友人のシトロエンGS

gs14071701
シトロエン乗り仲間の会合に、サプライズ登場した友人のシトロエンGSです。

gs14071702
1978モデルイヤー・GS・pallasで、再塗装され、最終的に四国に棲んでいた個体です。

gs14071703
サンデン製のクーラー付きです。
ドア内貼りが貼り替えられており、本来黒色地肌のドアハンドル・レギュレターハンドルは、茶色に塗装されています。

gs14071704
スペアタイヤは熱気循環対策で、お約束通りトランクルームへ。
クーラー・コンプレッサー作動時の負荷を考慮しての、キャブレター・アイドル調整が難しく、再考を要します。
アイドリング時のエンジン回転数を上げ過ぎると、負荷が掛っていない時にエンジンが激しく回り過ぎて、油温上昇・パーコレーション・エンジン焼付きの原因となります。
小職も、専門店の主治医に看てもらう以前の西武自販代理店時代は、夏が来る度に、調整を繰り返していた事を思い出しました。

gs14071706
車台番号「56GB7529」ですから、紛れも無く、1977年9月以降生産の1978モデルイヤー・7CVです。
5001から始まる番号ですので、2,528番目の生産車です。7CVグレードが月産500台とすれば、1978年1月~2月の生産車となりますが、果たして真相は? 

gsac14071801
カラーコード表示板が残っており、オリジナル塗装は、Blanc Meije AC 088 1971~1986だと判明しました。
スポンサーサイト

tag : シトロエン GS

モンブラン・シトロエンSM。29

msm11101601
Jouets Mont-Blanc社製の1/12・プラスティック製ボディ・シャーシーを持つ、シトロエンSMのワイヤー式電動リモコン・モデルです。
このモデルは、プラスティック成形色に工夫を凝らして、メタリック塗装を表現した物で、貴重品です。

msm11101602
msm11101603
リアウインドウ越しに見える、内装カバーに開けられた「スリット」は、リモコン仕様モデルに見られる特徴ですが、これは「ラジオ仕様モデル」用スピーカー・サウンド・ホール付き内装パーツを、リモコン仕様モデルが流用したものです。

msm11101604
流石に、このスケールともなると、実車の持つ雰囲気を良く捉えています。

msm11101605
msm11101615
初期型車体では車体本体に立体的にモールドされ、銀塗装されていたヘッドライトですが、中期型車体~後期型車体では、ヘッドライトの表現がブリキ板に印刷したものになります。

11101606
msm11101614
車体後部の状況です。黒地に旧タイプ”SM”のロゴが銀文字で描かれたナンバープレートと、ハッチバックパネル(この場合は青色)が印刷されたブリキ板がカシメ止めされていますが、ボディが美しいので、ナンバープレート周囲は、もう少しメタリックぽい印刷にして欲しかったです。
リアガーニッシュ部分も「CITROEN」の文字と「ハッチバック・オープナー」が白地で印刷された赤色のブリキ板となっていました。

msm11101608
破損しているモデルが多いシフトレバー・ハンドブレーキですが、このモデルでも案の定、双方共失われていました。(助手席は取り付け直した跡があり、運転席と位置が微妙にずれています。)
然しながら、これらは前オーナーが幼少時から所有し、大切に遊んできた証拠でもあるので、このモデルの歴史と受け止め、修復は致しません。

msm11101607
初期~中期型車体は、ボンネットのエアインテークにダブルシェブロンが印刷されていますが、後期型車体になると、省略されます。
中期型車体では、ダブルシェブロンが印刷されているモデルでも、エアインテークのスリット有無のバリエーションがあります。ウインドウにワイパーがモールドされている事に、注意して下さい。

msm11101616
初期型から中期型を経て後期型の一部まで、黒色底板のフロント・アンダーカウル部分のみボディと同色になっていました。
前車軸の位置に、初期型ではモンブラン社社章と社名がモールドされているのですが、中期型である当該モデルでは、省略されています。

msm11101613
msm11101612
msm11101611
msm11101610
msm11101609
巧みな成形色のグラデーション模様により、メタリックカラーを再現しようとした事が伺えるボディ表面です。
右側Cピラー部分の「SM」ロゴマークのパーツが、失われています。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : モンブラン シトロエン CITROEN SM

山陽電車長田駅①

nk13112313
画像は、東から走ってきた下り電車が、長田交差点を渡り終えた状況を北西方向から撮影したものと思われます。背後のパーツ屋さんは、現在も、この店構えで盛業中です!
車両は、国鉄から払い下げを受けた63形を改装した700形で、この20m車体を導入した事が、山陽電鉄が本格的な郊外電鉄へと脱皮する端緒となったのでした。「おでこ」にベンチレーターを取り付けた面構えに、取分け郷愁を感じます。
下り電車の左右を並走して、東からやって来た自動車は、この時点で併用軌道の上下線を横切り、併用軌道進行方向右側の道路へ逃げなければなりませんでした。何故なら・・、

nk13112316
併用軌道上の眼前に「長田駅」が存在していたからです!
道路は対面通行で細くなり、「長田駅」北側に集約されているので、自動車は進路変更する他無かったのです。
長田駅」は島式ホームを持ち、改札口・出口は、画像の東側一か所のみでした。

nk13112315
乗降客は、前後の電車と自動車に細心の注意を払いながら、併用軌道の上を切符売り場まで足を運んでいました。
車両は左が700形・右が2000系で、いすゞBX型ボンネットバスも写っています。
背景の、火の見櫓がある建物は、昭和37年3月に新築された庁舎に移設した、長田消防署です。
平成2年4月に、長田駅左手の道向かいに移転しました。

ns14011302
自宅前からタクシーに乗れた場合は、堂々と併用軌道上で降車したり、改札を出てから併用軌道上で、前後の電車を気遣いながら、乗客を降ろしたばかりのタクシーに、運良く飛び乗った事を覚えています。
いかにも自動車の絶対数が少なかったから可能だった、のんびりした昭和43年までの風景でした。
電車は250形3次車です。

nk13112602
2000系2次車(1次車より、側面客席窓幅が短くなっています。)の特急が、兵庫駅に向けて出発したところです。
長田消防署が確認できませんので、昭和37年3月以前の撮影です。

nk13112314
この小さな切符売り場に辿り着くまでに、画像右手の北側から来た人は、右手の信号の無い横断歩道を、前後の自動車と電車に注意しつつ、横断しなければなりませんでしたが、不思議と長時間待った記憶がありません。それ程、自動車が少なかったという事です。停車中のの車両は、特急運用に就いた当時最新型の3000系です。

ns14011301
構内から、改札口を通して見た風景です。併用軌道上に駅舎が忽然と現れる雰囲気が、お分かり頂けますでしょうか?
右手にある発券所で、母の後について、背伸びしながら切符を買った思い出があります。
改札口から一歩外に出ると、前からも後ろからも自動車と郊外電車が迫って来るという、今では考えられないワイルドな空間でした。
竣工後の試運転でしょうか?3000系の行先表示板が、通常と異なるタイプとなっています。

nk14062301
長田交差点の信号待ちをしている2000系2次車ですが、無電圧区間通過の惰性をつける為に、長田駅を出発して直ぐの位置で停止していました。
交差点内で右折待ちしている対向車を慮って、よほど交差点信号の青信号とタイミングが上手く合わなければ、強引に交差点に突っ込む事は無かったように思います。(無電圧区間で緊急停止すると、動けなくなりますから・・。)
テールフィンのプリンス・スカイラインは、サイドモールの形状から、1960~1962モデルイヤーのスタンダードモデルか、1962モデルイヤーの1900です。手前の2代目マツダ・B360・ワゴンも懐かしいです。

nk13120301
長田駅を出発し、自動車と並んで信号待ちする700形です。
兵庫駅へ向かう上り路線は、緩やかな下り勾配でしたが、前述の如く、無電圧区間を通る為に惰性をつける必要があり、交差点入口の少し手前で停車しています。
初代トヨエース、日産A-50ケンブリッジ、テールフィンを生やした1958モデルイヤーのダッジ・キングスウエイ等が、当時の雰囲気を醸し出します。

nk14062305
長田駅方向から見た、長田交差点の無電圧区間を通過中の、2000系・2次車です。
2000系が3連化されており、背後に地下化工事の鉄柱が見えますから、神戸高速鉄道開業に伴い、併用軌道区間が廃止となる、少し前の状況です。
対向車の先頭は、1967モデルイヤー・初代マツダ・ファミリア1000で、この年式からヘッドライトが楕円になりました。

nk13112603
3000系特急が長田駅を発車して、信号が青になり、交差点に差し掛かろうとしている場面ですが、先程この列車から降りた乗客が、改札前で横断待ちをしているのが見えます。
前後から自動車と電車が迫り来る中での横断待ちは、さぞかし肝が冷えた事でしょう。
子供だった小職も、市電とは全く違う迫力で迫って来る郊外型電車に、緊張したのを覚えています。

nj13121401
交差点を横断中の3000系特急です。
神戸高速鉄道建設工事に伴う仮電線柱が撤去されていないので、上掲画像より少し前の撮影です。

(画像権利者の皆様、拝借させて頂きました。誠に申し訳ございませんでした。)

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 山陽電鉄 長田駅 併用軌道

恋するフォーチュンクッキー①

sr14071001
恋するフォーチュンクッキー」は、2013年8月21日に「AKB48」のメジャー32作目のシングルとして、キングレコードから発売された、作詞:秋元康、作曲:伊藤心太郎による楽曲で、センターポジションは、指原莉乃さんが務めています。

公式MVは、後の記事でご紹介致しますが、2014年7月9日現在、再生回数が47,320,776回に達しています。(2013年10月30日公開)

何より素晴らしいのは、企業や地方自治体等が作成したMV(関連動画)の再生回数です。
AKB48 STAFF:9,699,394 回 サマンサタバサグループ:6,073,173 回 サイバーエージェントグループ:5,437,191 回  神奈川県:3,985,593 回 ジャパネットたかた:2,905,835 回 佐賀県庁:2,215,050 回 ご当地キャラ:2,134,451 回 日本交通2,061,022 回 AKB48 FAN:2,033,718 回 MISS&MR.COLLE:1,546,909 回 GMOインターネットグループ:1,517,901 回 大分市:1,124,326 回 京浜急行:1,050,704 回  岩佐美咲(演歌):1,030,822 回 千葉ロッテマリーンズ:1,029,006 回



今回はその中から、復興目指して日夜頑張っている「福島県」と、



「ニューヨーク」ヴァージョン(出てくる場所・団体・企業・個人/有名人が凄いです!)を、御紹介致します。

【上半期ランキング2014・レコチョク】
1 レット・イット・ゴー~ありのままで~(日本語歌) 松たか子
2 春風 Rihwa
3 レット・イット・ゴー~ありのままで~(エンドソング) May J.
4 レット・イット・ゴー イディナ・メンゼル
5 ずっと feat. HAN‐KUN & TEE SPICY CHOCOLATE
6 TSUKI 安室奈美恵
7 喧嘩上等 氣志團
8 ストーリー・オブ・マイ・ライフ ワン・ダイレクション
9 恋するフォーチュンクッキー AKB48

【iTunes J-POPランキング】
31位.「恋するフォーチュンクッキー」   AKB48
43位.「ラブラドール・レトリバー」   AKB48
209位.「ポニーテールとシュシュ」   AKB48
259位.「桜、みんなで食べた」   HKT48
276位.「真夏のSounds good !」   AKB48
280位.「重力シンパシー(チームサプライズ)」   AKB48

【DAM 2014年上半期(1/1~6/30)】
1 恋するフォーチュンクッキー AKB48
2 南部蝉しぐれ 福田こうへい
3 Let It Go~ありのままで~ 松たか子
4 ハナミズキ 一青窈
5 女々しくて ゴールデンボンバー
6 残酷な天使のテーゼ 高橋洋子

【JOYSOUND 2014年上半期(1/1~6/30)】
1 恋するフォーチュンクッキー AKB48
2 千本桜 WhiteFlame feat.初音ミク
3 女々しくて ゴールデンボンバー
4 残酷な天使のテーゼ 高橋洋子
5 紅蓮の弓矢 Linked Horizon
6 ハナミズキ 一青窈

【MTV カラオケチャート】
1 恋するフォーチュンクッキー AKB48
2 ハナミズキ 一青窈
3 奏(かなで) スキマスイッチ
4 栄光の架橋 ゆず
5 女々しくて (Short Ver.) ゴールデンボンバー
6 RPG SEKAI NO OWARI

♪未来は、そんなに悪くないし、
♪人生も、捨てたもんじゃありません。
♪そんなに、ネガティブにならないで下さい。
♪世界は、愛で溢れているから、
♪悲しい出来事を、忘れる事が出来ます。
♪明日は、明日の風が吹くのですから。


MVを観た、AKBファン・オタクの言葉です。

音楽とダンスで、世界を繋げるって、素晴らしいね!
これが世界に広がって、戦争が無くなればいいな。


正に、至言であります。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 恋するフォーチュンクッキー 指原莉乃

マジョレット・カマルグ。

現在「ダイキャストミニカーの生産・販売量世界No.1」を誇るマジョレット社は、1961年フランス中部の都市リヨンで設立された、玩具専門メーカーです。
当初は自国フランス車が殆どを占めていましたが、マスプロ化と企業の合従連衡が進んだ近年は、米国車や日本車もラインナップされるようになりました。
1982年から米国フロリダ州マイアミで設立された「マジョレット・アメリカ」で、米国での販売を実施していましたが、1990年代後半から停止しています。
マジョレット社は2003年にSmobyに買収されましたが、2008年に経営危機に見舞われ、Smobyは売却を余儀なくされます。その時はフランスの投資ファンドに買い取られますが、2009年に再度経営危機に陥り、米国資本への売却も噂されたりしましたが、結局パリの商業裁判所を介して、あのSolidoをも傘下に治めるSimba–Dickieが現在経営権を握っています。

《GS・Camargue
1973年に№221として発売された、1/55のモデルです。1975年まで生産されたようです。
ネットでチェックしましたら、大量のバリエーションを発見しましたので、ここもと御紹介致します。

mjc11101824
マッチボックスに似たホイール・赤と黄色のツートン・黒の内装・薄茶色の透明パーツを持ったモデルです。
出回っている赤ボディは、「白内装・黄色の透明パーツ・ボディ下部が無塗装」なので、レアです。

mjc11101825
mjcm12013005
mjcm12013006
前期型ホイールで、ボディは上掲モデルと同じですが、透明パーツが若干色濃くなっています。

mjc11101826
後期型ホイールで、上掲モデルと同じボディを持つモデルです。

mjc11101827
前期型ホイールで、ボディ下部の黄色が、薄い黄色から濃い黄色になっています。また、透明パーツも薄い茶色になっています。

mjc11101828
前期型ホイールで、ボディ下部がオレンジになっています。透明パーツもオレンジ色です。

mjc11101829
マッチボックスに似たホイール・赤とレモンイエローのツートン・白の内装・薄茶色の透明パーツ(ハッチバック部分のみオレンジ)を持ったモデルです。
出回っている赤ボディは、「黄色の透明パーツ(ハッチバック部分のみ薄茶色)・ボディ下部が無塗装」なので、大変レアです。

mjc11101830
前期型ホイールで、赤メタリックと黄色のツートンボディを持ち、黒内装・オレンジ透明パーツを持つモデルですが、小職が所有するモデルよりも、濃い赤色です。

mjc11101831
mjcm12013003
mjcm12013004
後期型ホイールで、赤メタリックと黄色のツートンボディを持ち、黒内装・オレンジ透明パーツを持つモデルですが、小職が所有するモデルよりも、薄い赤色です。

mjc11101832
赤メタリックと黄色のツートンボディ・黒内装モデルですが、マッチボックスに似たホイールを持ち、透明パーツが薄茶色になっているレアモデルです。

mjc11101833
前期型ホイールで、赤メタリックと黄色のツートンボディを持ち、黒内装・オレンジ透明パーツを持つモデルですが、黄色が濃くなっており、透明パーツは若干薄くなっています。

mjc11101834
前期型ホイールで、赤メタリックと緑メタリックのツートンボディを持ち、黒内装・オレンジ透明パーツを持つモデルです。レアです。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : Majorette マジョレット Camargue カマルグ CITROEN

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード