神戸タワー①

kt13112605
画像は、1924年(大正13年)3月に開業した「神戸(新開地)タワー」です。
高さ90m(海抜100m)を誇り、高さ75mの初代通天閣を抜いて、当時日本一の高さであったタワー(7階建て)の麓部分には、タイル張りの5階建てオフィスビルのような建物があり、「松井食堂」なるレストラン、昭和3年には、4階・5階に動物園が出来、ジャッカル・マングース・カワウソ・ハイエナ・大トカゲ・ワニ・ペリカン・フクロウ等の、小動物(?)が飼育されていました。
入場料は、大人10銭・子供5銭で、遮る建物が無かった当時、晴れた日には紀州あたりまで見えたそうな。

kt13112607
設計者の設楽貞雄は、元治元年(1864)生まれで、苦学して東京の造家学科を明治21年(1888)に26歳で卒業後、初代兵庫県庁を設計した山口半六の建築事務所や、山陽鉄道(後の国鉄山陽本線)で働いた後、明治40年(1907)に神戸設計事務所を設立しました。
設楽が取り組んだのは、地味な工場・オフィス・劇場・個人住宅(神戸市須磨区)が殆どで、設計物は、大阪・神戸に集中していました。その中で有名なのが、初代通天閣・神戸タワー・初代楽館(神戸・新開地)・近松座(大阪市内)です。

ttk13122501
設楽の設計による最初のタワーとなった、初代通天閣ですが、麓部分はパリの凱旋門、塔部分は同じくエッフェル塔をモチーフにしており、話題性・通俗性を狙ったデザインとなっていました。
ところが神戸タワーでは一転して直線的デザインとなり、洗練はされましたが、「灯台のように見える」と陰口を叩かれたとか。
兎にも角にも神戸タワーは、デザイン的には大した事が無かったとはいえ、当時日本一の高層建築である事には相違無く、人々の関心を集めたのでした。

tk17022301
ネオン輝く、在りし日の初代通天閣です。
通天閣には「神戸へ」、神戸タワーには「大阪へ」、夫々阪神電車の広告が目立ちます。
当時、相当力を入れて宣伝を行っていた事が、窺い知れます。

tk16122801
翻って、華やかだった初代通天閣ですが、吉本興業に買収された後、太平洋戦争中の1943年(昭和18年)1月6日に、直下の映画館・大橋座の火災で、鉄骨部分が加熱されて強度不足となり、鉄材を軍需資材として大阪府に「献納」するという名目で、同年2月13日から塔は解体されたのでした。戦後、赤錆となった残骸が明石市の浜辺で見つかりました・・。

kt13112604
小学生の時に亡父が天体望遠鏡を買い与えてくれたので、最初は嬉々として月を眺めていましたが、やがて飽きてしまい、2階の部屋窓から神戸市内を「観察」するようになりました。
当時三宮方向を望むと、右にポートタワー(高さ108m・1963年完成)・左に神戸タワー(高さ90m・海抜100m・1924年完成~1968年解体)が見えました。

kt13112608
やがて両タワーの真ん中に、神戸商工貿易センタービル(高さ107m・1969年完成)が徐々に姿を現し、神戸タワーが解体後は、右にポートタワー・左に神戸商工貿易センタービルが眺められました。
夜間はポートタワー最上部の「PORT OF KOBE」がハッキリ見えて、神戸商工貿易センタービル屋上とポートタワー先端部分に点滅する赤ライトを、飽きもせず眺めていたものでしたが、幼心にも、どす黒い肌色をした、厳めしい形の神戸タワーが無くなった事に、一抹の寂しさを感じました。

kt13112603
上沢通りを車で東へ向かう際、運転席後の座席に座る事の多かった小職は、湊川のトンネルが近づくと決まって、この異様な建造物を車窓からじっくりと眺めるのでした。
これは湊川トンネル西側の北西方向から撮影されたものですが、この写真の如く、晩年の薄汚れた廃墟になった神戸タワーが目に飛び込んでくると、いつも「夜間、あの中に閉じ込められたら怖いだろうな~。」と感じていました。

kt13112612
これは南西側から見た画像です。
真っ暗な開口部、金網や有刺鉄線に囲まれた展望台、傷だらけの壁面、等がグロテスクさを助長し、土台のビルが一部吹き抜けとなっていて、天井や窓が無くて空が見えるその様子から、広島原爆ドームの印象と重ね合わせてしまい、より畏怖の念が強まったのを覚えています。

kt13112614
湊川トンネル東側からの眺めです。
トンネルを通過してからも、振り返って飽きることなくタワーを眺め続けた小職には、懐かしい光景です。
補強工事をして残してはと考えましたが、後年の阪神淡路大震災に耐えたかは疑問です。

kt13112615
未だこの時点では、嘗ての湊川公園の栄華を彷彿とさせる、うら寂れた遊具が残っており、却って郷愁を誘います。もう2度と、新開地湊川が活気づくことは無いのでしょうか?

kt13112611
kt13112613
有馬道から眺めたタワーです。高層マンションが無かった当時は遮る物が無くて、本当に遠方からも良く見えました。

kt13112606
トンネル西出入り口の北側、神戸電鉄の当時の終点「湊川駅」からのショットです。
道路の工事は、神戸高速鉄道乗り入れに伴う、新開地駅への地下路線工事だと思われます。

kt13112602
竣工間もないタワー。日の丸をはためかせた凛々しい姿ですね。

kt13112601
ネオンサインは、3回程変わったようです。これは1934年から1940年頃までの、中間期となる「阪神電車」です。

kt13112617
kt13112616
昭和初期に取り付けられた最初のネオンサインは、「ハープ洗濯石鹸・ベルベット石鹸」でした。

kt13112609
kt13122501
1940年頃~1950年頃に存在したのが「ビオフェルミン」で、これが最後の広告となりました。

kt13122502
栄華を誇った神戸タワーも、繁華街の中心が新開地から三宮へ移った戦後は、街と共に寂れてしまい、老朽化とも相まって、昭和43年(1968)に解体されました。特に保存運動などは起こらなかったと聞きます・・。
これは解体される直前の、貴重な画像です。

kt14042801
建築中と思しき画像を入手しました。
造られ、壊される・・。建造物の宿命を目の当たりにし、胸中、複雑な思いが巡ります。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 神戸タワー 新開地 湊川

生誕祭

bp14042001
昨日、愚息の生誕祭を行いました。娘は大学生になり、愚息も既に14歳です。
残念ながら、娘は所用で下宿先から戻れず、3人での開催となりました。

bp14042002
1人の人間として、子供の人権を尊重するのは勿論ですが、私は「"子供"は親の最高傑作」と捉えてしまうので、子供達が世に出て活動した時に、人様から『親御さんが偲ばれる。』と評価・感謝される事が、親として最高の誉れであると考えています。

単なる親馬鹿の思い上がりに過ぎませんが、「親に対する感謝の気持ちを忘れず、且つ、親を凌駕する人間になって欲しい。」と願う親は、多いと思います。

子供に教え、子供から学びつつ、共に成長して参る所存です。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

ポリトーイ&マクレガートーイ製GS。

GSウイークエンド】

ptgs11051001
ptgs11051002
ptgs11051003
GS・ウイークエンド」と名付けられたモデルで、カヌーとオールを屋根上に搭載しています。
これは一番よく見かけるベージュ色です。

ptgs11051004
ptgs11051005
ptgs11051006
青メタリックは、レアです。もう少し濃い青メタリックもあります。

ptgs11050915
ptgs11050916
ptgs11050917
緑メタリックも、あまり見かけません。

ptgs11050918
ptgs11050920
シルバーは、ウイークエンド仕様でしか見かけない色です。これも珍しいです。
上段画像は、コーギートーイのオプションステッカー「ホワイトリボン」が、ホイールに貼付されています。かなりの好事家の仕業だと思います。下段画像は、「シトロエン・ミニチュアカー大事典」に掲載されたものです。

ptgs11051007
ノーマルタイプで一番よく見かける赤色ですが、ウイークエンド仕様では、逆に珍品に属します。改造された物も多いはずです。

ptgs11050919
ウイークエンド仕様・青メタリックのバリエーションです。画像の露出違いだけかも知れませんが・・・。

mtgs11050901
mtgs11050902
mtgs11050903
メキシコのマクレガートーイ製「ウイークエンド」です。
ホイールは無塗装になりますが、その他は同じです。レアモデルです。

mtgs11050904
mtgs11050905
mtgs11050906
ポリトーイEシリーズでランボルギィーニ・ハラマ等に用いられていた、幅広タイヤと星形デザインホイールを流用した、マクレガートーイ製「ウイークエンド」で、青メタリックのボディと共に、あまり見かけない貴重品です。
テールランプが塗装されています。こうして色々見比べると、カヌーにも3色程バリエーションがあるみたいです。
mlgs12090501
mlgs12090502
バリエーション確認で購入した1台。少し濃いメタリックです。台座・ケースも異なります。
mlgs12090503
mlgs12090504
本家に比べて、メッキもくすんでおります。
mlgs12090505
GSAの如きメーターと2本スポークのステアリングが、面白いです。

ptgs11050911
ポリトーイでは、「ラリー・サービス」と称したモデルも存在しました。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : ポリトーイ マクレガートーイ シトロエン GS CITROEN

大学入学式

ec14040301
芸術大学へ進学し、4月から京都で下宿生活を始める娘の為に、家族総出で引っ越し手伝いを敢行しました。
ホテルでの記念撮影の折、「変顔で1枚撮ろう。」という事になり、全員でトライしました。お見せできないのが残念です。

ec14040302
ec14040303
ec14040304
そして入学式当日、赴く前にレディース・スチューデント・マンション前で記念撮影です。
この日の為に新調したスーツとハイヒールを纏った姿を見て、知らぬ間に大人に近づきつつある娘に驚き、感慨も一塩でした。

巷間、自分の都合で職を辞して、所得が減少したにも拘らず、高校や大学に在学中の我が子に対して、「親の務めは果たした。後は自分の責任で立派になれ。」と放言して、養育を放棄する御仁が居ますが、父親として最低だと思います。
この種の御仁は、往々にして「奨学金」を我が子に課する場合がありますが、その前に、《33万人、876億円》という数字を心しておく必要があると思います。これは、《借りた奨学金の返済が滞っている人の数、そして滞納金の総額》です。

滞納者が増えている背景には、若者の経済的な困窮に加え、1999年、それまで無利子が中心だった奨学金制度に新たに導入された、「支給額を大幅に引き上げた有利子制度」があります。
長引く不況で親の経済力が低下する中、支給額増加を希望する学生の増加と相まって、奨学金の主流は無利子から有利子へと変化し、当然の事ながら、「借入金額の増加に伴い、利子返済額も膨らむ。」という悪循環が生じたのです。

子供の立場に立って考えてみれば、どうでしょうか?
社会人になったばかりの時期に、何百万と言う負債を抱えるというハンディは、相当キツイと考えます。

月収20万として、返済額が月1万~2万と言うと、楽なようですが、親元離れて自活する場合、居住地の物価にも因りますが、結構な負担となって、重くのしかかります。
何より、返済が滞ると、個人信用情報機関のブラックリストに登録されて個人信用が失墜し、キャッシュカードが使えなくなったり、訴訟を起こされる危険性があります。

こうなると恋人とのデートにも気を遣いそうですし、結婚を意識する時期と重なると、信用失墜を招いている借金は早々に解消しておきたいと考えるでしょう。
一攫千金を狙ってギャンブルや投資に手を出し、更に傷口を広げてしまうかも知れません。

学ぶために借金を背負い、返済のために齷齪働く自分を振り返った時に、果たして自分の生きている社会に、これからの人生に、期待が持てるでしょうか?小職は自信がありません。

問題点を抱えながらも、奨学金制度は利用され続けています。
我が子に無用の足枷は与えたくないですが、自身の薄給を恨めしく感じる昨今です・・。

ec14040305
入学式では、教授の元NHKアナウンサー・松平定知氏により、理事長の祝辞「京都文藝復興」が朗読されましたし、学園歌「59段の架け橋」の作詞は、元教授の秋元康氏でした。AKB48の制服デザインを、この大学が担当した理由が分かりました。
和太鼓チームによる祝奏や、ダンスチームのパフォーマンスを取り入れた、「学位授与の方針」披露があり、芸術大学ならではの演出に感動しました。

ディプロマ(学位授与)ポリシーは、「探究力・思考力・発想/構想力・表現力」から成る《想像力》と、「行動力・継続力・コミュニケーション力」から成る《人間力》を伸ばす、という事でした。
総合大学とは少々異なるアプローチに、芸大ならではの特性を維持しようとする苦労が偲ばれます。

余談ながら、式後に催された「大学生のわが子とコミュニケーションをとるポイント」というセミナーは、担当教授の話術の巧みさもあって、大変有益なものでした。

ec14040401
ec14040402
ec14040403
ec14040404
会場では、「瓜生山・春の顔見世」と題した教員の展覧会も催されており、目の保養になりました。

ec14040306
入学式途中までは好天で、鴨川沿いの桜並木が満開でしたが、残念ながら撮影の機会に恵まれませんでした。
止む無く、曇天を背景に咲き誇る自宅近くの桜を掲げて、この記事を終えます。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 入学式 芸術大学 奨学金

HKT48

hkt14031601
昨年6月より、恥ずかしながら年甲斐もなく、アイドルグループのHKT48に興味を持ち、少しずつ情報収集に勤しんでおります。

HKT48」は、福岡市を拠点に活動する女性アイドルグループで、有名な「AKB48」と同じく、作詞家として著名な秋元康氏が総合プロデューサーを務めて、2011年10月23日に誕生しました。
グループ名の「HKT」は、「博多」(HAKATA)から命名され、その名の通り、ホークスタウンモール2階に、専用の『HKT48劇場』を所有しています。

平成26年2月24日に「AKB48グループ編成替え」が実施された結果、2名が他グループへ移籍となり、他グループから1名が兼任扱いで在籍する事となりました。
今春より、正式メンバー40名が20人編成の2チームに分かれる予定です。
そして「研究生」として7名が、正式メンバーへの昇格へ向け日々精進しており、合計47名で構成される事になりました。
平成26年3月現在で12歳・小学6年生である2名を筆頭に、構成メンバーは中高生が中心で、最年長でも21歳、平均年齢が16.6歳(平成25年12月時点)と、若さ溢れる・元気で溌剌としたアイドルグループです。

hkt14032303
コンサートに赴いて声援を送ったり、握手会で直接激励したりする程、熱心なファンではないので恐縮至極ですが、このアイドルグループの持つ和気藹々としたアットホームな雰囲気と、彼女達の「余所者を歓迎する」博多人気質を目の当たりにすると、恰も「大家族」か「小中学校・高校を合わせた田舎の分校」の日常を見ている気がしてきて、思わず彼女達の父親目線で見守ってしまうのです。(娘の姿と被る事も、しばしばです。)

尤も、「祖父が指宿の出身で、親戚が博多在住である」という小職の、贔屓目が若干ある事を、お含み置き下さい。
喜怒哀楽を表現しつつ、日々成長していく彼女達を眺める事で、知らず知らずのうちに、精神的に癒され、明日への活力を授かっている自分に気がつきます。やれやれ、知らぬ間に小職も年老いてしまいました・・。

hkt14032201
hkt14032202
小職は専ら、「箱押し」(グループメンバー全員が好き)で、且つ「DD」(誰でも大好き=メンバー毎の好感度に差が無い)を心掛けていますが、「HKT48」に興味を持つ端緒となった「指原莉乃さん」だけは、心中で別格扱いになっています。

実は平成25年6月までは、全く「AKB48」に興味はありませんでした。
娘が軽音楽部バンドの課題曲として、AKB48の楽曲を演奏するのを何度も聴きましたし、小職が加入しているバンドのコンサートの打ち上げで、女性陣がAKB48の楽曲を歌うのを囃し立てた事も有りますが、楽曲の構成やアレンジには興味があったものの、「AKB48」のメンバーに対しては、関心を持つ事が無かったのです。

切っ掛けは、平成25年6月に行われた「選抜総選挙」のTV放送を、家族で見た事でした。
これは、次に発売されるシングル盤の楽曲を歌うメンバーを、ファンの投票によって選出するという催しだったのですが、偶然にも、指原莉乃さんが数々の記録を打ち立てて、1位になる瞬間を目撃しました。
そしてTVで放映された指原莉乃さんの来歴を見て、彼女の才能と人柄に興味を持ち、ネットで情報収集したのが、運の尽きでした。

hkt14031602
指原莉乃さんは2007年に「AKB48」のオーディションに「研究生」として合格、2008年3月1日にバックダンサーとして初舞台を踏み、 8月2日には「正規メンバー」に昇格、その後のシングルに3曲連続で選抜入りを果たしましたが、シングル選抜総選挙で結果振るわず、選抜落ちする経験もしています。

2010年には太田プロダクションへ移籍、2011年10月5日からは「笑っていいとも」水曜日レギュラーとして出演(2012年4月から月曜日レギュラー・2014年3月で放送終了)しました。

2012年5月から6月にかけて実施された「AKB48 27thシングル選抜総選挙」では4位に入り、選抜入りを果たしましたが、爾後6月16日未明放送のラジオ番組で、《過去に、元ファンの男性と交際していた》との週刊誌記事に関して、ファンや関係者に向けて謝罪する羽目になります。それを受け、プロデューサーの秋元康氏は、「HKT48」に移籍するように命じました。

sr14040401
2013年4月28日、「HKT48劇場支配人」を兼任することが発表されます。メンバーと劇場支配人との兼任はグループ史上初で、更に5月から6月にかけて実施された「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」では、史上最高の獲得票数 150,570票で1位を獲得し、初のセンターポジションに就いたのです。
「AKB48」の姉妹グループに所属するメンバーが、総選挙で1位を獲得するのも、史上初の快挙でした。

2014年1月11日より行われた「HKT48」のコンサートツアーでは、セットリストの考案も担当し、系列の異なるアイドルグループの楽曲を組み入れたり、日の目を浴びなかった「AKB48」の楽曲を採り上げたり、新加入メンバーの戦慄デビュー、人事異動のサプライズ発表等、数々の斬新で大胆なアイデアを取り入れて実行に移しており、その手腕は運営陣・ファン双方から、高く評価されています。

hkt14032203
小職が感銘を受けるのは、流刑の地で指原莉乃さんが腐らずに、一生懸命頑張った姿です。
生来の打たれ強さと、頭の回転の速さも素晴らしいですが、何よりも他人の特質を見出してプロデュースする才覚を生かして、個々のメンバーとグループ全体を引き立てようとする姿、常に周囲に目を配り、和を重んじ、いじめ行為を禁じつつ、巧みな話術で周囲に笑いと安心をもたらす姿、ファンに対する態度や立ち居振る舞いに対して厳しく接する姿に、感服致しました。メンバーからの景仰を一身に集めるのも、むべなるかなと感じます。

①ファンの事を第一に考えつつ、優しく労わる気持ちで接するという思考・態度。
②諦めず・向上心を保ちつつ・常に前向きに考えて行動する。
③自分の持つ経験と知識を惜しみなく後輩に授け、グループ全体として技量の底上げを図る。
これらは指原莉乃さんが率先して示した「指原イズム」ですが、チームメンバーが、それらを自然と学び・実践している姿を見ると、活性化している組織の力強さ・安定感を感じて、小職自身も、武者震いして奮い立ってきます。

hkt14032302
自らが引き起こした不祥事で左遷されながら、不屈の精神で功を成し名を上げて、故郷(大分県)に錦を飾り、且つ、元の職場へも特別待遇として凱旋できるなんて、何て素晴らしいシンデレラ・ストーリーなのでしょう!
逆境をバネとして再起を図る過程で、自らの才覚を存分に発揮し、上層部の信頼を勝ち得る姿は、不遇を託っている多くの働く人々に、勇気と希望を与えるものだと思います。

また指原莉乃さんは、自分より立場が上の年配者に対して、自分の能力を認知させる才能に長けており、相手の立場を尊重し、且つ、自身の立場をわきまえた上で、物怖じせず堂々と自分の意見を述べる事が出来ます。
こうして、多方面の業界に於いて、友人知己に留まらず、関係者の信頼とネットワークを勝ち取っていく指原莉乃さんの手法は、組織の中でマネジメントを担う人々の参考になる事、請け合いです。

hkt14031603
指原莉乃さんは、敢えて辛辣な表現で放言するキャラクターを演じる時があり、それで反感を買い、かてて加えて、過去のスキャンダルを許せない人も多く、巷間、指原莉乃さんを忌み嫌う人の罵詈雑言を良く見かけますが、それを意に介さず、逆に養分にして進んでいく彼女には、バラエティー・アイドルの枠では収まりきれない、無限の可能性を感じます。

嘗て、「ヘタレ」キャラを自他共に認めていた指原莉乃さんですが、実はその仮面の下に、強靭な精神力が備わっていた事が窺い知れます。
若干21歳ながら様々な挫折と幸運を経験した、指原莉乃さん率いる「HKT48」に注目しています。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : AKB48 HKT48 指原莉乃

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード