GS+9

GS+9】
gs+912092501
フランスに於けるシトロエンGSの中古車販売を向上させるキャンペーンの一環として、1978年に中古のGSに魅力的なパーツを工場にて装着し、「GS・+(plus)9」として「6ヶ月・走行距離無制限」の保証を付けて再販売しました。

gs+912092502
1:ブレーキパッド、バッテリー、ワイパーゴムは新品に交換。バッテリーは強化型に。

gs+912092503
2:ハニカムグリルから、1978モデルイヤー用の横桟グリルに換装。

gs+912092504
3:リムはアルミ製となり、ホイール共々シルバー塗装。

gs+912092505
4:専用のG-sportsハブキャップを装着。

5:排気管をクロムメッキ処理。

6:カリフォルニア・タイプのブラックマットを装備。

gs+912092506
7:前席と後部座席には新しいシートカバーを装着。

8:新しいシフトブーツを装着。

gs+912092507
9:専用のフラットブラック塗装仕上げ、スポーツタイプ・ドアミラーとサイドプロテクターを装備。

gs+912092508
尚、フロントフェンダーに白色で「GS+9」のロゴステッカーが、貼付されていました。

plus9002
plus9003
実際の販売車両では、ミラーやサイドプロテクターの形状が異なっていたり、フロントスポイラーやフォグランプを取り付けたりと、各ディーラーで独自の仕様を設定していたようです。
個人的には、せめてハニカムグリルをブラックアウトして、再利用して頂きたかったです!
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン GS CITROEN

LUSO製シトロエンGSブレーク。

ポルトガルのルッソ(LUSO)社製GSブレークです。
ダイキャスト製・1/43・大量生産のGSブレークは、当時このモデルだけでした。
LUSO社は、1980年代初めにミニカーの生産を停止した模様です。

LUSO021
LUSO022
LUSO022-1
ノーマル車体の銀色3台。
ダッシュボードとシートの内装色が、それぞれ赤色と黒色のバリエーションがあるので、理論的には赤色シート・黒色ダッシュボードの組み合わせが存在するはずですが、お目に掛かっていません。
luso12080701
luso12080702
これは明らかに銀色のトーンが異なり、少し青みがかったバリエーションです。
luso12080703
良く見ると、メーターパネルが彫刻されているのが分かります。
LUSO026
これは専門店から購入した1台ですが、何と車軸とホイールとタイヤがSolido社製に交換されていました。
貴重なシルバー車体なのに残念ですが、これはこれで気にっていますから、コレクター心理とは奇妙なものです。

LUSO030
意外と見かけない白色。箱付きは少なくなってきました。

LUSO030
濃い赤のノーマルバージョン。これまた意外と見かけません。
luso12092201
最後期の製造らしく、テールランプのパーツがクリアになっていました。

LUSO027
ノーマル車体で、一番良く見かけるグリーン3台。
微妙な濃淡差がありますが、塗装ムラと言ってしまえば、それまでです。

LUSO028
ノーマル車体で、グリーンの次に良く見るブルー2台。
これも若干の濃淡差がありますが、バリエーションと言えるかどうか・・・。

LUSO030
これは海外旅行に行った弟が、「非売品だ。」と言い張るミニカー専門店店主と掛け合って購入し、プレゼントしてくれた、私の【LUSOコレクション第1号車】です。
LUSO031
当初は、「ヘッドライト・前後ウインカー・フロントグリル・前後バンパーをタッチペンしてあるな。」ぐらいしか気づかず、
LUSO032
裏板も最初から黒塗装だと思っていました。
LUSO033
最近になって良く見てみると、緑色の車体を白色と黒色に塗り直している事が判明しました。
道理でカシメ部分が壊されていて、分解し易くなっていたはずです。
海外オークションでは、このようなマニアが改造した個体が「特別注文モデル」と銘打って、堂々と流通しているので、購入する際・購入後も、細心のチェックと調査が必要です。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : LUSO シトロエン GS CITROEN

シトロエンDSカラーコード。

BEIGE ANTILLAIS AC 309 (1962)
dsac10112504
dsac10112506
「カリブ海のベージュ色」との事です。褐色の肌色をイメージしたとも、民族衣装からイメージされたとも言われていますが、真偽は定かでありません。

DSAC177
dsac10112503
dsac12091105
dsac12091102
DS用フルサイズホイルキャップを付けていますが、黒のフロントウインドー・ラバーシール、白色のハンドルグリップ(DSは1959年7月より黒色)、曲線率の低いダッシュボード等から、ID19と判断します。
リアウインカー・ハウジングが、メッキ縁取りされているDS用になっています。
B/Cピラーのアルミ製パネルは、1959年8月まで塗装された平坦な物でしたが、9月以降は、溝の付いた波板状アルミ製トリムパネル(溝幅がIDでは3ミリ、DSでは6ミリ。)に変わりました。(画像が粗いので確認出来ません。)
トランクリッドのステーとリアバンパーのオーバーラダーは、社外品オプションです。

dsac12091101
dsac12091103
1959年9月~1962年9月のDSは、フロントフェンダーに排熱グリルを装備していました。
従って、1962モデルイヤーのDS19と判断します。
灰色のフロントウインドー・ラバーシール、フロントバンパー下のメッキトリム、フルサイズのホイルキャップ、黒色のハンドルグリップ、はDSの特徴ですが、本来フロントウインカーレンズ周囲には、メッキトリムが付くはずで、この車はID用を装着しています。
GH社製のボンネットオーナメント、robri社製オーナメント、フロントバンパー・オーバーラダーは、オプション品です。

DSAC178
DSAC179
この車もDS用フルサイズホイルキャップを付けていますが、黒のフロントウインドー・ラバーシール、白色のハンドルグリップ(DSは1959年7月より黒色)等から、ID19と判断します。
サイドプロテクターは社外品アクセサリーで、マーシャル製補助ランプを装備しています。

SABLE METALLISE AC 318 (1970-72) DS専用カラー
dsac10112507
鉱物の一種である「石英」原石の、金色部分を表した色でしょうか。

dsac10112508
出っ張ったドアハンドルから1970~1971モデルイヤー車と考えられ、灰色のフロントウインドー・ラバーシール、pallas専用ホイルキャップ、ステンレス製プロテクションモール、ドアとフェンダー上下の縁に付くステンレス製トリム、溝が無くバフ仕上げのアルマイト製B/Cピラー・トリムパネル、Cピラーに付くDSのロゴマーク、等から、DS20かDS21かDS21IEのpallasであると推測します。
ドアミラーステーが特異な形状をしています。GH社のボンネット・オーナメントを取り付けています。タイヤはサイズを変えているように見えます。

dsac11033004
この車も、出っ張ったドアハンドルから1970~1971モデルイヤー車と考えられ、灰色のフロントウインドー・ラバーシール、pallas専用ホイルキャップ、ステンレス製プロテクションモール、ドアとフェンダー上下の縁に付くステンレス製トリム、溝が無くバフ仕上げのアルマイト製B/Cピラー・トリムパネル、Cピラーに付くDSのロゴマーク、等から、DS20かDS21かDS21IEのpallasであると推測します。
フロントフェンダーに付く丸型ウインカーから、イタリア仕様のクリアフロントウインカーレンズをオレンジ色に交換した車、とも考えられます。

DSAC182
出っ張ったドアハンドルから、1970~1971モデルイヤー車であると分かり、灰色のフロントウインドー・ラバーシール、pallas専用ホイルキャップ、ステンレス製プロテクションモール、(ドアとフェンダー上下の縁に付くステンレス製トリムは確認できませんが、)溝が無くバフ仕上げのアルマイト製B/Cピラー・トリムパネル、等から、DS20かDS21かDS21IEのpallasと推察されます。

DSAC181
有名な100万台目のDS。確かDS21IEのpallasだったように記憶します。

DSAC180
埋め込み式ドアハンドルから、1972モデルイヤーのDS20かDS21かDS21IEと推測します。
サイドプロテクターだけでは、pallasと判断し難いですが、フェンダー埋め込み式のアンテナ装備という事は、屋根はビニールレザー仕様と考えられ、そうするとpallasの可能性が高くなります。ホイールが5本スタッドになるのは、1965年9月からです。

dsac12091104
pallas専用のホイルキャップ、ステンレス製プロテクションモール、ドアとフェンダー上下の縁に付くステンレス製トリム、pallas専用の特殊なバフ仕上げのCピラートリムパネル、等からpallasモデルと考えられます。
更に、Cピラーに取り付けられたpallas専用バッジが、1972モデルイヤーまでの「DS」であり(1973モデルイヤー以降は「pallas」のプレートになります。)、ドアハンドルが埋め込み式になるのが、1971年9月の1972モデルイヤーからである事から、1970~1971モデルイヤーのDS20かDS21かDS21IEのpallasに絞り込まれます。
(但し、テールランプが1972モデルイヤーから採用の、角ばった後期型に交換されています。)

DSAC183
太陽光線の当たり方と露出の加減で、ボディがBEIGE THOLONET AC 085 (1973-75)のように見えますが、ドアハンドル形状とトランクのグレードバッジから、1969年9月~1971年8月のDS21IE・pallasと考えられますので、本来はSABLE METALLISE AC 318 (1970-72) のはずです。
テールランプが1972モデルイヤーから採用の角ばった後期型に交換されていますし、ドアとリアフェンダーの上下に付くメッキトリムが無くなっている事から、本来はSABLE METALLISE AC 318 (1970-72)のボディを、後年のBEIGE THOLONET AC 085 (1973-75)に塗り替えたと推察します。
ルーフの部分だけ微妙にトーンが異なりますが、恐らくこの部分だけSABLE METALLISE AC 318 (1970-72)が残っているものと考えます。ボディのBEIGE THOLONET AC 085 (1973-75)との差が窺い知れる貴重なショットです。

dsac10112509
同色で塗られたSMです。
デビュー時のカタログに掲載された、先行生産ロットの車体がこの色で塗られ、SMのイメージカラーとして定着したように思います。
背後には、色褪せた渋いプジョー403のトラックが。ワイパーが片方失われています。嗚呼、正に古良きフランス!

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン DS CITROEN

LUSO製シトロエンGSブレーク。

ポルトガルのルッソ(LUSO)社製GSブレークです。
ダイキャスト製・1/43・大量生産のGSブレークは、当時このモデルだけでした。
LUSO社は、1980年代初めにミニカーの生産を停止した模様です。

LUSO012
LUSO013
警察車両は、色の濃淡でバリエーションがあります。
LUSO025
バリエーション確認の為購入した、警察車両ライトブルー・バージョン。
回転灯部分に微妙な差しか、確認できませんでした。

LUSO034
Gendarmerie nationale(フランス国家憲兵隊・ジャンダルムリ)、フランスで陸軍・海軍・空軍に次ぐ四番目の軍隊として知られている、所謂”警察軍”の車両です。

LUSO023
LUSO024
「難破船救助事務局」という、陸海の人命救助を行うポルトガルの民間慈善人道支援組織の車両の、ボート付きギフトセットです。ミニカー部分の回転灯の色とステッカー貼付位置に、バリエーションがあります。
LUSO014
LUSO015
上掲車両の、ボート無し単体バージョン2台です。回転灯の色とステッカー貼付に、バリエーションがあります。

LUSO036
SERVICE DEPARTEMENTAL D'INCENDIE DU VAR(郡部消防救助隊)の車両で、ボンネットに所属市であるCAVALAIREの名前が貼付されています。特装車のバリエーションは、どのぐらいあるか見当がつきません・・・。

LUSO016
LUSO017
ステッカーが無い消防指令車(?)2台です。赤塗装の濃淡が微妙に異なります。
内装色(シートに赤色と黒色・ダッシュボードは黒色のみ。)と、回転灯の色にバリエーションが存在します。

LUSO018
LUSO019
電話工事会社車両2台です。塗装の濃淡バリエーションがあるように見えますが、実際は同じ色です。

LUSO020
「フランス高速道路管理会社」の車両です。さしずめ、日本道路公団車両といったところでしょうか?
LUSO029
バリエーション確認の為購入した2台ですが、差異は発見出来ませんでした・・・。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : LUSO シトロエン GS CITROEN

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード