GS・SPECIAL。

1979年7月、従来のG-SpecialがGS-Specialに名称変更して、「GS・Special」(セダン)「Break・GS・Special」(ワゴン)となり、この2車種を残してGSボディの生産は終了します。
そして1980年7月、GSA・Specialの登場により、1年間の短い生涯を終え、GSボディの生産は完全に終了します。

GSspecial001
これは1979年9月21日、GSA発表時のラインナップです。
右端がBreak・GS・Specialで、その左がGS・Specialです。

GSspecial002
外観上一目でわかる旧型との相違点は、GSA用に製造された”黒縁取り”のフロントウインカー・カバーを装着している事でした。

GSspecial003
これは1980モデルイヤー1年限りとなった、「GS・Special」のカタログです。

GSspecial005
ドアの窓枠はSpecialらしくボディと同色に塗装されていますが、リア・クォーターウインドウの窓枠が黒塗装になっている事に注意して下さい。ホイルキャップはclubと同じです。

GSspecial006
フロントバンパーのオーバーラダーがclub以上の車格では、左右2か所に付いていましたが、Specialでは中央1か所になっているのに注意して下さい。

GSspecial007
ブレークボディも、特に変更点はありません。

GSspecial008
リアウインドウ下端の黒色ガーニッシュ部分に記載してあった、「CITREN・GS」の表記が無くなっている事に注意して下さい。

GSspecial009
メーターパネルは、黒一色のスパルタンな物になります。
Specialですので、本来は左から3番目にはレヴカウンターが入りますが省略されて、右下の電圧計のみになっています。

GSspecial010
内装はclub相当となり(リアドア下側の内装が省略されていますが)、シートは一部ビニールレザーのジャージー張りでした。

GSspecial011
エンジンは1220ccでした。

GSspecial012
Specialなのに、ドアポケットや熱線入りリアウインドウを装備していて、お買い得!

GSspecial013
後期型の角度調整レバーと、オプションのビニールレザー・シート。

GSspecial004
家族でGSをこんな用途に使用する事は、未だありませんし、多分これからも無いでしょう。
このような車の楽しみ方は、1990年代に潰えてしまいましたね・・・。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン CITROEN GS

シトロエンGS部品取りin秘密基地

GSの車検に於いて、主治医の元で新品が用意できない部品があるので、部品取り車から取り外しましょうという事になり、秘密基地のRI様の許可を得て、gs_minoo様も誘って、5月16日に秘密基地にて部品取り大会を敢行しました。

部品取り008
ガソリンポンプは主治医の元にある程度の良い中古品を使う事にしましたが、いざ着用すると上手く作動せず、結局元の部品に戻しました。何が起こるかわかりませんね・・・。

部品取り007
右アンチロールバー・ロッドが目指す部品です。折角の機会ですので、2台から左右2セット取る事にしました。

部品取り001
最初に取り掛かった白の献体はエンジン付きですので、車体前部に700kg~800Kgの重量が集中していると思われ、流石のユンボー君も悲鳴を上げていましたが、主治医やRI様やgs_minoo様が知恵を出し合って、何とか持ち上がりました。

部品取り002
2台目はエンジンレスの献体を選びましたが、ユンボーで引っ張り出すのに一苦労しました。

部品取り003
しかしながらその後は順調に推移し、プロの早業もあって50分程で作業終了しました。

部品取り004
元A様のGSが掲載されたT誌の上にあるのは、GSX2&X3用専用ホイルキャップです。貴重です!
取り付けには専用ブランケットが必要で、一般GSでは若干の改造が必要だとか。

部品取り009
今回gs_minoo様は、1977モデルイヤー・GS・club&pallas用のブラックハニカムグリル・横桟付きを取り付けていました。
ブラックハニカムグリル自体は、1975モデルイヤーから登場のGSX&GSX2に採用されていたのですが、club&pallas用の横桟付きブラックハニカムグリルは、資料によると1977モデルイヤー1年限りの採用ですので、大変貴重です。

部品取り005
センターホイルキャップが変わっていたので尋ねてみると、何と!プジョー204用との事でした。
彼の地の自動車文化の奥深さを感じた一瞬でした。

部品取り006
益々妖艶になっていくgs_minoo様の愛車です。
GSM40では、ブラックハニカムグリル横桟付きと同様に貴重な、1975~77モデルイヤーGSpallasに装着されていた、GSpallas専用ホイルキャップ(前期型)を取り付けて、1977モデルイヤーGSpallasを気取って颯爽と登場する予定だとか。今から楽しみです。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン GS

シトロエンGS/Aについて。

【MYアルバムに残るGS/A達。】

長野県松本市のY氏を訪ねた時の記録、続きです。

GS 025
真っ先に目に飛び込んできた物体が、CXシリーズ1を上に乗せたGSでした。リアフェンダーのプレスラインとディーラー後付けのナンバー灯から、正規輸入されたGS・clubであると分かります。
周囲にゴチャゴチャと廃車体が転がり、さしずめ”旧車好きにとっての宝の山”といった様相を呈していました。

GS 026
最初の写真のCXの背後に見えていたGS・pallasです。
下はAE86のトレノ・クーペだったと思うのですが・・・。識者のコメントを頂ければ幸甚です。
左奥にはFIAT・X1/9が見えます。Y氏は生粋の自動車趣味人でした。

GS 027
GS・pallasの左側には、モトクロス単車が立て掛けられたSM(これは名古屋のP店にあった物です。)を下に敷いたGSAがありました。背後にもう一台のSMが確認できます。

GS 028
中央に鎮座するのは、ストライプ塗装からGSA・X3と思われます。エンジン&ミッションを他の車に譲ったのでしょうね。
右端のマルーンメタリック車が、イエガーメーターを持つ右ハンドルのGS1015・clubで、その左はアルファエッタ2000GTVだったと思います。
左端の軽ワンボックスの右側は、GS・pallasです。

GS 029
二代目(P-60系)と思しきスターレットの右に居座るGS・club。
廃車体は燈火類が無くなると、急にうら寂れて見えてくるから不思議です。

GS 030
驚くなかれ、この個体も右ハンドルでした。
パットが分厚くなったダッシュボード・内側のドアハンドル・ヘッドレストの形状等から、1973モデルイヤー以降と推察します。

GS 031
左はGS・pallas(悪名高き、エンジン前にマウントされたコンデンサーが見えます。)、右はGS・clubだったと思います。

GS 032
左側GS・pallasのダッシュボード。
流石にハンドル・グリップはボロボロになっています(私のGSも良く似た感じでしたが、ハンドルカバーで誤魔化しています。)が、ダッシュボードやメーターパネルはまだ十分美しい状態でした。
ベージュのシートは、他車からの流用です。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン GS GSA

シトロエンGSクラブ関西・プチミーティング

5/2(日)某所秘密基地に於いて、「シトロエンGSクラブ関西」のプチミーティング&BBQが開催されました。

待ち合わせ場所である某料金所入って直ぐの所(駐停車禁止区域)に1時間早く着いた私は、料金所職員の監視を免れるために、ボンネットを開けてオーバーヒートを装って駐車していました。

gs_minoo様に「早く着いている」旨のメールを送って待つ事暫し、突如gs_minoo様から連絡があり、「GSが停まってしまいました。代車で赴く事にしたので15分程遅れます。」との話!「とりあえず会社までは戻れました。」との事で、ホッと胸を撫で下ろしていると、道路公団のランドクルーザーがルームミラーいっぱいに映りました。

事情を聞かれ、「パーコレーションです。もう少し冷やせばエンジンが掛かるので大丈夫です。応援も来ますし。」と回答したのですが、「次に路上で止まると警察沙汰になります。裏手の道路公団駐車場まで押してあげますから、エンジン掛ったら一般道で行って下さい。」とのお達し。ついでに調書も取られました。

道路公団の方が行ってしまった後、仮病もこれまでと一般道から再度料金所に乗り入れて高速をひた走りました。

201052001
すったもんだありましたが、漸くm様のGS・gs_minoo様母君のメルセデスと合流できました。
これでメルセデスは、秘密基地訪問に2回目の登場です。gs_minoo様にとって、秘密基地の方角は鬼門みたいです。

201052002
M様のGSX2&3専用リアスポイラーを眺めながら、楽しくドライブしました。

201052003
BBQはgs_minoo様の持参頂いた美味しい食材と、M様と二人しての調理のお陰で、あっという間に終了しました。食材もほぼ完食です。御苦労さまでした。

201052004
201052005
食後、M様は秘密基地の主RI様の指導で、ユンボーを体験運転。かなりツボにはまった御様子。

201052006
その後、M様はRI様のフィアット・パンダを試乗して御満悦でした。

201052007
RI様はといえば、収納ラックの組み立てに余念がありません。

201052008
背後に佇む愛車を記念撮影。

201052009
M様GSの、綺麗なダッシュボード周り。

201052010
新旧テールランプが、それぞれ美しいです。

201052011
最初のうちは、gs_minoo様が一人で細々と始めた焚火が・・・、

201052012
M様も参加してだんだん本格的に!
結局キャンプファイヤーの様相を呈し、炎をみつめながら20:00頃まで人生論を語り合っておりました。

201052013
帰路、いつもの信号地点でM様GSをパチリ。少人数でしたが、リラックスできた一日でした。
RI様、場所&夜食の提供有難うございました。何時も本当にお世話になっております。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン CITROEN GS

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード