良く聴いた音楽

パット・メセニー

《アメリカン・ガレージ》
パットメセニー002
1979年発表のパットメセニーグループ2枚目のアルバムです。

前作の延長線上にあるサウンドに、アメリカの大自然を描写したような雰囲気が少し盛り込まれた秀作で、当時は次の展開にワクワクしながら聴いていました。

最近の重厚なパット・メセニー・グループのサウンドに比すると、ポップ・サウンドに聴こえてしましますが、自然の風景・大自然への畏敬の念をイメージさせる独自の曲調の萌芽が、このアルバムには有ると思います。

3曲目”ザ・サーチ”のイントロ部分に、それを感じ取る事が出来ます。

4曲目ロック・テイストの”アメリカン・ガレージ”やシンセサイザーとの激しいユニゾンが印象的な”ジ・エピック”では、当時御贔屓だった渡辺香津美のサウンドに共通するものを感じて、高校生だった私は熱狂したのでした。

私は、複雑なフレーズや手数の多いフィル・インや多数のシンバルを少しずつ数多く叩くというスタイルのダン・ゴットリーブに、スティーブ・ガッドやスティーブ・ジョーダンや神保彰等のパワフルなドラミングとは違った”繊細ながらも複雑で切れのある独特の味”を感じて、痺れてしまいます。

マーク・イーガン(ベース)とダン・ゴットリーブ(ドラム)が在籍した”パット・メセニー・グループ”のサウンドが、私的には一番好きです。

《80/81》
パットメセニー006
1980年5月に録音され同年発売されました。
メンバーは、デューイ・レッドマンとマイケル・ブレッカー(ts)、パット・メセニー(gt)、チャーリー・ヘイデン(b)、J・ディジョネット(ds)です。

デューイ・レッドマン&チャーリー・ヘイデンのオーネット人脈と、当時どちらかといえばジャズとは別物扱いされていたいわゆるフュージョン系のパット・メセニー、マイケル・ブレッカー、ジャック・デジョネットが、がっぷり四つに組んだスリリングなアルバムとされています。

1曲目”TWO FOLK SONGS”の1stの出だしは、パット・メセニーのアメリカの大草原を彷彿とさせるアコスティックギターのカッティングで始まるので、抒情的な雰囲気を期待しているとSAXソロの辺りから尋常ではない雰囲気となってきます。
ジャック・ディジョネットのドラムは、乾草に水を浴びせかけるような泥臭さを曲全体に与えています。
やはり”何かが”違うと、JAZZに疎かった当時の私も思いました。

後年の”より籠った”ギター音に比すれば、若干クリアな感じのパット・メセニーの音に時の移ろいを感じますが、混沌とした感じの激しいソロ部分には近寄りがたさを感じました。

個人的には、「パット・メセニーはオン・ビートか無伴奏ソロで聴きたいナ。」と思ったアルバムでした。
JAZZ鑑賞の研鑽を積まなければなりません。

《オフ・ランプ》
パットメセニー003
1981年発表。本作からベースがマーク・イーガンからスティーヴ・ロドビーに変わり、暫くの間不動のメンバーとなる三人(パット・メセニー、ライル・メイズ、スティーブ・ロドビー)が揃います。

個人的には、フレットレス・ベースを駆使してジャコ・パストリアス路線を邁進していた、前任者マーク・イーガンの方が好みでした。

ドラムのダン・ゴットリーブは、1970年代初頭にパット・メセニーがアイラ・サリヴァンのバックバンドに在籍していた頃からの演奏仲間だそうで、パット・メセニーと息の合ったプレイを披露していますが、次のアルバム「トラベルズ」を最後に脱退してしまうのが、ダン・ゴットリーブの繊細なハイハットやシンバルワークが好きだった私には残念でなりません。

このアルバムで加わったナナ・バスコンセロスが効果音や人声で演奏に加わる事によって、その後のパット・メセニー・グループの特徴になった、”大自然とヒューマニズムを感じさせる曲調”の萌芽が認められます。

アルバム「スティル・ライフ」で顕著になるパット・メセニーのブラジル指向は、既にこの時から蠢いていますし、タイトル曲「offramp」では、「俺の尊敬するミュージシャンの一人は、オーネット・コールマンなんだ。だから本当はこんな曲も演奏したいんだよっ!」というパット・メセニーの意気込みが伺い知れます。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : パット・メセニー

モンブラン・シトロエンGS。32

MONTBLANC GS 042
モンブラン社(フランス)製1/12・シトロエンGS・青色不透明窓・インテリア無し・オレンジ色・後期型車体です。
初期型では、メッキを施した別部品が取り付けられていた前後ドアノブとフュエル・キャップですが、後期型では部品が省略されて、車体に直接一体成型されるようになりました。

MONTBLANC GS 043
中期型あたりから、特装車両モデルで使われる針金で出来たアンテナを取り付ける支柱が一体成型されたボディが、一般車両モデルにも用いられるようになりました。
左側Cピラー付け根付近に見える柱状の物が、それです。
青色着色されたフロントウインドウに、ワイパーがモールドされていないのに注意して下さい。

MONTBLANC GS 044
内装付きで透明窓を持つモデルでは、開いた状態で再現されていた運転席と助手席の窓は、内装無しで青色着色窓を持つモデルでは、閉じた状態となっています。
後期型車体では、白色ホイールの組み合わせが大半です。

MONTBLANC GS 045
裏面です。
中央に「モンブラン社社章と社名・製造国フランス」が打刻されているのは他モデルと共通ですが、後部取り付け穴の関係で、本来後方に打刻されるべき「-GS- BY CITROEN 」が、前方に移っているのに注意して下さい。

MONTBLANC GS 045
後期型車体では、フリクション仕様も有線リモコン仕様の底板を用いましたので、前輪の状況と駆動部分を確認してから電装解除の有無を判断しています。
当該モデルは、内部にフリクション機構が確認できますので、電装解除モデルではありません。

MONTBLANC GS 046
車体前部の拡大です。大味ながら、フロント部分が巧みに造形されているのが分かります。
初期型?中期型ではメッキされていたフロント・リアバンパーとフロントグリルは、プラスティック地肌の白色となります。
フロントグリルは、後期型車体の白色プラスティック版から穴が埋められてしまいました。

MONTBLANC GS 047
車体後部の拡大です。
リア・ライセンスプレート部分は初期型?中期型では、「CITROEN ダブルシェブロン GS」と印刷されたブリキのプレートがカシメ留めされていましたが、中期型?後期型では「Jouets Mont-Blanc」とモンブラン社社章(一部がストライプ柄の模様になった新しい物)が印刷されたシールが貼付されています。
リア・ライセンスプレート上部の黒い横長部分は、「CITROEN GS」と印刷されたリア・ガーニッシュを再現していますが、これもブリキプレートのカシメ留めです。
初期型?中期型ではメッキされていたリアバンパーとトリム類は、プラスティック地肌の白色となります。
初期型?中期型車体では黒部品で再現されていたオーバーラダーが無くなっている事、バンパー上にはライセンス灯が再現されている事に注意して下さい。

MONTBLANC GS 048
見にくいですが、フリクション仕様特有の”はずみ車”が確認できます。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : モンブラン シトロエン GS

シトロエンGS/Aについて。

【MYアルバムに残るGS/A達。】

1995年の阪神大震災で被災したものの、その年6月に娘も無事生まれ、漸く落ち着きを取り戻しつつあった9月に、日頃よりお世話になっており、震災に際しても心遣い頂いた松本市のYさんに会いに行こうと思い立ち、電車を予約して飛び乗りました。

GS 018
Yさんが所有する多数のGSの内の1台です。
CCJ会報で私が”コンベルティセリ”のプレートを失くした事を知ったYさんが、このGSから”C-マティック”のプレートを取り外して「貴方のGSに役立てて欲しい。」と、わざわざ封書で送って下さったのです。
今回の訪問は、その”お礼参り”の意味もありました。

GS 020
1976モデルイヤー車で、1975モデルイヤーからの後期型clubのホイルキャップ(通気孔の形状が楕円から長方形に変わった。)を付けており、pallasのサイドモールが有りません。

1976モデルイヤーはシトロエン社が危急存亡の時だったため、カタログは1975モデルイヤー車をそのまま使用したと思しき代物で、しかも外観しか写真掲載されていないために内装の変化が判りません。

1976モデルイヤー・カタログ写真から見る外装は、グレーのハニカムグリルでテールランプは3分割された初期型のままです。という事は、失われたこの個体のハニカムグリルは、グレーだったはずです。

GS 019
内装に目を転じると注目すべきは、この個体のシート生地が新しい仕様になっている事と、pallas用の茶色地3連メーターパネルである事です。ペダルが二つしかないことから、C-マティック車であることは明らかです。

この個体のシートとメーターパネルがオリジナルであり、取り替えられていない事を前提とすると、既に後期GSでお馴染みの茶色基調の3連メーターが装備されていることから、1976モデルイヤーでメーターパネルがフェイスリフトを受け、ボビンメーターは1975モデルイヤーを最後に廃止されたと判断できます。

しかもpallas用として馴染み深い茶色地のメーターパネルが使用されており、シート生地もpallas用に近いことから、clubを母体に各種パーツを変更して日本ではpallasとして販売された、とも考えられるのです。

文献を紐解くと1977モデルイヤーから前後のフェイスリフトが実施され、ハニカムグリルはグレーからブラックに色が変わり、club・pallasには銀の横桟が入るようになりますし、テールランプはリアフォグを内蔵した4分割のものに変更になったと記されています。

1977モデルイヤーに、内装の変更を記した資料がない事から、1976モデルイヤーで、先に内装の変更が行われたと推測されます。1976モデルイヤーGSの内外装特定は、私の永遠の課題となっています。

GS 021
この個体は”C-マティック”のプレートを付けていた事実と、3分割の初期型テールランプを持つことから、1976モデルイヤーと断定できます。
(トルコン車の名称は、1975モデルイヤーまでは”コンベルティセリ”、1976モデルイヤーからは”C-マティック”になります。)

GS 022
シフトレバーの位置がシートより前方に有って、斜めにシフトレバーが生えている事から、GS1015と推察されます。後のマイナーチェンジで、シフトレバー位置がシートの間に後退し、レバーが垂直に立つ様になります。
イエガー製のスピードメーターは、目盛が少ないのでマイル表示でしょうか?
それともGSX・X2と共用になる前のスピードメーターは、このように控えめ表示だったのでしょうか?
(私の1975モデルイヤー・GS1220club・右ハンドル・コンベルティセリでは、200km/hまで目盛られていました。)

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン GS

良く聴いた音楽

パット・メセニー

パット・メセニー・グループの歴史は、1977年、ゲイリー・バートンのグループを離れたばかりのパットが、1974年にウィチタの音楽祭で出会って意気投合したライル・メイズ(p)、マイアミ大学時代の友人マーク・イーガン(b)、ダン・ゴットリーブ(ds)とで第1期パット・メセニー・グループを結成した事に始まります。
1978年にグループ名義の初のアルバム、「想い出のサン・ロレンツォ」を発表しました。
1979年にセカンド・アルバム「アメリカン・ガレージ」を発表して、グラミー賞にノミネートされます。
1981年にサード・アルバム「オフランプ」を発表すると、このアルバムが初のグラミー賞に輝きました。
このアルバムでベーシストがマーク・イーガンから、スティーブ・ロドビーに交代します。
1982年にグループのツアーを収録した初のライブ・アルバム「トラヴェルズ」を発表しますが、このライブ・アルバムを最後にダン・ゴットリーブがグループを脱退しました。

「トラヴェルズ」までのアルバムが、私にとっての”パットメセニー・第一期”に相当します。

《ウオーター・カラーズ》
パット・メセニー01
パット・メセニーが初めて自己のグループを率いて吹き込んだ、1977年発表のアルバムです。

既にパット・メセニーの片腕とも言えるライル・メイズ(ピアノ)と、1983年の来日公演でポール・ワーティコと入れ替わるまで活躍したダン・ゴットリーブ(ドラム)が、参加しています。

当時のパット・メセニーは、ギター・12弦ギター・15弦ギターを弾き分けていますが、アコスティック・ギターを多用するサウンドの方が、最近の私の耳には心地良く響きます。

《想い出のサン・ロレンツォ》
ドラム演奏010
1978年発表のリーダー作としては3作目ながら、初めて今回から“グループ”と名乗った作品です。

パット・メセニー(gt)の独特の音、ライル・メイズ(key)の透明感のあるピアノ、ジャコパストリアスのようなマーク・イーガン(b)、美しいシンパルが特徴のダン・ゴットリーブ(Dr) という布陣でした。

ダン・ゴットリーブのドラムを聴き込むと、その繊細なスティックワークに惚れ惚れします。
当時アイドルだったイアン・ペイスの、パワフルでクリアなシンバルサウンドも魅力的でしたが、「パワフルに叩くだけがドラムじゃないよ。」と教えてくれたのが、ダン・ゴットリーブでした。

全体的に少し籠ったような音色なのですが、シンバル類の繊細な音色の中に、複雑なリズムを奏でるバスドラムが明確に認識できて、残響音を抑え気味のタイトなスネアドラムがリズムを締めており、このアルバムを聞いた瞬間、力任せに叩いていた自分のドラミングが恥ずかしくなりました。

その後、アンケート等で『好きなドラマーは?』と尋ねられると、必ず2番目には書き込むほどの熱の入れようとなりました。

地味ながらベースのマーク・イーガンは、フレットレスベースがまるでウッドベースみたいな温かい音色で、歌心があってベースラインを追っているだけでも音楽的で素晴らしいと思います。

パット・メセニーの友人でもあった天才ジャコ・パストリアスに捧げた「Jaco」という曲では、彼のベースソロを聴くことができます。

パット・メセニーの盟友でありキーボード・ピアノを担当するライル・メイズについては、当時私がキースジャレットに傾倒しており、ソロのメロディーラインに於いて印象に残るフレーズがキースジャレットより少なく聴こえたのですが、音の構成が新鮮で、彼の繰り出す和音にノックアウトされてしまい、後に彼のソロアムバムを買うほどのファンになってしまいました。

私にとって「パットメセニーの音楽」は、このアルバムが基本となっています。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : パット・メセニー ライル・メイズ ダン・ゴットリーブ マーク・イーガン

モンブラン・シトロエンGS。31

MONTBLANC GS 034
モンブラン社(フランス)製1/12・シトロエンGS・フリクション仕様・からし色・初期型車体です。
初期型はフロント・リアバンパーとフロントグリルがメッキ仕様であり、前後ドアノブとフュエル・キャップがメッキを施した別部品となっています。
フロントウインドウに、ルームミラーとワイパーがモールドされているのに注意して下さい。

MONTBLANC GS 036
内装色では、灰色と黒色のバリエーションを確認しています。

MONTBLANC GS 038
運転席と助手席の窓は、開いた状態で再現されています。
からし色車体では、白色のホイールが組み合わされます。

MONTBLANC GS 040
車体前部の拡大です。大味ながら、フロント部分が巧みに造形されているのが分かります。
このモデルは前オーナーの嗜好で、ヘッドランプのクリアパーツがイエローバルブ仕様に改造されていました。
これはこれで雰囲気があるので、気に入っています。ムギ球入れて点灯したい衝動に駆られます。

MONTBLANC GS 041
車体後部の拡大です。
リア・ライセンスプレート部分は、「CITROEN ダブルシェブロン GS」と印刷されたブリキのプレートがカシメ留めされています。
リア・ライセンスプレート上部の黒い横長部分は、「CITROEN GS」と印刷されたリア・ガーニッシュを再現していますが、これもブリキプレートのカシメ留めです。
モンブラン社の後期型車体では、リア・ライセンスプレートがシール貼付に、ギリシャのLYRA社製造モデルでは、リア・ライセンスプレートとリア・ガーニッシュ部分がシール貼付となります。
黒部品でオーバーラダーが再現されており、バンパー上にはライセンス灯が再現されている事に注意して下さい。

MONTBLANC GS 072
裏面です。中央に「モンブラン社社章と社名・製造国フランス」が打刻されており、後方に「-GS- BY CITROEN 」の打刻があります。

MONTBLANC GS 037
この個体が、前オーナーの嗜好でヘッドランプのクリアパーツがイエローバルブ仕様に改造されていた事は前述しましたが、注目したのはフロント・アンダーカウルが塗装されていることでした。
ヘッドライトの塗装は素人仕事っぽいのですが、フロント・アンダーカウルの塗装は、メーカーで塗装された形跡が濃厚です。
従って、前期型の内装付き・フリクション仕様の一部には、フロントアンダーカウルが塗装されているモデルがあったことになります。現在、色は「からし色」と「ウグイス色」の2色のみ確認されています。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : モンブラン シトロエン GS

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード