シトロエンGS/Aのカラーコード。

Ivoire Borely AC 084 1973~1975
dsac10120203
「IVOIRE」は、一般的に「象牙色」と呼ばれている黄色味がかった白色です。
ところがAC084は白に近い発色ですので、「BORELY」という語句が意味する部分が大きいと思うのですが、浅学な小職には分かりません。識者のコメントを頂戴出来れば幸甚です。

GSAC010
1973~1974モデルイヤー・GS clubのコンベルティセリ(トルコン車)です。
ホイールの通気孔が楕円ですので、1973~1974モデルイヤーと判断します。1975モデルイヤーから通気孔は長方形になります。1976モデルイヤーから呼称が「C-マティック」になります。
フロントフェンダーのグレードバッジ取り付け位置は、通常多く見られるパターンです。

Jaune Cédrat AC 331 1976
gsac11053013
Cédratは、ミカン科ミカン属の常緑低木樹の「シトロン」(学名:Citrus medica)の事です。漢名は枸櫞(くえん)です。レモンとは類縁関係にあります。

GSAC011
1976モデルイヤーGSXです。
フォグランプを装備しており、小さなホイルキャップ、ボディと同色に塗装された窓枠から推察しました。
サイドモールはノンオリジナルの社外品を装着しています。

Jaune hélianthe (X et X2) AC 328 1975
gsac11053014
ヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus annuus)は、キク科の一年草です。「日回り」と表記されることも、「ニチリンソウ」(日輪草)と呼ばれることもあります。種実を食用や油糧とするため、あるいは花を花卉として観賞するために広く栽培されています。

GSAC012
1975モデルイヤーGSX・GSX2の専用色です。ドアミラーはGSAのノーマルタイプを装着しています。

Jaune Mimosa AC 333 1979~1980
gsac11053015
オジギソウ(お辞儀草・学名:Mimosa pudica)は、ネムノキ科の植物の一種です。別名「ネムリグサ」(眠り草)・「ミモザ」といいます。

GSAC013
窓枠にステンレスのモールが付いているので、GS・clubです。パラス風のサイドモールは、社外品アクセサリーです。
1978モデルイヤーからデザインが変わったホイールと、同じくデザインの変わったspecial・club用ホイルキャップに注意して下さい。
GSAC014
ボディと同色に塗装された窓枠なので、G specialと推察します。フロントアンダーカウルを黒塗装しています。
1978モデルイヤーのマイナーチェンジ以降、specialにもclubと共通のホイルキャップが付くようになります。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン CITROEN GS GSA

良く聴いた音楽

パット・メセニー

《トリオ90>00》
パットメセニー020
1999年8月ニューヨーク、ライト・トラック・スタジオで録音。2000年発売。

ラリー・グレナディアをベースに、ビル・スチュアートをドラムに迎え、ギター・トリオでのインタープレイによるJAZZ演奏アルバムです。

ジョン・コルトレーンとウエイン・ショーターの曲を一曲ずつ取り上げています。

ラリー・グレナディアはブラッド・メルドー・トリオのレギュラー・ベーシストで、このアルバム録音の為にブラッド・メルドー・トリオのツアーオフ期間を充てたそうです。
ライナーノーツには、パット・メセニー自身が「ブラッド・メルドーの最近のアルバムは驚異的!」と絶賛していた事が書かれていますが、まさか数年後に二人の競演が実現するとは、私は夢にも思っていませんでした。

たとえJAZZであれ、パット・メセニーの音だとリラックス出来るので、気が向いた時にBGMとして気楽に聴いています。

《トリオ→ライブ》
パットメセニー021
1999年から2000年のヨーロッパ、日本、アメリカ・ツアーのライヴ音源を元に作られ、2000年に発売されたライブ・アルバムです。

1曲目の”ブライト・サイズ・ライフ”はパット・メセニー初リーダー作の録音でジャコ・パストリアスと共演したもので、日本公演でふと思い立って演奏したものが収録されています。

2曲目”クエスチョン&アンサー”は20分近い演奏で、正にJAZZインプロビゼーションの極致といった感じですが、42弦ギターを使う”イントゥ・ザ・ドリーム”では、今迄のパット・メセニーの雰囲気を感じ取って肩の力が抜けます。

7曲目”ALL THE THINGS YOU ARE”はスタンダードですが、ピアノで挑戦して難儀した私には、自由奔放に弾きこなすパット・メセニーが羨ましい限りです。

2枚目CDの2曲目”ユニティ・ヴィレッジ”の出だし部分や、4曲目”ナイトターンズ・イントゥ・デイ”のような静かな曲調が特に気に入っています。

2枚目CDラストの”カウンティング・テキサス”は、パット・メセニー自身が「ZZトップとオーネット・コールマンを掛けあわせたような音楽。」と表現していますが、新作12弦フレットレス・ギターを用いた演奏は、凄い事になっております。

《ワン・クワイエット・ナイト》
パットメセニー019
2001年11月24日ニューヨークの自宅スタジオで録音。

これまでパットのギターを何本も制作しているカナダ人女性Linda Manzer作の特別モデル、”バリトン・ギター”(通常のギターより低い音程でチューニングして演奏する、ベース的効果をも狙った特殊なギター。)を使って、発作的に自宅のホームスタジオで1本のマイクだけを使って録音した本作は、ワンマン・ソロ・アルバムという点でキース・ジャレットの《The Melody at Night With You》に通じるものがあると思います。

《The Melody at Night With You》同様に、心落ち着けたい時やパソコン操作時のBGMとして聴いています。

個人的には、6曲目にキース・ジャレットの楽曲「マイ・ソング」を演奏しているのが嬉しかったです。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : パット・メセニー

モンブラン・シトロエンGS。36

MONTBLANC GS 081
モンブラン社(フランス)製1/12・シトロエンGS・”moteur electrique teleguide”(リモコン仕様)・黄色・中期型車体・”GS POP”と名打った、70年代を象徴するようなバージョンです。
オレンジ・イエロー・ピンク等、派手な車体色が選ばれ、リモコン仕様しか販売されなかったようです。

MONTBLANC GS 082
フロントウインドウに、モンブラン社の社章(ストライプ模様が追加された後期タイプ)ステッカーが貼付されています。
分かり難いですが、フロントウインドウにルーム・ミラーとワイパーがモールドされ、リアウインドウには熱線がモールドされています。

MONTBLANC GS 083
黄色車体には、ベージュ色シートしか確認できていません。
リア・クオーターウインドウに貼付された”ESSO”のステッカーは、ノンオリジナルです。
中期型あたりから、特装車両モデルで使われる針金で出来たアンテナを取り付ける支柱が一体成型されたボディが、一般車両モデルにも用いられるようになりました。左側Cピラー付け根付近に見える柱状の物が、それです。

MONTBLANC GS 67
この「GS・POP」は、ネットでは”花・ハートマーク・ライオンの顔”を模したステッカーが貼付された画像があります。
果たしてこのステッカーがオリジナルなのか、オリジナルだとしたら別添だったのか最初から貼付されていたのか、疑問が生じます。
monsieur5turbo様御指摘のように、個人が勝手にデタラメなシールを貼付した場合も充分に考えられますので、暫く様子見を決め込みます。

MONTBLANC GS 084
MONTBLANC GS 085
運転席と助手席の窓は、開いた状態で再現されています。
黄色車体では、白色のホイールが組み合わさたモデルのみ確認しています。

MONTBLANC GS 086
裏面です。
中央に「モンブラン社社章と社名・製造国フランス」が打刻されており、フリクション仕様の後期型であるこのモデルでは、本来後方に存在する「-GS- BY CITROEN 」の打刻が、金具留め金穴の関係で前方に移されています。

MONTBLANC GS 087
車体前部は、大味ながら巧みに造形されているのが分かります。
ポップな色合いのGSイラストが描かれた箱の大耳部分に注目です。

MONTBLANC GS 088
リモコン仕様の箱は、コントローラーを同包する為にフリクション仕様の箱より幅広となっており、箱耳の一方が、貼り付けで開かないようになっています。
箱に印刷されているモンブラン社のマークが、ストライプ模様が追加された後期タイプになっている事に注意して下さい。

MONTBLANC GS 089
リア・ライセンスプレート部分は、初期型では「CITROEN ダブルシェブロン GS」と印刷されたブリキのプレートをカシメ留めしていましたが、中期型の一部?後期型にかけてモンブラン社のロゴと社章(ストライプ模様が追加された後期タイプ)が描かれたステッカーを貼付するようになりました。
リア・ライセンスプレート上部の黒い横長部分は、「CITROEN GS」と印刷されたリア・ガーニッシュを再現していますが、これはブリキプレートのカシメ留めのままです。 (ギリシャのLYRA社製造モデルでは、リア・ライセンスプレートとリア・ガーニッシュ部分がシール貼付となります。 )
黒部品でオーバーラダーが再現されており、バンパー上にはライセンス灯が再現されている事に注意して下さい。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : モンブラン シトロエン GS

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード