ドラム演奏を振り返る。

高校文化祭01
高校3年の文化祭が、小職の記念すべきステージデビューです。
但し、ドラムを人前で演奏するのは、高校2年の音楽授業での「楽器演奏発表会」が最初でした。
開演前、開演を催促する手拍子が起こったので、それに合わせてビートを刻むと、観客から喝采を浴びました。
あの時の高揚感は、今でも忘れる事が出来ません。

高校文化祭02
演奏内容は未熟で荒削りで、今聴くと赤面する事しきりですが、若さ故パワーだけはありました。
生来の"せっかち"な性格から、キープテンポが苦手で、どうしても走りがちになり、特にフィルインで顕著でした。
幸い手先は少々器用だったようで、連打や早いタム回し、ロールまがいの連続音(決してダブルストロークを早く出来ていた訳ではなく、誤魔化し技です。)を連発して、友人たちから「流石!上手い!」等と持て囃されて、恥ずかしくも「俺は結構上手いんだ!」と、天狗になっておりました。

浪人コンサート01
高校卒業後の浪人時代にも、ドラマーとしてコンサートに出演しました。
この時の会場が、ヤマハミュージックスクールに隣接していて、打ち合わせや練習等で赴く度に、パラディドルを一生懸命練習している講習生を目撃し、彼我の技術の差に愕然となりながらも、「俺も大学に合格したら、頑張って基礎からドラムを練習しよう!」と、密かに心に誓ったのでした。

浪人コンサート02
メロディック・タムを追加したり、タムの内側をニス塗りしたり、打面・裏面共にヘッドを交換したり、シンバルをグレードアップしたり、スタンド類を更新したりと、この時期が一番「ハード面」でドラムに詳しかった気がします。

drum13022601
演奏技術面では、基礎から練習していない者の哀れで、フィルインの際の手順が効率悪く、ダブルストロークは依然不確かなままで、キープテンポは漸く少しは出来るようになりましたが、未だ走り気味で、かてて加えて、音量コントロールが全く出来ていませんでした。
後刻、ドラムスクールで大勢の"天賦の才"を目の当たりにしてからは、「まず基本のマスターに注力し、その後オリジナリティを発揮する。」という考え方になりました。
(浪人時代に、楽器店のスタジオで練習する姿です。)

fujion12031301
学生時代には、ジャーニー等の洋楽ロック・ポップスのコピーバンド、歌の上手な女子高生をスカウトしたバンドでの、松田聖子・中森明菜・八神純子楽曲のカバー、カシオペア・高中正義・渡辺香津美等のヒュージョン物コピーバンド等を経験し、社会人になってからは、ロックやAORのコピーバンドで演奏しました。
(93年8月撮影。この頃はフュージョン傾倒の末期ですが、未だヤル気満々のドラム小僧といった風貌です。)

drum13022606
ヒュージョン物コピー時代は、自分たちの演奏を聴き返して、やれ、ここのユニゾンが合っていない、ここのフィルインのこの部分の手順が分からない、等と、完全コピーを前提にした、テクニック面ばかりを追い求めていました。
今考えると、技量も無いのに、よくもこんな事を言っていたものだと、赤面する事しきりですが、少なくとも、自分の演奏録音を耳にはしていました。
(フュージョン・ポップス・ロック用のセッティングです。80年代前半~90年代前半の、典型的スタイルでした。)

drum13022602
高校1年の時にバンドのキーボーディストに神戸の有名JAZZライヴハウス"ソネ"を紹介してもらい、600円のアイスコーヒー1杯で、延々3時間ほど粘って生演奏を聴き続けて以来、4beatの虜になり、大学合格後、早速ヤマハ音楽教室の門を叩き、当然の事ながら、"ソネ"の初代ドラマーでレギュラーカルテットを受け持っていた、K先生を担任に指名したのでした。
それからの4年間、隔週水曜日にK先生に師事してパラディドルと4Beatを一生懸命練習する日々が続きました。
最初はテンポキープも覚束なく、スネアやバスドラのタイム感がバラバラで、ハイハットの2拍4拍が乱れたりしましたが、2~3年続けているうちに、漸く体の中でウラのウラBeatを感じるコツを体得し、基本リズムとテンポは乱れなくなりました。
("合歓の里"で合宿した際のショットです。ナチュラルのタムが、いかにもJAZZ・FUSIONっぽいですね。)

drum13022607
drum13022603
大学3回生の時に、別の大学のクリスマスパーティで、人前で初めてJAZZ演奏をクインテットで披露する機会があり、そこで女性陣の羨望の眼差しを浴びて以来、JAZZドラム演奏に夢中になり、社会人になってもクインテットやカルテットで活動を続け、メンバーの転勤で演奏活動が滞る10年程前迄、現役のJAZZドラマーでした。
社会人になって10年ほど経た頃、JAZZシーンに於けるアフリカ音楽の影響を知り、ポリリズム等を勉強するうちに"頭でっかち"となって、「ソロ・インプロヴィゼーションは瞬間芸術だ。」という高貴な?思考に囚われ、「相手の抑揚に合わせて自分も抑揚を繰り返せば良い。」と勝手に納得し、自身の演奏を省みる事が皆無となりました。
そしてその態度を、「アーティスティックだ。」とさえ感じていたのです。恥ずかしい限りです。
(横浜でのスタジオ練習時のショットです。前日の深酒が祟った寝癖髪が、恥ずかしいです。)

jazz12031301
社会人となって以降20年以上に亘って、連絡を取り合ってはJAZZ演奏メンバーで集い、カルテットやクインテット、時にはセクステット等の構成で、各所のライブハウスで演奏を披露しました。
年月を経て、働く者の宿命で仕事関係の諸事情(職責が重くなり自由時間が減る・転勤を強いられる・配置転換や出向に遭う)から、参集・練習機会が無くなり、悶々とする日々を過ごしていたところに、洋楽コピーバンドにピアノ担当として加わらないかとのお誘いを頂き、二つ返事で飛びついたのでした。
(画像は、伊丹市のライブハウス「STAGE」でのライブの様子です。)

drum13022605
程無くして、とある天才少女のオリジナル曲と出会い、大変なショックを受けると同時に、この素晴らしい楽曲を自分なりにアレンジしてみたいという衝動に駆られたのが、全ての始まりでした。
ドラム演奏に対する興味が薄れ、鍵盤楽器演奏・各楽器の音色/構成追求へと傾倒していきました。
そして、このリズム楽器からメロディー楽器への転換が、小職の音楽に対する考え方を大きく広げる事に繋がったのです。
(神戸のJAZZバー・Y店での貸切ライブ時の画像です。)
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : ドラム 演奏 ピアノ

誕生日お祝い

bd13092201
本日、家族が小職の誕生日お祝い会を催してくれました。
愚息が寮生活の為、帰省中に行おうという事になり、この日になった由。
ケーキは小職が選択権を与えられましたので、フーケのチョコレートケーキを選びました。
蝋燭は5本です。小職の年齢が推し量られる瞬間です。

bd13092202
我が家の誕生日お祝い会では、使用した蝋燭を完全燃焼させるのが習わしとなっており、小職が担当してきましたが、近年は愚息が取り仕切るようになりました。時の流れを感じます。

bd13092203
家族からプレゼントを貰いました。今年から愚息も個別にプレゼントを用意してくれていたので、3つ揃いました。
妻からはネクタイ(左)・愚息からはハンカチ(中央下)・娘からはステッカー(中央上と右)でした。

bd13092204
例年通り、妻が子供達との記念写真を撮ってくれました。
素晴らしい家族を持った小職は、果報者です。
これからも、家族の為に一生懸命働くことを誓います!

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 誕生日

シトロエンDSカラーコード。

BLEU D'ORIENT AC 616 (1965-67, 72-73)

dsac10121401
dsac10121402
dsac10121403
「オリエント(Orient)」は「東洋」の訳語にあたり、その語源はラテン語で「日が昇る方角」を意味するオリエンス(Oriens)です。
「東洋」はトルコから東のアジア全域を指す場合があるので、絹・綿製品等のシルクロードの交易品と、インド洋・太平洋の青々としたイメージを掛け合わせたものと推測されます。

dsac10121409
dsac10121406
dsac10121404
灰色のフロントウインドー・ラバーシール、フルサイズのホイルキャップから、1965~1967モデルイヤーのDS19かDS21と思われます。

dsac10121405
右側が上掲3枚の画像と同じDS19です。
左側は黒色のフロントウインドー・ラバーシール、ハーフサイズのホイルキャップ、白色顔料を混ぜる方法で着色された屋根、等からIDと判断しますが、車体色はAC616ではないと思われます。

dsac10121410
灰色のフロントウインドー・ラバーシール、フルサイズのホイルキャップから、1965~1967モデルイヤーのDS19かDS21と思われます。
1970モデルイヤーまでのDSのルーフパネルの色は、ボディと同色か、21色から選択可能なボディと対照的な色のどちらかを、選択できました。この場合は、AC141・GrisArgent(metallic)を選んでいます。

dsac11033003
フルサイズのホイルキャップ、ステアリングコラムにあるハイドロシフトレバー、トランクリッドの金色のグレードバッジ、1972モデルイヤーからの埋め込み型ドアハンドル、等から、1972モデルイヤー・DS21と判断できます。
1971モデルイヤー以降、DSの屋根色は全車ボディカラーと同色になりました。

dsac10121407
フロントフェンダー・前後ドア・リアフェンダーに取りつけられたステンレス製のプロテクションモール、フロントフェンダー・前後ドア・リアフェンダーの上下縁に取りつけられたステンレス製トリム、溝の無いバフ仕上げアルマイト製のB/Cピラートリムパネル、Cピラーパネルに付けられた四角のプレートに刻まれたPallasの文字、埋め込み型ドアハンドル、等から、1973モデルイヤーのDS20かDS23かDS23IEのpallasであると推測します。
この車は小径・幅広のタイヤ・ホイールを履いており、リアフェンダー下部をカットしています。
フェンダーに取りつけられた、伸び縮みするアンテナはオプションです。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン DS CITROEN

アコスティック・ギター

apx-813072201
【YAMAHA アコスティック・ギター APX-8】
発売月:1987年10月 販売終了年:1994年 発売時価格:80,000円
表板:スプルース 裏板:アガチス 側板:アガチス 棹:マホガニー
指板:パリサンドル 下駒:パリサンドル
弦長:651 ピックアップ:SYSTEM-15
電源:9V乾電池S-006P カラー:ブラックバースト

ag13071501
ドラムやキーボード演奏の合間に、フレッシャー社のエレキ・ギターをつま弾く時もありましたが、自分のギターの原点はアコスティック・ギターであることに気づき、将来を見越して、ピックアップを内蔵し、PA通して他の電気楽器と共演出来るタイプを購入しました。
当時、一世を風靡していた「長淵剛」モデルです。24フレット部分までカットされたボディが恰好良くて、深く考えずに購入しましたが、後にバンドリーダーから酷評されるとは、この時は夢にも思いませんでした。

ag13071502
ag13071503
各所に散りばめられた装飾にも、特に違和感を覚えず使用しています。
弦を緩めずに長年放置していたので、ロッドテンションが若干狂っており、カポタスト装着しての演奏時には、チューニングの是正が必要です。機会を見て、調整したいのですが・・。

ag13071504
購入後暫くはYAMAHA社の弦を使用していましたが、ライブで弾く機会が発生して以降は、マーティン社製の弦に替えました。ハードに弾いた時の鳴りと、1~6弦の音色バランスに、一日の長があるように感じています。マイク乗りも良いと思います。太過ぎず、繊細過ぎず、丸い乾いたカントリーサウンドが、耳に心地よいです。
JAZZに夢中だった頃は、ギターケースごと押入れに入れっ放しでしたので、全体的に変色してしまいました。

ag13071505
トレブル・ベース・ミックスの3個のトーンつまみ、ステレオ・モノラル切り替え&バッテリー・チェックSWが、側板に取り付けられています。3個のトーンつまみは、押すと円柱状のノブが飛び出しますので、それを回して調整します。

ag13071506
ボリューム・コントロールつまみは、独立した位置にあります。
個人練習でアンプに繋いでいる場合は、チューニング時に出力をゼロにして、小型チューナーのマイクで実音を拾っていましたが、スタジオ練習時やライブステージでは、他の音が混じってチューナーが機能しなくなりました。
止む無く、出力ケーブル中間にチューナーを設置して、チューニング時には、PA側への出力音量をミュートする方式にしました。
ピックアップを取り付けていないアコスティック・ギターでは、ある程度の人数でアンサンブルする場合、周囲の音が大きいので、スタジオやステージでのチューニングの際には、苦労すると思います。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : アコスティック・ギター 演奏

シトロエンDSカラーコード。

BLEU DE PROVENCE AC 612 (1963-64)

dsac10120902
dsac10120903
dsac10120904
プロヴァンス地方(la Provence)とは、フランス南東部、ローヌ川下流からイタリア国境にかけての地中海に面する地域を指します。
一年を通して温暖で、明るい太陽の光に満ち溢れたこの地方は、近代美術の3人の父、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌをはじめ、多くの芸術家に多大な影響を及ぼしました。
アロマ・ハーブやラベンダーの栽培も盛んで、ラベンダー薄紫と空色を掛けあわせた色を、「プロバンス・ブルー」と呼んでいるようです。

dsac10120908
dsac10120909
黒色ノフロントウインドー・ラバーシール、ハーフサイズのホイルキャップ、トランクリッドの銀色のダブルシェブロン、焦げ茶色でメッキ縁取りの無いリアウインカー・ハウジング、等から、1963~1964モデルイヤーID19と推察されます。
1961年9月から白顔料着色による屋根になりましたが、やや黄色っぽく見えます。
ワイパーが平行作動式になるのは、1965モデルイヤーからです。
dsac13071010
ACコード採用年式から察するに、内装生地はIDリュクス用の「ノーティラス・Nautilus」と思われます。
IDモデルの特徴である、白いプラスティック製のドアハンドルとウインドーレギュレターに注意して下さい。

dsac13071009
dsac10120911
DS用のフルサイズホイルキャップを付けていますが、黒色ノフロントウインドー・ラバーシール、トランクリッドの銀色のダブルシェブロン、ダッシュボードの上縁形状、コラムシフトレバー、白色のハンドルグリップ・テープ(DSは1959年9月より黒色)等から、1963~1964モデルイヤーID19と推察されます。
屋根の塗装はノンオリジナルで、本来は白顔料着色です。ドアミラーは後年のタイプを取り付けています。
本来IDシリーズであれば、リアウインカー・ハウジングは、黒に近い濃い茶色のプラスティック製ですが、当該車両ではステンレス製になっています。
リア・ナンバープレート横に貼付された「B」の国際標識から判断しますと、この車はベルギー人所有ですので、正規に輸入されたベルギー輸出仕様車だとすれば、IDシリーズでありながら、このステンレス製リアウインカー・ハウジングがオリジナルとなります。

dsac13071011
ACコード採用年式と後部座席の位置から察するに、1963~1964モデルイヤー・ID19ブレークと判断します。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン DS CITROEN

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード