シトロエン関連事項

ct16042901
噂:シトロエン、次期型C5にボーズ製の革新的なサスペンションシステムを採用へ!?

エアスプリングと油圧シリンダーを組み合わせた独創のハイドロニューマチックサスペンションに代表されるように、伝統的にサスペンションへの思い入れが強いメーカーとして知られるシトロエンが、これまでのものとは異なる全く新しい革新的なサスペンションシステムの将来の生産モデルへの採用の計画があることが、最近行われたメディアの取材によって明らかとなっていますが、その新たに採用される革新的なサスペンションシステムが、音響メーカー大手のBose社に開発されたものである可能性があると、オランダのTelegraaf.nl Autovisieが他の報道を引用しながら伝えています。

そのリポートによると、シトロエンが採用するというBose社のサスペンションは、2004年にプロトタイプが発表された"Bose Suspension System"という名称のシステムであるとのことです。
ちなみに、発表当時の"Bose Suspension System"は、コンベンショナルなスプリングに替えて電磁石を衝撃吸収に用いたシステムである発表されていましたが(画像と映像は当時公開されたもの)、現在はどのような進化を遂げているのかは不明です。

なお、Telegraaf.nl Autovisieによると、この"Bose Suspension System"が組み込まれる最初のモデルは、2017年にデビューする見込みのミッドサイズセダン"Citroen C5 III"になる可能性があるそうです。また、C5の後に他のモデルにも使用される見込みです。






ct16042902
ct16042903
ct16042904
こちらは中国市場向け・新C6モデルです。
現行C5モデルをリファインしたような感を受けます。日本市場への導入は未定の由。
コンベンショナル(一般的)なサスペンションを採用しているとみられますが、"Bose Suspension System"が組み込まれる日も、近いでしょう。



使命を終える事なった、シトロエン社が開発した「ハイドロ・ニューマチック・サスペンション」は、画期的なアイデアでした。
その宣伝方法も、これまた芸術的でした・・。


ct16060501
シトロエンの革命的サスペンション」の一部が、明らかになりました。
CITROEN ADVANCED CONFORTのステッカーが貼られた、シトロエンC4カクタスには、全く新しい構造のダンバーが取り付けられています。
ハイドローリック・スラスト(Butee hydraulique)と名付けられたこのダンパーは、二重構造で、内側の(サブ)ダンパーは3段のダンパーが重なった形になっています。
1個は抵抗が小さく、小さな振動を吸収します。更に大きな振幅の揺れは、外側2個の(メイン)より硬いダンパーが受け持つ構造となっています。
外側と内側のダンパーの隔壁には小さな穴が開いていて、それを内側のダンパーの移動で塞いでいくにつれて減衰力が強くなり、最後までオイルがショックを受け止めて衝撃を防ぐことが出来るという仕組みです。

ct16060502
このダンパーによって、電子式のインテリジェント・サスペンションよりも低コストで、空飛ぶ絨毯の乗り心地が実現出来ました。
ロールも少なく、また固有振動数は、現行車種であるシトロエンC5よりも少し高めなので、嘗てのシトロエンDSのように、後部座席の乗員が船酔いを起こすこともありません。
このダンパーを使ったサスペンションが、どの車種に装備されるのか、またその時期がいつになるのか不明ですが、当然、バネやアンチロールバー、更にはESPも見直さなければなりませんし、しなやかなサスペンションの為に、シートの快適性やボディの軋みなどが増幅される事になるので、ボディの組立にも新製法が導入される事になるようです。
因みにテスト車のシトロエンC4カクタスには、全く新設計のシートが設けられていました。

(6月2日付けのautomobile challenger.fr記事。某愛好家のブログより転載しました。)
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン

シトロエンC6

C601
先日、シトロエンロゴマーク入り腕時計を購入する際に、セブンスター2階でC6を撮影しました。

C602
もう既に正規輸入は止まってしまっているというC6
年間販売台数から推し量ると、現在庫でも数年分抱えているとか。

C603
優美な個性的デザインは、現代の車ではピカイチだと思います。

個人的には大いに食指を動かされましたが、CXと同様に良縁に恵まれず今日に至っています。

C604
C605
C606
C607
内装の造形は、嘗て栄華を誇ったフランス製高級車の面目躍如といったところで、流石です。

C6とは縁が無かったと諦め、新DSシリーズのDS4・DS5に期待しているのですが、DS4はクロスカントリー車になる見込みだとか!ならばと、DS5に妄想膨らませる私でした。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン C6

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード