ガントリー・クレーン

gk16122801
川崎兵庫造船所は、川崎正蔵により、1881年(明治14年)に神戸で設立されました。

gk16122802
明治政府は1880年(明治13年)に官営工場を民間に払い下げる方針とし、官営兵庫造船所は1886年(明治19年)になり川崎に払い下げられます。

gk16122803
官営兵庫造船所は、設備・敷地共に川崎兵庫造船所より優れていたので、川崎兵庫造船所の機能はこちらに移設され、官営兵庫造船所を川崎造船所と改称し、船台3基、船架2基の設備を持つに至りました。
資金調達強化のため、1896年(明治29年)10月15日に株式会社川崎造船所が設立され、念願の乾ドックが1902年(明治35年)に完成、同年から新船台の建設にも着手し、1905年(明治38年)に第一船台が完成しました。

gk14082401
続く設備拡張で1912年(明治45年)に竣工したのが、第4船台上の「ガントリー・クレーン」です。
その後1937年(昭和12年)までに8つの船台を設置、うち第6船台は1941年(昭和16年)に撤去され、1945年(昭和20年)の終戦時で7台の船台がありました。

gk14082402
株式会社設立以降、艦艇建造は本格化し、1899年(明治32年)の水雷艇建造から始まり駆逐艦などを建造しました。
潜水艦建造も早くから手がけ、1906年(明治39年)に日本初の国産潜水艦(第六潜水艇)を建造しています。
太平洋戦争開始時には空母を建造するまでになりました。

gk14082403
川崎造船所は、同一船型の船舶を大量生産する為、スットク・ボートを造りました。
「来福丸」(9,100t)は、大正7年10月7日に起工、10月30日進水、11月6日竣工という、短期建造の世界新記録を樹立しました。これは起工11日後の光景です。

gc14070501
ちなみに終戦までに戦艦・空母を建造した国内の民間造船所は、川崎造船所・三菱重工業長崎造船所の2か所だけでしたし(空母の船体のみ建造は、他に2か所ありましたが。)、潜水艦を建造した国内の民間造船所も、川崎造船所・三菱重工業神戸造船所・三井造船野造船所の3か所だけでした。

川崎造船所で建造された、主な日本海軍艦艇》

【戦艦】
gk14010506
榛名

gk14010508
伊勢

【重巡洋艦】
gk14010507
加古

gk14010504
衣笠

gk14010509
足柄

gk14010505
摩耶

gk14010512
熊野

【軽巡洋艦】
gk14010510
大井

gk14010513
鬼怒

gk14010514
神通

【航空母艦】
gk14010502
瑞鶴

gk14010503
大鳳

gk14010511
飛鷹

gk14010515
gk14010516
戦後は「KAWASAKI DOCK YARD」の文字が取り付けられ、夜は白いネオン(赤色という説もあります。)が灯り、戦前・戦後を通して、神戸タワーと並び称される、神戸のランドマークでした。

gk14010517
1962(昭和37)年に解体されましたが、構造物が2本残されている事に驚きました。

gk14010518
小職がガントリー・クレーンに興味を持ったのは、亡父に連れられて訪れた大丸神戸店で開催されていた、「さよなら神戸市電展」で購入した写真集に掲載された1枚の写真からでした。
高松吉太郎氏撮影の、冬の楠公東門線を北上する400型単車なのですが、写真説明に「川崎造船所のガントリ・クレーンがなつかしい」と、書かれていたのです。
世代が違うため全く理解出来なかった小職は、後年、文献を漁って調べてみたのが端緒となったのです。

gk14082404
これは後刻発見した写真ですが、構図が殆ど同じである事から、高松吉太郎氏撮影であると推察されます。

gk14010519
ネオンサインが灯っている画像が見つかりませんでしたが、最近になって店頭で偶然見つけた写真集に、小さいながらも当時の雰囲気を伝える写真が掲載されていました。
昭和27年頃の湊川・新開地を撮影した一葉ですが、通りの彼方にネオンサインが灯ったガントリー・クレーンが、黄昏行く夜空に浮かび上がっています。

gc14070502
ガントリー・クレーンが、ポートタワーやニューポートホテル登場以前の、正しく神戸のランドマークであったことが伺える、貴重な写真です。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : ガントリー・クレーン 神戸 川崎造船所

芸大学園祭

gdg14092201
娘の通う芸術大学で学園祭が催され、娘が纏め役の一人となって「ねぶた」を制作・展示する由。
我が家にとっては初めての経験ですので、家族総出で、期待を胸に赴きました。

gdg14092303
暴走族を「望走族」と置き換え、常識を覆す発想で現代社会に舞い降りた「堕天使」を気取った(「オトナの傀儡にゃ、なりゃしない。」の口上部分の、「傀儡」を「TOY」と読ませる感覚が素晴らしいです!)、他を圧する作品でしたが、単車の複雑な構造が仇となって完成せず、「公開制作」という形式を採っていました。
(解体日前日に、漸く完成に漕ぎつけたそうです。創造と破壊が隣り合わせなのが「芸術」です。)

gdg14092218
娘が発案者の一人でもあった事から、暴走族の単車を調べるうち、「CBX400F」というバイクに辿り着き、”暴走族愛用”という響きにも絆されて、「ねぶた」用に実車採寸を担当する羽目になりました。

gdg14092224
数店のオートバイ・ショップに連絡を取り、最終的に紹介してもらった貝塚市のオートバイ・ショップ「ディープ・フィールド」(暴走族御用達の改造車でも有名。)へ、単身、京都のお土産抱えて恐る恐る足を踏み入れたのです。

gdg14092222
ところが、”強面の男気が有りそうなお兄さん方”がタムロするショップで、娘は望外の好待遇を受けたのでした。

gdg14092221
汗だくになりながら採寸している娘に、受付のお姉さんが缶コーヒーを持ってきて下さったり、店長以下、メカニックの皆さんが協力的で、各部品の機能等を説明してくれたり、CBX400Fが掲載されている貴重な資料・雑誌、挙句の果てにサービスマニュアルを探し出して来て、貸し与えて下さったのです。勿論、帰路は社長さんが、駅まで送って下さいました。

gdg14092219
gdg14092223
gdg14092225
細部の絶妙なラインと圧倒的なリアル感は、正確な採寸と、骨格の制作技術の賜物です。

gdg14092219
そして当日は、「ディープ・フィールド」の店長さんと、単車雑誌「チャンプ・ロード」のカメラマンが、観に来て下さいました。
店長さんは「持って帰りたいぐらいや!壊すのは勿体ない。」と大絶賛だったそうです。私が観た時も、取り付け位置などのアドバイスを下さっていました。

gdg14092306
男に二言なし、後日、店長はタイヤを引き取りに、遥々貝塚市から駆けつけます。

gdg14092220
後刻電話取材があり、雑誌「チャンプ・ロード」に記事が掲載されるそうです。
暴走族御用達のオートバイ雑誌に掲載される、芸大生制作の「望走族・CBX400F」・・。考えるだけで、ワクワクしてきます。

gdg14092226
尤も、「体制(硬直した思考)に反発する、若者の不満・気概」に於いて、芸大生と暴走族は共通する立場にあるのかも知れませんし、オリジナルな造形を具現化する点に於いて、メカニックとアーティストの間に、分かり合える部分が在るのかも知れません。

後刻、娘から完成後の画像が送られて来ました!感無量です・・。↓
gdg14092301
gdg14092302
gdg14092304
gdg14092305

他のグループも、大作ばかりでしたが、特に印象に残ったのが、以下の2作品です。↓
gdg14092215
gdg14092214

そして、やはり芸大はレベルが違うと思わされたのが、絵画・彫刻・インダストリアルデザインなどの作品群です。↓
gdg14092202
gdg14092203
gdg14092204
gdg14092205
gdg14092206
gdg14092207
gdg14092208

gdg14092209
gdg14092210

gdg14092213
左右双方向から弾ける、キャリーキーボード。
gdg14092212
跨いで座り、手で胴体を叩く事で音を出す楽器です。
gdg14092211
トランペット奏者の姿勢を模した、スピーカーです。

gdg14092216
仲間達と一心不乱に制作に没頭する娘の姿から、成長を、ひしひしと感じました。
社会に飛び出すまでに、がむしゃらに学び、成功や失敗を体得して欲しいと願います。
兎にも角にも、元気な若人が、元気な日本を支えます。若者達から、大いに活力を頂いた一日でした。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

マジョレット・GSモデル。

現在「ダイキャストミニカーの生産・販売量世界No.1」を誇るマジョレット社は、1961年フランス中部の都市リヨンで設立された、玩具専門メーカーです。
当初は自国フランス車が殆どを占めていましたが、マスプロ化と企業の合従連衡が進んだ近年は、米国車や日本車もラインナップされるようになりました。
1982年から米国フロリダ州マイアミで設立された「マジョレット・アメリカ」で、米国での販売を実施していましたが、1990年代後半から停止しています。
マジョレット社は2003年にSmobyに買収されましたが、2008年に経営危機に見舞われ、Smobyは売却を余儀なくされます。その時はフランスの投資ファンドに買い取られますが、2009年に再度経営危機に陥り、米国資本への売却も噂されたりしましたが、結局パリの商業裁判所を介して、あのSolidoをも傘下に治めるSimba–Dickieが現在経営権を握っています。

GS Berline》
1971年から生産された、№201・1/65シトロエンGSモデル(後部にアンテナ付き)です。
細長くて車高が低く、前後に間延びして、まるで上級車種「シトロエンCX」であるかのような印象を受けます。

mjgs11102408
透明窓・スカイブルー車体です。後部アンテナは無傷で残っています。

mjgs11102409
透明窓・薄い青メタリック車体です。後部アンテナは無傷で残っています。

mjgs11102410
薄茶色窓・濃い青メタリック車体です。後部アンテナが失われています。

mjgs11102412
透明窓・黄緑色車体です。後部アンテナが失われています。

mjgs11102416
薄茶色窓・深緑色車体です。後部アンテナが失われています。

mjgs11102418
薄茶色窓・金色車体です。後部アンテナが失われています。

mjgs11102411
mjgs11102415
透明窓・ペパーミントグリーン・メタリック(とでも言うのでしょうか?)車体です。
上段のモデルは後部アンテナが失われていますが、下段のモデルでは無傷で残っています。

mjgs11102413
クリアケース・バージョンの、透明窓・緑色車体です。後部アンテナは無傷で残っています。

mjgs11102414
透明窓・黄緑メタリック車体です。後部アンテナが失われています。


mjgs11102417
薄茶色窓・からし色車体です。後部アンテナが失われています。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン GS CITROEN Majorette マジョレット

神戸タワー②

kt14082601
湊川公園が開設されたのは明治44年です。遊園地や野外音楽堂も有ったとか。
神戸タワーの広告が最初の「ハーブ洗濯石鹸・ベルベット石鹸」ですので、昭和初期です。

kt14082602
「観艦式記念神戸博覧会」が、昭和11年10月3日から44日間、湊川公園で開催されました。
国防館・風景館・演芸館等の展示館が立ち並び、市民で賑わったそうです。
神戸タワーも、心なしか誇らしげに佇んでいるようです。

kt14082603
博覧会開催時の湊川公園の空撮です。
神戸タワーへのアプローチは、階段と、左右からのスロープが設けられていたことが分かります。

kt14082604
聳え立つ、威風堂々たる神戸タワーの姿。
ちなみに、昭和9年(1934年)に完成した「阪神電車」のネオン広告は工事費が2万円で、ネオンに使用する電気代が毎月1200円でした。総理大臣の給料が月額800円という時代です。

kt14082801
何故ここまで積極的に広告・宣伝活動をしたのかと言えば、阪神電車は当時、湊川までの延伸を申請しており、湊川駅で神有(しんゆう)電鉄(現在の神戸電鉄)と山陽電鉄(板宿駅から分岐して、湊川に至る路線の免許を取得していた。)に接続し、乗り入れる計画が有ったからでした。

sk14082707
そのネオンが輝く、正に「不夜城」の名が相応しい、全盛期の湊川・新開地の夜景です。
神戸タワーの広告が「阪神電車」ですから、1934年~1940年頃の光景です。

kt14082605
昭和20年3月17日の神戸大空襲後に、現在の神戸大学医学部屋上より、西方面を望んで撮影。
神戸タワーに、「ビオフェルミン」の広告が確認できます。
神戸タワー右手遠景に、霞んで見える円筒形浮揚式ガスタンクは、長田区にあった物で、戦後は大・中・小3基に増えました。これらを毎日、寝室の窓から眺めていました。懐かしいです。

kt14082606
上沢通りから眺めた神戸タワー。
左手にP410ブルーバード前期型のタクシーが走っていますが、正に此の位置関係で、小職は父の運転する車の後部座席から、迫り来る神戸タワーの威容を眺めていたのでした。当時の感覚が蘇ります・・。
ビューゲル(集電装置)が、アシンメトリー(非対称)な位置に取り付けられている市電も懐かしいです。後年は、全て車体中央に取り付けられていました。(2両だけ、試験的にパンタグラフを取り付けた車両もありました。)

kt14082801
湊川と新開地を南北に結ぶ、道路の南側から見た神戸タワー。
堂々と道を横切る人が、のんびりした時代を象徴しています。
市電も懐かしいですが、後部窓が三分割で、中央に非常口のあるタイプのバスボディも、郷愁を誘います。

kt14082607
更に南下して、大開通(だいかいどおり)交差点の南西角から見た、神戸タワー。
交差点を北に進んで湊川に向かう機会は殆ど無かったので、大開通(だいかいどおり)を車で東西に進む時、この交差点に差し掛かると、必ず北を向いて、神戸タワーを確認したものでした。一瞬の邂逅でした。

kt14082701
この交差点は三叉路であり、嘗ては三叉路中央に、停留所・バスターミナルを兼ねた「三角公園」が存在していました。
右端のビルは、聚楽館です。

sk14082801
昭和40年(1965年)撮影の三角公園。
三角公園は昭和43年の神戸高速鉄道開通前まで存在しており、開業に伴う道路整備・区画整理の都市計画に伴い、撤去されました。現在、この位置には、地下街の通気口があります。
右側の八角形の建物は「市バス操車場」で、1階は市バス乗務員詰所(昭和40年8月、神戸駅にバスターミナルが完成し、移転。)で、2階が市電信号所でした。
左側の丸い建物は「公衆便所」で、此処は格好の待ち合わせ場所だった由。
前部オーバーハングの短い、キャブオーバータイプ・市営バスのシルエットも、懐かしいです。

kt14082608
下山手通り7丁目の交差点から、西方向を望みます。
マンション・高層住宅が林立する以前、神戸タワーは、本当に遠方からも良く見えました。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 神戸タワー 湊川 新開地

中学校学園祭

nyg14090801
愚息の通う中学校で、学園祭が開催されました。

nyg14090802
奈良県で寮生活ですので、普段会えない事も有り、京都で下宿生活する娘も駆けつけて、炎天下の会場に足を踏み入れました。模擬店の「かき氷」は、美味でした~!

nyg14090803
nyg14090804
野球部に属する愚息は、クラブとしての出し物は無いものの、「模擬裁判」に検察官役で出演する由。

nyg14090805
nyg14090806
掲示物を堪能しながら、期待に胸を膨らませて開廷を待ちます。

nyg14090807
銀行に押し入り、200万円を強奪したとされる被告人の「強盗被告事件」に於いて、被告人が真犯人かどうか、犯人を目撃したとされる銀行員の証言と、被告人と一緒に居たとされる友人のアリバイ証言が食い違ってきます・・。

nyg14090808
裁判長と二人の裁判官、被告人、弁護士、検察官、双方の証人、に扮した生徒が、予め設定されたストーリーに従って、用意したセリフを言うのですが、検察官役の愚息が大きい声で迫真の演技(?)を行った結果、ギャラリーも静かに聞き入るようになり、終盤の弁護側サプライズ「別の凶器」提出もあって、最後まで興味深く拝見しました。
思いもかけず、判決はギャラリー陪審員の多数決に依る事になり、被告は有罪となりました。

nyg14090811
一家4人での夕食まで時間があるので、娘のリクエストで、妻・娘と3人で「あべのハルカス美術館」に赴き、

nyg14090812
「デュフィ(RAOUL DUFI)展」を鑑賞して参りました。

nyg14080909
nyg14091301
我が子達です。幼稚園・小学校時代に比すと、成長の跡がはっきりと感じられます。
よくぞここまで心身共に健康に育ってくれたものだと、親として感慨を禁じ得ません。
世の為・人の為に役立つ人間になって欲しいと、心から願います。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード