高校生活最後の学園祭

gakuennsai130422
5月に娘の高校で学園祭があり、高3の娘としては、軽音楽部と生徒会に所属して迎える最後の機会となります。
6月には両方とも引退して、進学の為に勉学に励む高校生活を残すのみです。

正に"最後の青春時代"を精一杯楽しんでいる娘を見ていて、6月の文化祭終了後、覇気を失い、だらだらと過ごしてしまった高校3年生の自分を思い出し、思わず「残された高校生活を、大事に楽しく過ごしてね。」と、声掛けしてしまいました。

青春している我が子を羨みつつ、寮から一時帰宅する息子を連れ、家族全員で娘の晴れ姿を観に行って参ります。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 軽音楽部 学園祭

モンブラン・シトロエンSM。24

MONTBLANC SM 10062101
MONTBLANC SM 10062101
Jouets Mont-Blanc社製の1/12・プラスティック製ボディ・シャーシーを持つ、シトロエンSMの珍しい無線リモコン仕様・中期型です。
塗装されたボディ・青色ウインドウ仕様です。着色ウインドウでも、ワイパーがモールドされている事に注意して下さい。

MONTBLANC SM 10062106
初期型車体では車体本体に立体的にモールドされ、銀塗装されていたヘッドライトですが、中期型車体~後期型車体では、ヘッドライトの表現がブリキ板に印刷したものになります。

MONTBLANC SM 10062107
車体後部の状況です。黒地に旧タイプ”SM”のロゴが銀文字で描かれたナンバープレートと、ハッチバックパネル(この場合は青色)が印刷されたブリキ板がカシメ止めされています。

MONTBLANC SM 10062103
MONTBLANC SM 10062108
内装は、ドア内張り・ダッシュボード(メーターパネルを印刷したブリキ板を取り付け。)・運転席の座席のみ取り付けられており、助手席部分はバッテリーキット?を組み込む為のスペースに充てられており、長細い立方体状の突起物になっています。

MONTBLANC SM 10062104
裏板にモンブラン社のマーク等のモールドは無く、バッテリーケース?用の蓋と、マニュアル・オートの切り替えスイッチが目立ちます。

MONTBLANC SM 10062105
内装が省略されている為、リアウインドウから駆動機構が良く見えます。
左下の穴から本来受信アンテナが伸びているのですが、このモデルでは失われています。

MONTBLANC SM 10062109
リモコン部分は驚く無かれ、日本の学研製でした。
日本の技術力が認知されてきた時代の産物である事を、物語ります。
本来は左上の穴から、送信アンテナが伸びています。

MONTBLANC SM 10062100
シトロエン・ミニチュアカー大辞典」に掲載の写真です。
送信・受信アンテナの構造と取り付け位置がよく分かります。リモコン本体は赤色バージョンがあった模様です。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : JouetsMont-Blanc モンブラン シトロエン CITROEN SM

シトロエンDSカラーコード。

VERT JURA AC 509 (1967)
dsac10120205
ジュラ山脈(Massif du Jura)は、アルプスの西端をなすスイス・アルプスより北に位置する山脈で、スイス・アルプスとの谷合いにスイス高原を形成しています。
古来よりジュラ山脈は、フランス地方とスイス・イタリア地方の地理的・文化的な境界の一つ、として機能してきてきました。現在では、フランスとスイスの国境をなしています。
dsac10120206
このジュラ山脈に繁茂する暗緑色の松葉の色を、イメージしたものと考えられます。

DSAC10092901
DSAC10092902
黒色のフロントウインドーのラバーシール、ハーフサイズのホイルキャップから、1985cc・84bhpエンジンを搭載したID19Bと推察されます。従ってDSpallas用のマーシャル製補助ヘッドランプは、ノンオリジナルです。
IDでは、助手席ドア内側にアームレストはありませんが、ドアポケットがあります。

DSAC10092903
DSAC10092904
DS用の灰色のフロントウインドーのラバーシール、DSpallas用の①マーシャル製補助ヘッドランプ②ホイルキャップ③ステンレス製のプロテクションモール④バフ仕上げのCピラー・トリム⑤ドアとフェンダーの上下に付くステンレス製トリム、が確認出来ますから、DS19pallasと考えられます。
ハイドロシフトノブが確認できない事から、DSのマニュアルギアボックス版”DW”か、若しかしたらID19BをDSpallas風にモディファイした車かもしれません。

dsac10120204
DSAC10092905
トランクリッドのダブルシェブロンが銀色である事と、Cピラーのアルミ製パネルがDSよりも細かい横溝仕様となっているので、ID19Bと推察されます。
ドイツ輸出仕様ですので、ステンレス製のウインカー・ハウジングとなります。
フェンダーに取り付けた砲弾型ミラーは、勿論ノンオリジナルですが、何だかカッコ良いです。
オレンジ色のフロントウインカー・カバーも、後から塗装されたと考えます。

dsac13041802
DSpallas用のマーシャル製補助ヘッドランプを取り付けていますが、黒色のフロントウインドーのラバーシール、ハーフサイズのホイルキャップから、ID19Bと判断します。
ステンレス製のウインカー・ハウジングですから、輸出仕様IDです。

dsac13041803
DSpallas用のマーシャル製補助ヘッドランプを取り付けていますが、黒色のフロントウインドーのラバーシール・ハーフサイズのホイルキャップ・後部座席の位置・等から、ID19Breakと判断します。

VERT OLIVE AC 510 (1962-63)
dsac10120207
dsac10120208
オリーブ(学名:Olea europaea)はモクセイ科の植物で、果実がオリーブ・オイルやピクルスを作るときに利用されています。
地中海地方が原産とされ、葉が小さくて硬く、比較的乾燥に強いことから、スペインやイタリアなどの地中海地域で広く栽培されています。

DSAC10092907
ホイールを見ると極小ホイルキャップの最初期型IDの物になっていますが、フロントフェンダーに排熱グリルを備えている事(1959年9月~1962年9月のDSモデルのみ採用。)、灰色のフロントウインドーのラバーシール、等から1962モデルイヤーDS19と推察されます。
最初期ID用ホイールは、オーナーの好みでレストア品を取り付けたのでしょう。流石、良いセンスです。

DSAC10092906
黒色のフロントウインドーのラバーシール、ハーフサイズのホイルキャップから、ID19と推察されます。
こちらは1963モデルイヤー車で、フロントデザインがフェイスリフトを受け、フロントエプロンやバンパーの形状が変わり、ラバー製オーバーライダーも追加されました。良く見ると、ヘッドランプ下には通気孔があります。
この車は、吊り下げ式ルーム・ミラーを備えていますが、ノンオリジナルです。
ワイパーが平行式となるのは、1964年9月の1965モデルイヤーからです。

dsac13041805
黒色のフロントウインドーのラバーシール、ハーフサイズのホイルキャップから、ID19と推察されます。
こちらも1963モデルイヤー車で、フロントデザインがフェイスリフトを受け、フロントエプロンやバンパーの形状が変わり、ラバー製オーバーライダーも追加されました。
見難いですが、ダッシュボードから生えている黒色の物体が、オリジナルのルーム・ミラーです。

dsac13041804
トランクリッドの銀色のダブルシェブロン・縁取りメッキの付かない、黒に近い茶色のプラスティック製リアウインカー・ハウジング・ハーフサイズのホイルキャップ・1961年9月からの、ホワイト顔料着色になったルーフ・1958年10月~1962年1月に生産されたIDのみに付く、Bピラーのパーキングランプ等から、1962モデルイヤーID19と判断します。
トランクリッドに付いているトランクフード・ロックのプッシュボタンに把手が付くのは、1960年9月の1961モデルイヤー以降です。
"白光り"しているアルミ製バンパーですが、DSと同じステンレス製に変わるのは、1962年9月の1963モデルイヤー以降です。

dsac13041801
灰色のフロントウインドーのラバーシール・フロントバンパー下のメッキトリム・ステンレス製の短いリアウインカーハウジング・等から、1962モデルイヤーDS19と推察されます。
Robergel社製の"ワイアースポーク風"ホイール・Robri社製サイドプロテクションモールを、装着しています。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : CITROEN DS シトロエン

モンブラン・シトロエンGS。60

MONTBLANC GS 10070601
Jouets Mont-Blanc社製1/12・シトロエンGS・有線リモコン仕様・青色車体POLICE・初期型車体・透明窓・内装付き・赤色回転灯です。フロントウインドウに、モンブラン社・社章(後期型)が貼付されています。

MONTBLANC GS 10070602
MONTBLANC GS 10070603
「青色車体POLICE」には、現状では以下のバリエーションがあることになります。

①駆動形態(フリー走行・フリクション)
②窓の色(透明・緑色透明・空色不透明)
③回転灯の形状と色(台座部分金属金具の有無・赤色と青色)

「青色車体POLICE」でメッキパーツが白色となった後期型車体は、確認されていませんし、「白色車体POLICE」に使用されている青色透明窓が、「青色車体POLICE」に展開された事例も確認できていません。

MONTBLANC GS 10070604
MONTBLANC GS 10070605
MONTBLANC GS 10070608
透明窓の場合は、運転席と助手席の窓が開いた状態で再現されています。
青色POLICE仕様の箱は、一般車両・有線リモコン仕様の箱に使われている、アイボリーGSの実車写真の背景色を変え、車体の上から青色インクを塗りたくり、赤色灯のイラストを付け足したという簡易バージョンです。

MONTBLANC GS 10070606
MONTBLANC GS 10070607
MONTBLANC GS 10070612
メッキパーツの初期型車体の多くのモデルに後部の針金製アンテナが確認できることから、メッキパーツの初期型車体では、全てアンテナが標準装備されていた事がわかります。
従って、当該モデルのように初期型車体でアンテナが無い個体は、失われたと判断できます。

MONTBLANC GS 10070609
屋根上にある赤色回転灯ですが、台座金属パーツが付いていないバージョンになります。
フロントウインドーにモールドされたワイパーとルームミラー、貼付されたモンブラン社社章ステッカーに注意して下さい。
画像では見えませんが、後部座席には駆動ギアとの干渉を避けるための、大きな凸型出っ張りがあります。

MONTBLANC GS 10070610
当然ながらダッシュボードのメーターパネルには、ボビンメーターが再現されています。
赤・緑・白・銀・黒の色使いで、結構スパルタンに纏まっていると思います。

MONTBLANC GS 10070611
裏面です。中央に「モンブラン社社章と社名・製造国フランス」が打刻されており、フリクション仕様では後方に存在する「-GS- BY CITROEN 」の打刻が、リモコン仕様では金具留め金穴の関係で、前方に移されています。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : JouetsMont-Blanc モンブラン シトロエン GS CITROEN

シトロエンDSカラーコード。

VERT MELEZE AC 507 (1960-61)
dsac10120118
dsac10120119
MELEZE・カラマツ(唐松、落葉松、学名:Larix kaempferi)は、裸子植物門マツ亜門マツ綱マツ科カラマツ属に属する植物です。葉はマツより短めの針葉で、20~40本が束状に生えます。
落葉樹ですので、新緑や紅葉(黄葉)がきれいで、特に紅葉は人気がありますが、他の木よりその時期は遅いのが特徴です。当然、新緑の時期の色をイメージしたものと考えられます。

DSAC10092805
DSAC10092808
黒色のフロントウインドー・ラバーシール、ハーフサイズのホイルキャップから、ID19と推察されます。
バンパー下のフロントエプロンは、両脇がボディと同色の塗装仕上げとなっているはずです。(1957年5月以降)
当該車は、フロントエプロン最上部にメッキトリムが付いているのですが、これはDS用でノンオリジナルです。
なおDSは、1959年9月~1962年9月にフロントフェンダー上に排熱グリルを設けましたが、IDには存在しませんでした。

DSAC10092806
DSAC10092807
黒色のフロントウインドー・ラバーシール、ハーフサイズのホイルキャップから、ID19ブレークと推察されます。
マーシャル製補助ヘッドランプはディーラー・アクセサリーです。

DSAC10092809
dsac10120120
黒色のフロントウインドー・ラバーシール、ハーフサイズのホイルキャップから、ID19と推察されます。
Robri製サイドプロテクションモール、GH社のアルミボンネット・オーナメントを装着しています。
マーシャル製補助ヘッドランプはディーラー・アクセサリーです。
当該車のように、フロントエプロン最上部にメッキトリムが無いのが、IDの本来の姿です。

dsac10120121
ハイドロシフトノブ、灰色のフロントウインドー・ラバーシール、フロントフェンダー上の排熱グリル、等から、DS19と推察されます。マーシャル製補助ヘッドランプはディーラー・アクセサリーです。
当該車のように、フロントエプロン最上部にメッキトリムが有るのがDSです。
ワイパーが平行式になるのは、1964年9月からです。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン DS CITROEN

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード