クエストカップ2015

kc15020701
kc15020702
愚息の通う中学校では、「クエストカップ」への参加を鋭意実践おります。
クエストカップ」とは、全国の中学生・高校生が、学校の授業の中で、実在の企業や人物を題材に、 「生きる力」を学ぶ「クエスト・エデュケーション・プログラム」の事です。

《協賛企業》
kc15020704
H.I.S.
kc15020706
オムロン
kc15020707
クレディセゾン
kc15020705
スカパーJSAT
kc15020703
大和ハウス工業
kc15020708
テーブルマーク

《後援》
経済産業省
東京都教育委員会

kc15020709
全国70校1万人のティームの中で地方大会が開催され、愚息の率いるティームは、「関西合同発表会」と呼ばれる地区大会で、実在の企業から出されたミッションに応える、「企業プレゼンテーション」部門の「OMURON株式会社」を担当、並み居る強豪高校生ティームを凌駕して、見事、全国大会への出場権を獲得しました。
全国大会で「OMURON株式会社」を担当する10校のうち、唯一の中学校です。

qc15022101
本番直前まで、担任教諭の傍らで原稿チェックと音読に余念の無い愚息です。
今回オムロン社より与えられた課題です。
「まだ誰も気づいていない課題を発見し、オムロンの技術を駆使した解決策を提案せよ!」
愚息率いるティームが出した答えが、以下でした。
「空腹克腹(こくふく)幸腹(こうふく)論~100億人の幸せ~」
あなたの「空腹」を「克腹」して「幸腹」に変えませんか。
驚くなかれ、未来を救う救世主。全人類に幸せを!


qc15022102
先進国で用いる腕時計型の「幸腹」(さちのはら)というウエルネスリンク機器で展開する、「ヘスポ(Health Support Point)・健康支援ポイントサービス」で、オムロン社への広告料収入を図る前半部と、発展途上国で用いる、個人の健康状態に合わせて、世界中で何処でも、「キヌア」という植物と、ミネラルを含む「土壌」から作られた”御団子”を提供する、自動販売機型ウエルネスリンク機器の紹介、並びに、レシピを添付した試作品の”御団子”を、実際に審査員に試食して頂くサプライズまで盛り込んだ後半部が、見事に嚙み合い、審査員から絶賛されました。
画像は発表終了後、各ティームの代表者が勢揃いした所です。

qc15022103
結果は、残念ながら、目指していた「グランプリ受賞」を逃しました。
最後の記念撮影では、最初の内は唇を噛みしめて悔しそうな表情だった愚息たちも、やがて笑顔が戻ってきました。↓

qc15022104
表彰式後の交流会では、オムロン社の方々・競い合った高校生の皆さん・ボランティア参加の大学生の皆さんと親睦を深め、高校生ティームとタッグを組んで、オムロン社内で再度プレゼンする話にまでなった由。
『自分で言うのも何だが、すごく成長できたように思う。』と愚息も語っていました。

何はともあれ、同級生や先輩方と、常識に囚われない自由な発想力を競い、それを企業に勤める大人達からきちんと評価されるという経験は、参加した中高生の皆さんにとって、素晴らしい財産となるでしょうし、社会に飛び込んでいく時の、大きな勇気(後押し)となる事でしょう。

このような場を与えて下さった、クエストカップ運営の皆さん、協賛して頂いた各企業の皆さん、参加する機会を与えて下さった、愚息の通う中学校の皆さんに対し、心より御礼申し上げます。

tw15022401
前日の夕食は、娘のリクエストで、東京駅地下街・オムライスの店「卵と私」へ行きました。

tw15022402
悩んだ末に、家族3人で「スフレオムレツドリア」3種を注文しました。

tw15022403
専用と思しき”お皿”に盛られた姿が、可愛らしいく、食欲をそそります。

tw15022404
小職の割り当て分では、オムレツの下に”焼きカレー”が隠れていました。
美味でございましたし、温まりました。

tb15022501
翌日は娘の希望で、東京都美術館で開催されている「新印象派」展へ。

si15022401
小職にとって眼福物の作品もあり、充分な目の保養になりました。

tb15022502
まさかここで、シトロエンDSに出会うとは、思ってもみませんでした!

si15022402
ミュージアム・ショップで売っていた、「パレットを模したクッキー」。

tb15022503
変則的で慌しかったですが、楽しい家族小旅行でした。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : クエストカップ OMRON オムロン

モンブラン・シトロエンGS。69

mbgs12072601
mbgs12072602
海外から「珍しい物だ。」とのオファーがあり、バリエーション確認の意味で購入した、モンブラン社(フランス)製1/12・シトロエンGS・フリクション仕様・初期~中期型車体の2台です。
両車とも、フロントウインドウにモンブラン社の社章ステッカーが貼付されています。
そしてリアウインドウに”CITROEN prefere TOTAL”のステッカーが、貼付されていますが、遊び倒したのか、両車ともボロボロになっています。

mbgs12072603
良く見かけるスカイブルー車体よりは、幾分くすんだ色合いのモデルと・・・、

mbgs12072604
スカイブルーに少し黄色と緑色を混ぜたような、パステルブルー車体です。
この色はネットで見た事はありましたが、実物を手にするのは初めてです。

mbgs12072605
mbgs12072606
運転席と助手席の窓は、開いた状態で再現されています。
ドアノブとフューエル・リッドが、メッキされた別パーツで取り付けられています。

mbgs12072607
車体前部は、大味ながら巧みに造形されているのが分かります。
フロントグリルパーツは、後期型の白色部品を用いているように見えますが、メッキが退色して白っぽく見えるだけです。フロントグリルの開口部は、後期型では埋められてしまいます。

mbgs12072608
mbgs12072609
リア・ライセンスプレート部分は、「CITROEN ダブルシェブロン GS」と印刷されたブリキのプレートをカシメ留めしています。 パステルブルー車体の方は、前オーナーの趣向でステッカーが追加されていました。
リア・ライセンスプレート上部の黒い横長部分は、「CITROEN GS」と印刷されたリア・ガーニッシュを再現していますが、これもブリキプレートのカシメ留めです。
黒部品でオーバーラダーが再現されており(スカイブルー車体では、紛失していますが。)、バンパー上にはライセンス灯が再現されている事に注意して下さい。
リアウインドーの熱線が再現されていますが、途中から省略されます。

mbgs12072610
当然ながらダッシュボードのメーターパネルには、ボビンメーターが再現されています。
赤・緑・白・銀・黒の色使いで、結構スパルタンに纏まっていると思います。
このスケールになると、ダッシュボード全体の造形も迫力あるものになります。
もともとに実車自体のダッシュボードが”プラスティックの芸術”と称されたように、質素感漂う造形ですので、黒色で再現されたモンブラン社のモデルは高級感溢れる物になっています。(両車とも、シフトレバーが失われていました。)

mbgs12072611
ハンドルの1本スポークは直進でこの位置が正解です。巷間、衝突した時にドライバーの体を車内方向へ逃がすため”と言われていますが、定かではありません。(スカイブルー車体では、ハンドルが失われていました。)
実車に乗っている手前、私のコレクションするモンブランGSの「内装付きモデル」では、ハンドルは全てこの位置に修正しています。

mbgs12072612
底板中央に「モンブラン社社章と社名・製造国フランス」が打刻されており、後方に「-GS-'BY CITROEN'」の打刻があります。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : CITROEN GS モンブラン

ヴァレンタイン・デー 2015

mnu15021301
2月13日、知多半島方面に出張しました。
名古屋駅地下街で、有名な「山本屋本店」の「味噌煮込みうどん&名古屋コーチン」を頂きました。美味でした。

vd15021001
2月14日のヴァレンタイン・デーには、英会話教室で長年お世話になったマネージャー嬢(1月に転任しました。)から、可愛らしいチョコを頂きました。

vd15021002
本命(?)の家族からは、代表して娘から、娘の下宿する京都ならではのチョコを頂きました。
父親冥利に尽きるとは、正に、この事です。

vd15021003
「ウイスキー・ボンボン」ならぬ、「焼酎・ボンボン」「日本酒・ボンボン」「梅酒・ボンボン」が目を惹きますが・・、

vd15021004
他のチョコも、「柚子」「桜」「ほうじ茶」風味があって、京都風情のある、奥ゆかしい味を体験できました。

sr15021401
閑話休題、今年もAKB48選抜総選挙が、近づいてきました。
指原莉乃陣営では、首位奪還を目指し、気合が入っている様子。小職も、少しばかり力添え致す所存です。

sr15021402
指原莉乃さんが1位となった総選挙を偶然観て以来、彼女に興味を持ち、早2年が過ぎ去ろうとしています。

sr15021403
「AKB斜陽の時代」と揶揄されることが多い昨今ですが、数奇な人生を歩む彼女の動向に注目しています。

sr15021601
追伸:アスカネットが1月14日~1月15日に、全国の20代の男女500人を対象に、インターネットで実施した、「卒業旅行に関するイメージアンケート調査」の、「20代が選ぶ、卒業旅行に一緒にいきたい有名人ランキング」で、指原莉乃さんが女性部門の5位に選ばれました。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

指原莉乃さん生誕祭2015

sr15020503
去る2月4日に、HKT48指原莉乃(さっしー)さん生誕祭が開催されました。
メンバー全員からのお祝いメッセージに接し、普段は滅多に涙を見せない指原莉乃さんも、頬を伝う涙を拭いきれなかった様子でした。

sr15020502
ファンの方々も語っていましたが、『さっしーに憧れている・感謝している。』だけではなくて、『さっしーを支えたい。』『さっしーをいつか追い越す事が、恩返しになる。』と語るメンバーが出てきている事自体が、グループが成長している証しなのだと感じます。

sr15020505
プロデューサーの秋元氏から、『自分を売り込もうと思ったら、先ずグループを売り込む事を考えなさい。』と諭された事も奏功しているのでしょうが、若干22歳のアイドルが、メンバーを束ねて、意識を一つの方向に纏め、モチベーションを上げ、組織が発展するように仕向けている様を見ると、驚愕します。

sr15020504
期せずしてHKT48の纏め役を任じる事になった指原莉乃さんですが、謙虚に自分を犠牲にして、メンバーの発掘・宣伝を優先してきた姿勢が、メンバーからの信頼感構築に寄与しています。「地位が人を創る」とは、正に此の事ではないでしょうか。
小職も、YMCAや中学・高校の部活動でティーム・スポーツに関わってきた経験を通して、「One for all, All for one」「一人が万人の為に、万人が一人の為に」の精神の大切さを、身をもって知ったので、人を束ねる立場の指原莉乃さんの行動には、非常に共感を覚えます。
巷間、「私は、自由に・孤独に生きる。」と豪語する御仁も居られますが、小職は虚しい事だと感じています。
「人は知らず知らずのうちに、助け合って生きているのだ。」と考えているからです。
HKT48卒業」も取り沙汰されている指原莉乃さんですが、頂点を目指し急成長している、若きアイドルグループの貴重な輝きを、少しでも目に焼き付け、「家族と共に生きていく」活力の源とする所存です。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 指原莉乃 HKT48 さっしー

出張

kt15013101
1/29~30に、中京・関東方面に出張して参りました。
鶴橋から乗車した「リゾート特急23000系・伊勢志摩ライナー」は、2012年8月に18年ぶりにリニューアルされた車両で、伊勢志摩の太陽と陽射しを表現した、鮮やかな「赤色」と「黄色」の2種類のカラーリングがあり、今回は「赤色」1号車に乗車できました。

kt15013102
kt15013103
車両の前方と後方に、それぞれ「パノラマデッキ」が設置され、『大型曲面ガラスから望む迫力のパノラマビュー、ワイドでスピード感あふれる車窓風景をお楽しみいただけます。』との触れ込みでしたから、何組もの乗客が通路を通ってデッキに向かって行きます。小職も気になり始め、とうとう撮影を敢行致しました。

ff15013101
昼食は、近鉄「久居」駅前の「ふるふるーつ」で定食を頂きました。
夫婦で営んでいると思しき、アットホームな昭和感覚の店で、ハンバーグは明らかに自家製でした。美味でした。

mtf15013101
当日は雨模様で、富士山は雨雲に霞んでいました。

bp15013101
夕食は、JR神田駅近く・まぐろ料理店「べっぴん」へ。
まずは、「牡蠣フライ」で無難にスタートします。

bp15013102
「刺身盛り合わせ」のトロは、流石納得の食感でした。そのほかも絶品です。

bp15013103
「まぐろとアボガドのサラダ」で、両者の絶妙な舌触りのバランスに舌鼓を鳴らした後・・、

bp15013104
bp15013105
「アントニオのロース」で、とどめを刺しました。
これはマグロのアゴの部分で(アントニオ猪木さんから、お名前を拝借。)、白く見えるプルッとして蕩(とろ)ける脂身部分と、柔らかい肉部分のコントラストが最高でございました。


閑話休題、ETV「みんなのうた」2月・3月の新曲「履物と傘の物語」(作詞:秋元康・作曲:片桐周太郎)を、AKB48グループの選抜メンバー8名(高橋みなみ・小嶋陽菜・渡辺麻友・島崎遥香・松井珠理奈(SKE48兼)・指原莉乃(HKT48)・柏木由紀・横山由依)が唱和しています。
ソロパートは高橋みなみ・小嶋陽菜両名が担当していますが、切なく・情感たっぷりに歌い上げており、聴く者の涙を誘います。特に小嶋陽菜さんの、感極まるのを抑え込むような歌声に感動致しました。
「今の日本人が忘れてしまった何か」を、思い出させてくれるような歌詞と、美しいメロディーが秀逸です。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : AKB48 みんなのうた 履物と傘の物語

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード