ポリトーイ&マクレガートーイ製GS。

GSウイークエンド】

ptgs11051001
ptgs11051002
ptgs11051003
GS・ウイークエンド」と名付けられたモデルで、カヌーとオールを屋根上に搭載しています。
これは一番よく見かけるベージュ色です。

ptgs11051004
ptgs11051005
ptgs11051006
青メタリックは、レアです。もう少し濃い青メタリックもあります。

ptgs11050915
ptgs11050916
ptgs11050917
緑メタリックも、あまり見かけません。

ptgs11050918
ptgs11050920
シルバーは、ウイークエンド仕様でしか見かけない色です。これも珍しいです。
上段画像は、コーギートーイのオプションステッカー「ホワイトリボン」が、ホイールに貼付されています。かなりの好事家の仕業だと思います。下段画像は、「シトロエン・ミニチュアカー大事典」に掲載されたものです。

ptgs11051007
ノーマルタイプで一番よく見かける赤色ですが、ウイークエンド仕様では、逆に珍品に属します。改造された物も多いはずです。

ptgs11050919
ウイークエンド仕様・青メタリックのバリエーションです。画像の露出違いだけかも知れませんが・・・。

mtgs11050901
mtgs11050902
mtgs11050903
メキシコのマクレガートーイ製「ウイークエンド」です。
ホイールは無塗装になりますが、その他は同じです。レアモデルです。

mtgs11050904
mtgs11050905
mtgs11050906
ポリトーイEシリーズでランボルギィーニ・ハラマ等に用いられていた、幅広タイヤと星形デザインホイールを流用した、マクレガートーイ製「ウイークエンド」で、青メタリックのボディと共に、あまり見かけない貴重品です。
テールランプが塗装されています。こうして色々見比べると、カヌーにも3色程バリエーションがあるみたいです。
mlgs12090501
mlgs12090502
バリエーション確認で購入した1台。少し濃いメタリックです。台座・ケースも異なります。
mlgs12090503
mlgs12090504
本家に比べて、メッキもくすんでおります。
mlgs12090505
GSAの如きメーターと2本スポークのステアリングが、面白いです。

ptgs11050911
ポリトーイでは、「ラリー・サービス」と称したモデルも存在しました。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : ポリトーイ マクレガートーイ シトロエン GS CITROEN

マクレガートーイ製GS。

イタリアのPolitoys(ポリトーイ)社の起源は不明ですが、1960年に1/41スケールのプラスティック製ミニチュアカーを製造開始し、1965年には1/43スケールのダイキャスト製ミニカーの製造も加えました。
企画・デザインはミラノで、製造はブレーシャの工場が受け持つ方式で、精巧な素晴らしいダイキャスト・ミニチュアカーを世に送り出しました。
1970年、恐らく英国Palitoy社との混同を避けるためでしょう、社名をPolistil(ポリスティル)に変更しています。
1973年に1/24(一部1/22)スケールの所謂ラージ・スケールモデルの製造を、ブラーゴ社やマイスト社に先駆けて開始し、その分野の草分けと呼ばれました。
1970年代後半に鋳型をメキシコのマクレガートーイ社に譲渡し、同社でプラスティック・ダイキャスト両方のミニチュアカーを製造しました。
1980年代後半に米国トンカ社に買収されてトンカブランドで販売されますが、厳しい競争に打ち勝てず、1993年両社とも消滅しました。

【青色ポリスカー】
mtgs11050312
mtgs11050507
mtgs11050508
黒プラスティック一体成型のタイヤ&ホイールを装着したモデルで、アンテナはメッキとなります。
テールランプの塗装は省略されていますが、回転灯がアメリカンタイプのバー仕様となり、赤色と青色を印刷したステッカーが貼付されます。
このバー仕様回転灯モデルに限り、ハンドルが穴の開いたT字型スポークを持つ、メッキハンドルになります。
ポリトーイEのケースをそのまま流用して、上からマクレガートイのステッカーを貼付していますので、これらが初期生産型でしょうか?

mtgs11050313
mtgs11050505
mtgs11050506
クリア台座の透明回転灯を装備したモデルで、黒プラスティック一体成型のタイヤ&ホイールは、マクレガートイの他モデルからの流用と思われます。(若しかしたらエラー・モデルかも知れません。)
テールランプの塗装は省略されており、ハンドルは3本スポークの黒色タイプが装着されます。
回転灯がアメリカンタイプのバー仕様モデルでは、リアウインドーに貼付されていた「63」のステッカーが、このモデルではボンネットに貼付されている他、ボディサイドに新たに「POLICIA」のステッカーが貼付されています。

mtgs11050509
mtgs11050510
mtgs11050511
ポリトーイEシリーズでランボルギィーニ・ハラマ等に用いられていた、幅広タイヤと星形デザインホイールを流用したモデルで、回転灯は黒色台座タイプとなり、赤色・白色・青色の3色が並んで取り付けられています。
回転灯がアメリカンタイプのバー仕様モデルでは、リアウインドーに貼付されていた「63」のステッカーが、このモデルでもボンネットに貼付されている他、ボディサイドに新たに「POLICIA」のステッカーが貼付されています。
テールランプの塗装は省略されており、ハンドルは3本スポークの黒色タイプが装着されます。

mtgs11050601
アンテナの付いていない2台は、購入先の海外コレクターが輸送中の破損を恐れ、取り外してビニール袋に入れていました。彼の心遣いに感謝です。
これを見ますと、アンテナ付け根の造形にもバリエーションがありました。黒ポリス・空色ポリスは全てメッキのアンテナで、消防指令車に見られる黒色アンテナ装着車は見かけません。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : マクレガートーイ シトロエン GS CITROEN

マクレガートーイ製GS。

イタリアのPolitoys(ポリトーイ)社の起源は不明ですが、1960年に1/41スケールのプラスティック製ミニチュアカーを製造開始し、1965年には1/43スケールのダイキャスト製ミニカーの製造も加えました。
企画・デザインはミラノで、製造はブレーシャの工場が受け持つ方式で、精巧な素晴らしいダイキャスト・ミニチュアカーを世に送り出しました。
1970年、恐らく英国Palitoy社との混同を避けるためでしょう、社名をPolistil(ポリスティル)に変更しています。
1973年に1/24(一部1/22)スケールの所謂ラージ・スケールモデルの製造を、ブラーゴ社やマイスト社に先駆けて開始し、その分野の草分けと呼ばれました。
1970年代後半に鋳型をメキシコのマクレガートーイ社に譲渡し、同社でプラスティック・ダイキャスト両方のミニチュアカーを製造しました。
1980年代後半に米国トンカ社に買収されてトンカブランドで販売されますが、厳しい競争に打ち勝てず、1993年両社とも消滅しました。

【黒色ポリスカー】
mtgs11050307
mtgs11050501
mtgs11050902
「384」のステッカーが大小2枚づつ、計4枚貼付されたモデルで、黒プラスティック一体成型のタイヤ&ホイールを装着しています。赤色灯の台座はメッキで、テールランプは赤色で塗装されています。
この銀色のケース台座は、あまり見かけません。

mtgs11050503
mtgs11050504
ポリトーイEシリーズでランボルギィーニ・ハラマ等に用いられていた、幅広タイヤと星形デザインホイールを流用したモデルです。
「384」のステッカーが大きい方だけとなっています(多分屋根にも貼付されていましたが、紛失したと考えます。)し、赤色灯の台座が黒色に、更にテールランプの塗装が黄色になっています。
mcgs12022301
mcgs12022302
mcgs12022303
これは、バリエーション確認のために海外オークションで落札してもらったモデルです。
有意差は確認できませんでした・・・。コレクションに、徒労はつきものです。

mtgs11050308
mtgs11050502
「384」のステッカーが小さい方だけとなる一方、屋根に白地に黒文字で「384」と大書されたステッカーを貼付したモデルで、黒プラスティック一体成型の小ぶりのタイヤ&ホイールを装着しています。
テールランプの塗装は省略されていますが、回転灯がアメリカンタイプのバー仕様となり、赤色と青色を印刷したステッカーが貼付されます。(上のモデルは、ステッカーが紛失したと考えられます。)
ポリトーイEのケースをそのまま流用して、上からマクレガートイのステッカーを貼付していますので、これらが初期生産型でしょうか?
mcgs12041801
mcgs12041802
mcgs12041803
そう考えていたら、マクレガーのオリジナルケースに鎮座した、黒プラスティック一体成型の小ぶりのタイヤ&ホイールを装着したモデルに出くわしました。然も透明回転灯を装着し、25という車両番号ステッカー4枚が貼付されています。う~ん、マクレガー・トーイも奥が深い・・・。

mtgs11050311
「384」のステッカーが小さい方だけとなる一方、屋根に白地に黒文字で「384」と大書されたステッカーを貼付したモデルにも、ポリトーイEシリーズでランボルギィーニ・ハラマ等に用いられていた、幅広タイヤと星形デザインホイールを流用したバージョンがあります。

mtgs11050601
一番上のアンテナが根元から折れてしまったモデルを除き、掲載モデル中でアンテナの付いていない2台は、購入先の海外コレクターが輸送中の破損を恐れ、取り外してビニール袋に入れていました。彼の心遣いに感謝です。
これを見ますと、アンテナ付け根の造形にもバリエーションがありました。黒ポリス・空色ポリスはメッキのアンテナで、消防指令車に見られる黒色アンテナ装着車は見かけません。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : マクレガートーイ シトロエン GS CITROEN

マクレガートーイ製GS。

イタリアのPolitoys(ポリトーイ)社の起源は不明ですが、1960年に1/41スケールのプラスティック製ミニチュアカーを製造開始し、1965年には1/43スケールのダイキャスト製ミニカーの製造も加えました。
企画・デザインはミラノで、製造はブレーシャの工場が受け持つ方式で、精巧な素晴らしいダイキャスト・ミニチュアカーを世に送り出しました。
1970年、恐らく英国Palitoy社との混同を避けるためでしょう、社名をPolistil(ポリスティル)に変更しています。
1973年に1/24(一部1/22)スケールの所謂ラージ・スケールモデルの製造を、ブラーゴ社やマイスト社に先駆けて開始し、その分野の草分けと呼ばれました。
1970年代後半に鋳型をメキシコのマクレガートーイ社に譲渡し、同社でプラスティック・ダイキャスト両方のミニチュアカーを製造しました。
1980年代後半に米国トンカ社に買収されてトンカブランドで販売されますが、厳しい競争に打ち勝てず、1993年両社とも消滅しました。

【消防指令車】
mtgs11050301
mtgs11050515

mtgs11050302
mtgs11050516

mtgs11050303
mtgs11050514
ポリトーイEシリーズでランボルギィーニ・ハラマ等に用いられていた、幅広タイヤと星形デザインホイールを流用したモデルです。暴走族風で、いかにも速そうです。
黒色アンテナが付いており、テールランプは黄色で塗装されています。(上から2台目はエラーモデルです。)
バリエーション確認で3台確保しましたが、ステッカー・赤色灯・アンテナ等に差異は認められませんでした。

mtgs11050512
mtgs11050513
こちらは、黒プラスティック一体成型のタイヤ&ホイールを取り付けたモデルです。
ステッカーの貼付位置は殆ど共通ですが、赤色灯の台座がメッキになっています。

mtgs11050602
アンテナの付いていない1台は、購入先の海外コレクターが輸送中の破損を恐れ、取り外してビニール袋に入れていました。彼の心遣いに感謝です。

mtgs11050306
mtgs11050901
幅広タイヤ&星形デザインホイールの消防指令車は、全て黒色のアンテナを装着していますが、黒プラスティック一体成型のタイヤ&ホイール付き消防指令車には、メッキアンテナが装着されていたようです。

mtgs11050304
mtgs11050305
バリエーション確認・部品取りとして確保した、ステッカー剥がし・アンテナ折れの1台。
後部座席後方のパネルに、何かの部品を取り付ける為の穴が開いています。
ハンドルは、オーソドックスな3本スポークタイプになっています。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : マクレガートーイ シトロエン GS CITROEN

ポリトーイ製GS。

イタリアのPolitoys(ポリトーイ)社の起源は不明ですが、1960年に1/41スケールのプラスティック製ミニチュアカーを製造開始し、1965年には1/43スケールのダイキャスト製ミニカーの製造も加えました。
企画・デザインはミラノで、製造はブレーシャの工場が受け持つ方式で、精巧な素晴らしいダイキャスト・ミニチュアカーを世に送り出しました。
1970年、恐らく英国Palitoy社との混同を避けるためでしょう、社名をPolistil(ポリスティル)に変更しています。
1973年に1/24(一部1/22)スケールの所謂ラージ・スケールモデルの製造を、ブラーゴ社やマイスト社に先駆けて開始し、その分野の草分けと呼ばれました。
1970年代後半に鋳型をメキシコのマクレガートーイ社に譲渡し、同社でプラスティック・ダイキャスト両方のミニチュアカーを製造しました。
1980年代後半に米国トンカ社に買収されてトンカブランドで販売されますが、厳しい競争に打ち勝てず、1993年両社とも消滅しました。

ptgs11050901
ptgs11050902
ptgs11050903
最も良く見かける、赤色モデルです。
ptgs11050913
ハンドルは1本スポークではなく、2本スポークとなっています。
ptgs11050914
一応、裏板はFWDで彫刻されています。
ptgs11050909
人形付きのプリスターパックで、販売された物もあります。
「¥480」と印刷済みであることから、輸入元がタイアップしたキャンペーン商品かも知れません。

ptgs11050904
ptgs11050905
ptgs11050906
次に良く見かけるのが、ベージュ色です。
ptgs11050907
ptgs11050908
これは箱違いですが、中身は一緒です。

ptgs11052401
ptgs11052402
レアカラーの黄緑メタリックです。
ptgs11052403
「POLITOYS」から「Polistil」に変更されている他に、文字が追加された裏板。

pgs14022801
pgs14022802
これもレアカラーと言われているシルバーです。
シルバーには、屋根にボートとオールを積んだ「ウイークエンド仕様」モデルもあり、こちらもレアです。
pgs14022803
こちらの裏版も、「POLITOYS」から「Polistil」に変更され、文字が追加されていました。

ptgs11050912
他に「青メタリック」が、レアカラーとして存在します。
海外オークションで珍重され、かなりの競争率です。

ptgs11050911
「ラリー・サービス」と称したモデルも存在しました。

mlgs12090506
これはメキシコ製「マクレガートーイ」の、ポリトーイ・コピーモデルですが、屋根に何か付いていた形跡があります。
mlgs12090507
同社の「ウイークエンド」コピーモデルでは、カヌーの高さをクリアする為に、天井部分が湾曲した専用ケース(左)が用いられていましたが、このモデルのケースは、明らかに天地の高さが不足する、平らな天井部分を持つ通常ケース(右)でした。
従って、高さの低い、ポリトーイ製「ラリー・サービス」の部品が取り付けられていたと推測されます。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : ポリトーイ マクレガートーイ シトロエン GS CITROEN

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード