ドラム演奏について。

ドラムセットの変遷14】

YD017
「パール社の銀色ドラムセット中央部分のみヤマハ社黒色タムタム」という変則セットで叩いているうちに、上掲画像左側のタムタム・セッティングのように高音域のタムタムを設置したくなって、バイト給を投入して購入しました。

思い返せば、高校生の時にエイトタムを購入以来、”高い音のタムタム”への潜在的な憧憬があったのだと思います。
「冬の稲妻」や「ホテルカルフォルニア」を好んで演奏し、エイトタムの音に心酔していた自分は若かったです。

YD011
まず、ダブルタムスタンドWS-902を購入しました。タムホルダーが1個余るのは覚悟の上です。

YD009
次に深胴モデル8インチのタムタムを購入しました。

YD027
同時にアタッチメントを購入して、従来使っていたシンバルスタンドのブーム部分を取り付けて・・・、

SYMBAL 10
12インチのTHIN・CRASHを据えました。左側にアクセントシンバルを据えるのは、神保彰さんを真似たものです。

YD016
また、カウベルとカウベルホルダーを購入して、アタッチメントを駆使してハイハットシンバル直上に据えました。
これはカシオペアの”スマイル・アゲイン”を演奏した時に、この位置に据えると裏アクセントでカウベルが叩き易かったので気に入ったのです。これも神保彰さんのコピーでした。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : ドラム タム 神保彰

モンブラン・シトロエンGS。48

MONTBLANC GS 217
モンブラン社(フランス)製1/12・シトロエンGS・フリクション仕様・AMBULANCE・初期~中期型車体です。

MONTBLANC GS 218
MONTBLANC GS 219
AMBULANCEやPOLICEやPOMPIERSでは、回転灯の点灯やサイレン音の再現が出来る「電動ノンストップ仕様」の方が受けが良かったのでしょうか、これら特装車のフリクション仕様は、殆ど見かけません。
特に「POMPIERSのフリクション・内装付き仕様」は、専門書やコレクターのホームページを探しても確認できません。マニアが改造した個体なら、存在するかも知れませんが・・・。識者のコメントを頂ければ幸甚です。

gsm11042001
gsm11042007
初期~中期型はフロント・リアバンパーとフロントグリルがメッキ仕様であり、前後ドアノブとフュエル・キャップがメッキを施した別部品となっています。

gsm11042003
フリクション仕様のAMBULANCEでは、内装色は黒色のみ確認しています。

gsm11042009
ダッシュボード・メーターも、他のモデルと共通です。

gsm11042004
後部座席には、ノンストップ用の大型モーター&ギアボックスから逃げる膨らみがありますが、このモデルはフリクション仕様のため膨らみは必要無く、通常シート装着でも良かったはずです。ある意味、エラーモデルと言えるでしょうか?

gsm11042002
フロントウインドウに後期型モンブラン社の社章が、貼付されています。
見難いですが、フロントウインドウにルームミラーとワイパーがモールドされています。

gsm11042005
屋根上の回転灯は初期型で、上部先端がすぼまったモスクのような形状をしており、回転灯と一体成型された台座部分が屋根下に隠れています。初期型回転灯のみ、台座金属パーツが付いたバージョンがあります。

MONTBLANC GS 220
MONTBLANC GS 221
運転席と助手席の窓は、開いた状態で再現されています。
AMBULANCEは本来白色ホイールなのですが、このモデルは日焼けして一部ベージュ色になっております。

MONTBLANC GS 222
MONTBLANC GS 223
箱耳に、三か国語で「FRICTION DRIVE」の文字が確認できます。

gsm11042008
リア・ライセンスプレート上部の黒い横長部分は、「CITROEN GS」と印刷されたリア・ガーニッシュを再現していますが、これはブリキプレートのカシメ留めです。リアウインドウに、熱線が再現されているのに注意して下さい。

gsm11042006
リア・ライセンスプレート部分は、「CITROEN ダブルシェブロン GS」と印刷されたブリキのプレートをカシメ留めしています。
黒部品でオーバーラダーが再現されており、バンパー上にはライセンス灯が再現されている事に注意して下さい。アンテナの形状にも、色々とバリエーションがある模様です。

MONTBLANC GS 224
裏面です。
中央に「モンブラン社社章と社名・製造国フランス」が打刻されているのは他モデルと共通ですが、後部取り付け穴の関係で、本来後方に打刻されるべき「-GS- BY CITROEN 」が、前方に移っているのに注意して下さい。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : モンブラン シトロエン GS CITROEN

シトロエンDSのカラーコード。

BEIGE ALBATROS AC 087 (1971-73)
dsac11040801
ALBATROS(アホウドリ)の羽の色をイメージしたらいいのですが、
dsac11040802
むしろMOUETTE(かもめ)に近いのではないか、と彼の地では議論されている様です。

DSAC015
1971モデルイヤー以前の「埋め込み型ではない」ドアハンドルから、この車が1971モデルイヤーと分かり、黒に近い茶色のプラスティック製リアウインカーハウジングから、フランス国内用のID19BかID20と判断できます。従ってDS用フルサイズのホイルキャップは、ノンオリジナルです。
この車のフロントウインドーラバーシールはDSと共通の灰色ですが、これはオリジナルです。IDモデルのフロントウインドーラバーシールが黒色からDSと共通の灰色になったのは、1970モデルイヤーからと推察されるからです。
1971モデルイヤーからDモデルの屋根色は全てBlancMeijeとなりますが、DSpecialでは製造時に顔料を混ぜたFRP製ルーフなのに対し、DSuperとDSuper5では通常塗装を施したアルミ製ルーフとなるのに注意して下さい。

dsac10110414
1971モデルイヤー以前の「埋め込み型ではない」ドアハンドルから、1971モデルイヤーと分かり、ステンレス製リアウインカーハウジングから、ヨーロッパ市場向け輸出仕様のID19BかID20と判断できます。

DSAC016
埋め込み型ドアハンドルとハーフサイズのホイルキャップから、1972モデルイヤー以降の、DSpecialかDSuperかDSuper5と推察されます。

DSAC017
DSAC018
埋め込み型ドアハンドルとトランクのダブルシェブロンが銀色である事から、1972モデルイヤー以降の、DSpecialかDSuperかDSuper5と推察します。本来なら、トランク右下にモデル名を示すバッジが付くはずです。
1970モデルイヤー以降、旧IDシリーズのシート生地はこの個体のように、ビニール・レザーの”タルガ”が標準でした。
1973年から1975年の3年間は、DSpecialとDSuperとDSuper5に、ジャージーベロアがオプション設定されていました。

DSAC019
後期型のダッシュボードと埋め込み型ではないドハンドルと小さなホイルキャップ、ジャージーベロアの内装(1971モデルイヤーではDSuperのみ、ジャージーベロアがオプション設定されていました。)、フランス登録車ながらステンレス製リアウインカー・ハウジングであること(フランス国内向けDSpecialでは、黒に近い焦げ茶色のプラスティック製ハウジング。)、等の特徴から、1971モデルイヤーのDSuperと推察します。
ドアハンドルとウインドウ・レギュレターハンドルが、白色のプラスティックである事に注意して下さい。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン CITROEN DS

ドラム演奏について。

ドラムセットの変遷13】

高校時代からずっとドラムセットのグレードアップを考えていましたが、メーカー選定に関しては予算の関係から国内メーカーとし、ヤマハ社とパール社のどちらかを選ぶ事にしました。(タマ社は、タムホルダーの形状がどうしても気に入らなかったのです。)

パール社の各種シェル(胴)は多彩で、特にファイバーグラス・シェルには憧れが強く、タムホルダーを変更せずとも良い事から、かなり悩みましたが、結局、長年のピアノ製造の経験から木材取扱に多くのノウハウを持つ、ヤマハ社に決めました。

相対的に価格が安かった事と、会社の規模が大きいので将来のアフターサービスも安心であるという点が、心理的に大きく作用した事は否めません。

YD010
とりあえず、パール社バスドラムにヤマハ社タムホルダーを取り付けて(ヤマハ社の方が径が細かったので、ストッパーを強引に締めれば問題無く使用できました。)、バスドラム上の二つのタムタムヤマハ製に交換する事にしました。そこで購入したのが画像中央のTH-90Wです。

YD026
後に、このTH-90の手前の一つ空いたクランプには、シンバルホルダーを取り付けて・・・

SYMBAL 07
Aジルジャン・16インチ・ミディアムシンクラッシュを据える事になります。

YD001
YD002
いざ購入する段階で悩んだのが、通常モデル(浅胴)にするか深胴モデルにするかという問題でした。

当時はロックやフュージョンを演奏する機会が多く、電気楽器を用いた大音量が常識で、アコースティックJAZZのように全体の音量やバランスに腐心する経験が無かった事も手伝って、店員の「深胴やったらロックでもR&Bでもフュージョンでもバッチリやで。小さい音が必要な時は優しく叩いたらエエねん。そこは腕の見せ所やで。」との煽てに乗り、深胴モデルを選択したのです。

色はスネアドラムを購入する段階から決めていた”ソリッドブラック”とし、(スティーブ・ガッド+神保彰)×深胴というセットを目指す事としました。

口径は深胴モデルという事もあり、通常は12インチと13インチにするところを、これまた店員の助言に従い10インチと12インチにしました。これは良いアドバイスであったと思います。

YD013
画像下のタムに結びつけているのは革製の「タムパッド」で、ボディの緩衝材として重宝しており、高校生時代に黒色を2枚購入して以来、ずっと愛用しています。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : ドラムセット ヤマハ ジルジャン タムタム

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード