曲を聴くとジーンときます。」と話していた。

sr16070703
新潟までの新幹線建設の道筋をつくったのは、ご存じ、高度経済成長期に登場した田中角栄元首相だ。
自身の念願だった新幹線の車両をアイドルファンが埋め、そして新幹線をテーマにした恋愛ソングが出来る日が来るとは、流石の角栄さんも思いつかなかったことだろう。
ただ、田中元首相の故郷・新潟の地で、指原莉乃さんが1位を獲得したのはある意味、必然かもしれないと総選挙後に思った。
文春報道後、AKB48からHKT48に移籍し、そこから雑草のような強い生命力で、再び表舞台に戻ってきた指原莉乃さん。
HKT48の劇場支配人にも就任し、後輩たちへの気配りも忘れない。そして選挙でみせる圧倒的な強さ。
その姿は、正に角栄そのものだ!!、なんて思っていたら、以前から秋元康氏や、リリー・フランキー氏も「指原=田中角栄説」を唱えていたという。残念・・・。

sr16070704
このまま記事を終わるわけにもいかないので、会場でお会いした識者の、ちゃんとした見方も記しておきたい。
「アオキー」の愛称で知られる、光文社・FLASHスペシャル青木宏行編集長によると、指原莉乃さんの強さの秘密は、海外ファンの多さ等、様々な要因に加え、「バラエティーで人気者でありながら、通常のシングルで、なかなかセンターになれない。だから1位がセンターを必ず取れる【総選挙】に、ファンが力を結集する。正に、ファンの怨嗟のパワーでしょう。」とのこと。成程である。

sr16070705
次の開催地は未定(名古屋?)だが、このまま「ヨッシャー」とばかりに、指原莉乃さんが3連覇を達成するのか、それとも世代交代が進み、大政変が起きるのか。
「オワコン」と言われながらも、やっぱり気になるAKB48の総選挙結果。
来年に向けて、メンバーやファンの戦いは既に始まっている。
(関口康雄・共同通信記者)

sr16070802
sr16070901

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 指原莉乃 HKT48 AKB48

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード