シトロエンDSカラーコード。

ROUGE CORNALINE AC 419 (1966~67,1969)
dsac10112606
カーネリアン(carnelian)は鉱物の一種で、水晶やブラッドストーンと同じ種類の鉱物です。
玉髄という鉱物の中で赤色や橙色をしており、網目模様がないものを指すため、紅玉髄(べにぎょくずい)ともいいます。

DSAC10062201
グレーのフロントウインドー・ラバーシール、フルサイズのホイルキャップ、メッキトリムの付いたフロントウインカー・ハウジングから、1966~67モデルイヤーDS19か21であると判断できます。
補助ヘッドランプ、pallas用サイドプロテクターを装備してpallasを装っていますが、ボディ最下部のモールが無く、pallasであればフロントウインカーのメッキトリムが輪郭がもっと明確になるはずであること等から、pallas仕様DSと判断します。

DSAC10062202
DSAC10062203
グレーのフロントウインドー・ラバーシール、pallas専用部品(①ホイルキャップ②メッキトリムの輪郭が明確なフロントウインカー・ハウジング③補助ヘッドランプ④サイドプロテクター⑤ドア上部とリアフェンダー上部とボディ最下部のモール⑥メッキトリムの付いたテールランプ⑦トランクリッドの金色ダブルシェブロン)等から、1966~67モデルイヤーDS21のpallasと判断します。

dsac12120402
DSAC10062204
pallas専用部品(①ホイルキャップ②サイドプロテクター③ドア上部とリアフェンダー上部とボディ最下部のモール④メッキトリムの付いたテールランプ⑤トランクリッドの金色ダブルシェブロン⑥バフ仕上げのCピラー・トリムパネル)等から、1966~67モデルイヤーDS21のpallasと判断します。
サイドプロテクターから下を黒塗装しているのは、ノンオリジナル。
ストップランプがオレンジ色なので、ベルギー向けモデルです。

DSAC10062205
DSAC10062206
pallas専用部品(①ホイルキャップ②サイドプロテクター③ドア上部とリアフェンダー上部とボディ最下部のモール④メッキトリムの付いたテールランプ⑤トランクリッドの金色ダブルシェブロン⑥バフ仕上げのCピラー・トリムパネル)とフェイスリフトされたフロントノーズ等から、1969モデルイヤーDS20か21のpallasと判断します。
ボンネットにGH社製オーナメントを取り付けていますが、逆にトランクリッドのグレードバッジが失われています。テールランプは、1972モデルイヤーからの角ばった後期型に換えられています。
サイドプロテクター(リフレクター部分は除く)とボディ下部のモールが、黒塗装(?)されています。
左側リアフェンダーのみ塗装の濃淡が異なり、リフレクターも新しいので、修理・再塗装したものと推察されます。

DSAC10062207
DSAC10062208
グレーのフロントウインドー・ラバーシール、フルサイズのホイルキャップ、メッキトリムの付いたフロントウインカー・ハウジング、黒色のステアリングホイールテープ等から、1966~67モデルイヤーDS19か21であると判断できます。
pallas仕様ばかり見慣れてくると、オリジナルのDSを見た時、その造形の美しさにハッとする事があります。

dsac12120401
左がRougeCornaline(AC419)の1966~67モデルイヤーDS19かDS21、右がBordeaux(AC421)の1967モデルイヤーDS19かDS21のpallasです。並べてみると、差が一目瞭然です。

DSAC10062209
同色(AC419)のAMI6ブレークです。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン CITROEN DS

クリスマス・ケーキ

xmascake12122401
我が家では、各自の誕生日とクリスマスイヴは、必ず4人参集して、ディナーとケーキを食する風習になっています。

誕生日では恒例の「ハッピバースデー・ソングの唱和と蝋燭吹き消し」も、地道に19年間続けてきました。
小職がギター弾き語りをした時に、娘が落涙して感謝してくれたのが目に焼き付いています。

本年度のクリスマスケーキは、神戸の御影高杉製でした。美味でございました。
子供達も成長した本年は、娘と息子が帰宅するのを待って、ケーキだけ家族全員で食べました。

帰宅した娘がしみじみと、「家族って良いなあ。」と呟いたのが印象的でした。
心の拠り所として、「帰る家」が在ることの大切さを痛感します。

全ての家庭に、離れ離れになった親子に、子供を亡くした親に、親を亡くした子供に、神様・仏様の御加護がありますように。そして、暖かいクリスマスが訪れますように。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : クリスマスケーキ

シトロエンDSカラーコード。

BRUN AUROCHS AC 412 (1963)
dsac10112604
オーロックス (Bos primigenius ) はウシ科ウシ属に属するウシの一種です。家畜牛の祖先であり、子孫であるコブ無し系家畜牛やコブウシは全世界で飼育されていますが、野生種としてのオーロックスは17世紀に絶滅しました。

dsac12112001
dsac12112002
フルサイズのDS用ホイルキャップを取り付けていますが、黒色のフロントウインドー・ラバーシール、メッキトリムの無いフロントウインカー・レンズ、白色のハンドルテープ(IDのハンドルに巻かれるテープが、DSと共通の黒色になるのは、1964年9月の1965モデルイヤーから。)、縁取りメッキの無い焦げ茶色のリアウインカー・ハウジング、トランクリッドの銀色ダブルシェブロン、等から、ID19と判断できます。

DSAC208
DSAC209
DSAC210
黒色のフロントウインドー・ラバーシール、白色のハンドルテープ(IDのハンドルに巻かれるテープが、DSと共通の黒色になるのは、1964年9月の1965モデルイヤーから。)、縁取りメッキの無い焦げ茶色のリアウインカー・ハウジング、トランクリッドの銀色ダブルシェブロン等から、ID19と判断できます。
マーシャル製の補助ランプを装備しています。リアフェンダーが延長・成形されてリフレクターが埋め込まれるのは、1959年9月からです。

dsac12112003
黒色のフロントウインドー・ラバーシール、白色のハンドルテープ(IDのハンドルに巻かれるテープが、DSと共通の黒色になるのは、1964年9月の1965モデルイヤーから。)、等から、ID19と判断できます。
レストア途上でしょうか。ボディサイドのプロテクターは、社外品アクセサリーです。
か細いミシュランタイヤを標準装着した、当時の仏車の風情を漂わせています。

BRUN ISARD AC 414 (1964-65)
dsac10112605
ISARD・シャモア(Rupicapra rupicapra)は、哺乳綱偶蹄目ウシ科シャモア属に分類される偶蹄類です。

DSAC211
DSAC212
黒色のフロントウインドー・ラバーシール、ハーフサイズのホイルキャップ、トランクリッドの銀色ダブルシェブロン等から、ID19と判断できます。
黒色のハンドルテープから、このIDが1965モデルイヤーと知れます。IDのハンドルに巻かれるテープが、それまでの白色からDSと共通の黒色になるのは、1964年9月の1965モデルイヤーからです。
テールランプも、メッキのラインが入ったDSpallas用に交換されています。
ステンレス製のリアウインカー・ハイジングから、この車がヨーロッパ市場向け輸出車であると分かります。
メッキトリムの入ったフロント・ウインカーレンズも、輸出仕様では標準だったと思われます。

DSAC213
DSAC214
DSAC215
黒色のフロントウインドー・ラバーシール、ハーフサイズのホイルキャップ、トランクリッドの銀色ダブルシェブロン等から、ID19と判断できます。マーシャル製の補助ランプと、Robri社製サイドプロテクションモールを装備しています。
黒色のハンドルテープから、このIDが1965モデルイヤーと知れます。IDのハンドルに巻かれるテープが、それまでの白色からDSと共通の黒色になるのは、1964年9月の1965モデルイヤーからです。
焦げ茶色のリアウインカー・ハウジングから、この車がフランス国内向け車両と知れます。
1965モデルイヤーから、IDモデルのフロントウインカー・レンズが、DSと共通のメッキトリムの入ったタイプになった可能性があります。

dsac12112004
dsac12112005
dsac12112006
黒色のフロントウインドー・ラバーシール、ハーフサイズのホイルキャップ、黒色のハンドルテープ、リアシートの位置、等から、1965モデルイヤーID21Breakと判断できます。
画像ではよく判りませんが、1968年8月以前の生産車は、ルーフが2トーンの仕上げになっていて、ルーフ前端からルーフラック取り付け金具の幅でルーフラック後端に至る、ルーフが窪んで凹凸の付いた部分が、GrisPalombe(AC145)で塗られ、周囲がGrisRose(AC136)塗装となっていました。
1968年9月以降の生産車は、ルーフ全体がGrisRose(AC136)塗装となっています。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン DS CITROEN

出張

tk12121202
12/12は名古屋・東京出張でした。
寒い一日でしたが、好天に恵まれ、車窓から富士山を拝むことが出来ました。
雄大で美しい富士山の姿を見ていると、日本男児に生まれたことを誇りに思います。

tk12121204
tk12121206
tk12121205
tk12121203
東京駅では、改装成った駅舎を丸の内側から激写。完全に"おのぼりさん"でした。

tk12121208
tk12121207
顧客近所で発見した、見るからに昭和風佇まいの喫茶軽食所「桃乳舎」に立ち寄り、時間調整しました。

tk12121209
メニュー紹介ウインドウも、懐かしさ溢れるデザインです。

tk12121210
内部も、いかにも"昭和"といった調度品で構成され、ヤニで煤けた壁面や天井やクーラー(!)が、使い込まれた物だけが醸し出す"威厳"を備えています。

tk12121211
昭和20年代後半から30年代前半に撮影したと思しき、セピア色の写真等が掲げられていました。

tk12121212
既に夕刻だったのですが、ランチも出来るとの事。注文すると、サラダがご覧の量でビックリしました。
これで¥480-なり。東京で、この価格とボリュームの"軽食"にありつけた事に感謝します。

tk12121213
食後に頼んだコーヒーも、同道した会社の大先輩が思わず「懐かしい味や。」と唸るほどで、当時の味を頑なに守っているように思われました。
あっさりした、アメリカンのような味付けに、小職は不甲斐なくも、高校時代に友人とドキドキしながら入店した「ノーパン喫茶」で飲んだ、一杯¥1,500-のコーヒーを思い出していました。
嗚呼!昭和は遠くなりにけり・・。

tk12121214
tk12121215
メニューを眺めながら大先輩が、「次は、カレーを味わいたい。」と仰るので、ハンバーグを食したいと思った小職は、次回の出張に連れて行って頂けるよう、特にお願いしました。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 富士山 昭和 喫茶 軽食

結婚記念日

20th12120601
昨日は、19回目の結婚記念日でした。
懲りもせずに続けてきたキャンドル点灯も、残り6回です。
子供達からは拍手喝采を受けました。

長かったような、短かったような、色々と喜怒哀楽の続いた19年でした。

男は、仕事で身を立ててナンボ、
漢は、妻を娶り・子を授かったならば、家族を養ってナンボ、
という気概で、一生懸命やってきたつもりですが、
ここまでの人生、自分の思い通りになんてなりませんでした。

20年目に突入した結婚生活にも、更に色々な出来事が待ち受けているでしょうが、
常に他人から「リア充だね。」と言われるような、悔いの無い生活をしていきたいです。

妻と娘と息子に感謝します。
全ての家庭で団欒が続きますように。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード