モンブラン・シトロエンGS。83

mbgs14052501
mbgs14052502
モンブラン社(フランス)製1/12・シトロエンGS・ノンストップ仕様・オレンジ色・後期型車体です。
シトロエン・ミニチュアカー大辞典に、"East African Safari Rallye,3"「1976年製造」と記載されているモデルです。

gs10122303
所有しているモデルは、残念ながらボンネットのシールが剥がれていましたので、今回、ちゃんと貼付されている個体を追加しました。

mbgs14052507
mbgs14052508
車体中央部に「EAST AFRICAN SAFARI」、車体後部にサイケ模様のステッカーが貼付されています。
初期型では、メッキを施した別部品が取り付けられていた「前後ドアノブ」と「フューエル・キャップ」ですが、後期型では省力化の煽りで、車体に一体成型されるようになりました。

mbgs14052506
ボンネットにはライオンのステッカーが貼付されています。

mbgs14052503
mbgs14052504
ノンストップ仕様は、青色窓で内装が省略されたバージョンとなります。
内装付きで透明窓を持つモデルでは、開いた状態で再現されていた運転席と助手席の窓は、内装無しで青色着色窓を持つモデルでは、閉じた状態となっています。

mbgs14052509
mbgs14052510
全ての窓が閉じた状態で成型された青色窓には、ワイパーやルームミラー、リアウインドウの熱線のモールドが、一切省略されていました。

mbgs14052505
初期型~中期型ではメッキされていたフロントグリルは、プラスティック地肌の白色となり、グリルに開けられていた穴も省略されました。

mbgs14052511
裏面です。車体前方部分に「簡略化されたモンブラン社社章」が、打刻されているのみです。
電池部分の蓋は、初めからありません。フリー走行部分の駆動輪が失われています。

mbgs14052512
リア・ライセンスプレート部分は初期型~中期型では、「CITROEN ダブルシェブロン GS」と印刷されたブリキのプレートがカシメ留めされていましたが、中期型~後期型では「Jouets Mont-Blanc」とモンブラン社社章(一部がストライプ柄の模様になった新しい物)が印刷されたシールが貼付されています。
初期型~中期型車体では黒部品で再現されていたオーバーラダーが無くなっている事、バンパー上にはライセンス灯が再現されている事に注意して下さい。

mbgs14052513
リア・ライセンスプレート上部の黒い横長部分は、「CITROEN GS」と印刷されたリア・ガーニッシュを再現していますが、これはブリキプレートのカシメ留めです。
初期型~中期型ではメッキされていたリアバンパーとトリム類は、プラスティック地肌の白色となります。

mbgs14052514
特装車(パトカー・救急車・消防指令車)が発売されると、特装車は、針金のアンテナを立てる台座の突起が左リアフェンダーに一体成型されました。
前期型車体では、一般車両と特装車のボディ・モールドがきちんと分けられており、一般車両では針金のアンテナを立てる台座の突起が見られませんでした。
ところが中期型の一部~後期型車体では、特装車と共通のボディ・モールドとなったため、、針金のアンテナを立てる台座の突起が、画像でも確認できるように一般車でも存在するのです。
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : Mont-Blanc CITROEN GS モンブラン シトロエン

モンブラン・シトロエンGS。82

mbgs14040201
モンブラン社(フランス)製1/12・シトロエンGS・有線リモコン仕様・初期型車体です。
実車で言えば、Beige Erable AC090(Erableは英語のMaple、即ちカエデ(楓)を指します。)に相当する色です。

mbgs14040202
mbgs14040203
初期型はフロント・リアバンパーとフロントグリルがメッキ仕様であり、前後ドアノブとフュエル・キャップがメッキを施した別部品となっています。内装色は茶色しか確認できていません。

mbgs14040204
mbgs14040205
運転席と助手席の窓は、開いた状態で再現されています。

mbgs14040206
フロントグリルの穴は、後期型から埋められてしまいます。

mbgs14040207
リア・ライセンスプレート部分は、「CITROEN ダブルシェブロン GS」と印刷されたブリキのプレートをカシメ留めしています。
リア・ライセンスプレート上部の黒い横長部分は、「CITROEN GS」と印刷されたリア・ガーニッシュを再現していますが、これもブリキプレートのカシメ留めです。
黒部品でオーバーラダーが再現されており、バンパー上にはライセンス灯が再現されている事に注意して下さい。

mbgs14040209
フロントウインドウに、モンブラン社の社章ステッカーが貼付されています。
見難いですが、フロントウインドウにルームミラーとワイパーがモールドされています。

mbgs14040208
リアウインドウに、”CITROEN prefere TOTAL”のステッカー貼付されています。
見難いですが、リアウインドウに熱線がモールドされています。

mbgs14040211
mbgs14040212
ダッシュボード周辺は、趣味良く纏められていると思います。正に"プラスティックの芸術"です。

mbgs14040213
シートも良い雰囲気で纏められています。前席バックレストが再現されていれば、尚良かったのですが。

mbgs14040210
裏面です。中央に「モンブラン社社章と社名・製造国フランス」が打刻されており、その後方に「-GS-BY CITROEN」の打刻があります。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : Mont-Blanc CITROEN GS モンブラン シトロエン

モンブラン・シトロエンGS。81

mbgs14021301
モンブラン社(フランス)製1/12・シトロエンGS・赤色POMPIERS・空色不透明窓・ノンストップ仕様・前期~中期型車体です。
mbgs14021302
mbgs14021303
中期型までは、前後ドアノブとフュエル・キャップに、メッキを施した別部品が取り付けられていました。
後期型では部品が省略されて、大まかな形が、車体に一体成型されるようになります。
メッキされていたフロント・リアバンパーとフロントグリルも、後期型ではプラスティック地肌の白色となります。

mbgs14021306
mbgs14021307
濃い着色窓バージョンでは、窓は全て閉じた状態になり、

mbgs14021315
mbgs14021316
ワイパー・ルームミラー・熱線のモールドが省略されます。

mbgs14021308
ボディサイドに貼付されるステッカーです。「PREMIER SECOURS (緊急救急車両) PARIS(パリ市)FIRE DEPARTMENT」の表示があります。

mbgs14021314
車体前部は、大味ながら巧みに造形されているのが分かります。
フロントグリルの開口部は、後期型車体の白色プラスティック版から、埋められてしまいました。

mbgs14021313
リア・ライセンスプレート部分は初期型から中期型では、「CITROEN ダブルシェブロン GS」と印刷されたブリキのプレートがカシメ留めされていました。
中期型から後期型では「Jouets Mont-Blanc」とモンブラン社社章(一部がストライプ柄の模様になった新しい物)が印刷されたシールが貼付されるようになります。

mbgs14021311
針金で再現されたアンテナを、紛失している個体も多いです。

mbgs14021312
リア・ライセンスプレート上部の黒い横長部分は、「CITROEN GS」と印刷されたリア・ガーニッシュを再現したブリキのプレートがカシメ留めされています。

mbgs14021317
電池収納スペースの関係から、モンブラン社社章が簡略化された形で前方に刻印されています。
フリー走行モデルにも2種類あって、ストッパーを差し込んで固定する事による「直進」「右回り」「左回り」、ストッパーを解放する事による「ジグザグ走行」、の4種類が選べる駆動輪を持つバージョンと、簡素型駆動輪で、障害物に当たると方向転換するバージョンとがありました。
このモデルは前者に相当しますが、カバーが、MADE IN JAPANの刻印も誇らしげなプラスティック製ではなく、無表示のティン製となっている事に注意して下さい。

mbgs14021309
このモデルは「消防司令車」ですが、箱に”pompiers”の表記があるのに対して、ボンネットに「FIRE DEPARTMENT」のステッカーが貼付してあることから、英語圏輸出仕様と推察されます。

mbgs14021310
屋根上にある赤色灯は、台座金属パーツが付属したバージョンです。
mbgs14021318
mbgs14021319
mbgs14021320
mbgs14021321
作動させて初めて分かったのですが、中心部の豆球が点滅するだけでなく、内部で遮光版が回転して点滅効果を倍増させています。(屋根に映る影の位置で、回転している事が、お分かり頂けると思います。)
従って、遮光版回転ギミックが含まれた回転灯には、金属の台座が付属し、点滅だけの回転灯には、金属の台座が付かない事が判明したのでした。

「POMPIERS・FIRE DEPARTMENT」には以下のバリエーションが存在します。

①窓の色
MONTBLANC GS 66
(緑色透明)
mbgs14021216
(青色透明)
mbgs14021316
(空色不透明)

②車体のステッカー
mbgs14021308
(透明に白文字・パリ市)
mbgs14021304
(黄色地に黒文字・リュミリー市)

③回転灯の形状
mbgs14021310
(台座部分金属金具有り:点滅と遮蔽版回転)
mbgs14021209
(台座金属部分金具無し:点滅のみ)

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン CITROEN モンブラン GS

モンブラン・シトロエンGS。80

mbgs14021201
モンブラン社(フランス)製1/12・シトロエンGS・赤色POMPIERS・ノンストップ仕様・前期~中期型車体です。

mbgs14021202
mbgs14021203
中期型までは、前後ドアノブとフュエル・キャップに、メッキを施した別部品が取り付けられていました。
後期型では部品が省略されて、大まかな形が、車体に一体成型されるようになります。
メッキされていたフロント・リアバンパーとフロントグリルも、後期型ではプラスティック地肌の白色となります。

mbgs14021204
mbgs14021205
濃い着色窓バージョンでは、窓は全て閉じた状態になり、ワイパー・ルームミラー・熱線のモールドが省略されます。

mbgs14021206
mbgs14021210
車体前部は、大味ながら巧みに造形されているのが分かります。
フロントグリルの開口部は、後期型車体の白色プラスティック版から、埋められてしまいました。

mbgs14021215
mbgs14021216
リア・ライセンスプレート部分は初期型から中期型では、「CITROEN ダブルシェブロン GS」と印刷されたブリキのプレートがカシメ留めされていましたが、中期型から後期型では「Jouets Mont-Blanc」とモンブラン社社章(一部がストライプ柄の模様になった新しい物)が印刷されたシールが貼付されています。
針金で再現されたアンテナを、紛失している個体も多いです。

mbgs14021312
本来、リア・ライセンスプレート上部の黒い横長部分は、「CITROEN GS」と印刷されたリア・ガーニッシュを再現したブリキのプレートがカシメ留めされているのですが、

mbgs14021211
mbgs14021212
このモデルでは「白2本線のステッカー」が貼付されていました!
ステッカーが経時変化で収縮した様子、プレート差込口のキズの有無、埃の堆積状況等から察するに、最初から貼付されていたものと判断します。
パーツが無くなったので、窮余の一策としてシールを製造したのでしょうか?はたまた、コストダウンの一環なのでしょうか? 何れにせよ、貴重なバリエーションには違いありません。

mbgs14021214
フリー走行モデルにも2種類あって、MADE IN JAPANの刻印も誇らしげな、ストッパーを差し込んで固定する事による「直進」「右回り」「左回り」、ストッパーを解放する事による「ジグザグ走行」、の4種類が選べる駆動輪を持つバージョンと、簡素型駆動輪で、障害物に当たると方向転換するバージョンとがありました。このモデルは前者に相当します。

mbgs14021213
電池収納スペースの関係から、モンブラン社社章が簡略化された形で前方に刻印されています。

mbgs14021305
このモデルは「消防司令車」ですが、箱に”pompiers”の表記があるのに対して、ボンネットに「FIRE DEPARTMENT」のステッカーが貼付してあることから、英語圏輸出仕様と推察されます。(英国のコレクターから落札しました。)

mbgs14021209
屋根上にある赤色灯は、台座金属パーツが無いバージョンです。
残念ながらコードが切れていた為、点滅しませんでした。サイレン音だけが、空しく鳴っておりました。

mbgs14021304
ボディサイドに貼付されるステッカーです。「PREMIER SECOURS (緊急救急車両) RUMILLY(リュミリー市)」の表示があります。

MONTBLANC GS 66
MONTBLANC GS 35
MONTBLANC GS 36
上記画像は「緑色透明窓バージョン」です。針金製アンテナは、紛失したものと思われます。

これらを総合すると、「FIRE DEPARTMENT」には以下のバリエーションが現状確認できます。

①窓の色
MONTBLANC GS 66
(緑色透明)
mbgs14021216
(青色透明)
mbgs14021316
(空色不透明)

②車体のステッカー
mbgs14021308
(透明に白文字・パリ市)
mbgs14021304
(黄色地に黒文字・リュミリー市)

③回転灯の形状
mbgs14021310
(台座部分金属金具有り:点滅と遮蔽版回転)
mbgs14021209
(台座金属部分金具無し:点滅のみ)

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : モンブラン シトロエン CITROEN GS

モンブラン・シトロエンGS。79

mbgs13122801
モンブラン(Jouets Mont-Blanc フランス)社製1/12・シトロエンGS・有線リモコン仕様・AMBURANCE・中期型車体・青色着色窓・内装付き・青色回転灯です。
AMBURANCEの《有線リモコン仕様》は、見掛ける事が少なく、絶対流通量が少なかったと思われます。
サイレン音が鳴る《フリー走行仕様》の方が受けが良くて、その生産が優先されたからでしょうか?

mbgs13122802
mbgs13122803
濃い着色窓バージョンでは、フロントウインドウに貼付される「モンブラン社の社章」が省略されています。
メッキ別部品となるドアノブやフューエル・キャップやホイルキャップは紛失し易いのですが、全て揃っていました。
窓は青色透明窓ですが濃くなっており、透過度が良くないタイプです。

mbgs13122804
mbgs13122805
mbgs13122817
大きなサイレン音発生装置が必要無い為、内装が取り付けられた《有線リモコン仕様》では、濃い着色窓の場合でも、運転席と助手席の窓が閉じた状態の物と、開いた状態の物と2種ありました。
AMBURANCEの箱は、「一般車両・有線リモコン仕様」の箱に使われている、アイボリーGSの実車写真の背景色を空色に変えて、写真の上に「赤十字・AMBURANCEの文字・赤色灯のイラスト」を印刷した、「エレクトリック・テレガイド」専用箱です。

mbgs13122818
車体前部は、大味ながら巧みに造形されているのが分かります。
フロントグリルにあけられた穴は、後期型車体の白色・灰色部品版から埋められてしまいました。

mbgs13122808
赤十字のステッカーは、後期型から一回り大きくなり、中央に怪我人のイラストが描かれた物になります。

mbgs13122819
リア・ライセンスプレート部分は初期型~中期型では、「CITROEN ダブルシェブロン GS」と印刷されたブリキのプレートがカシメ留めされていましたが、中期型~後期型では「Jouets Mont-Blanc」とモンブラン社社章(一部がストライプ柄の模様になった新しい物)が印刷されたシールに変えられました。
リア・ライセンスプレート上部の黒い横長部分は、「CITROEN GS」と印刷されたリア・ガーニッシュを再現していますが、これもブリキプレートのカシメ留めです。
初期型~中期型では、メッキされていたリアバンパーとトリム類は、後期型では、プラスティック地肌の白色となります。
初期型~中期型車体では、黒部品で再現されていたオーバーラダーが、後期型では省略されます。

mbgs13122806
裏面です。中央に「モンブラン社社章と社名・製造国フランス」が打刻されており、フリクション仕様では後方に存在する「-GS- BY CITROEN 」の打刻が、リモコン仕様では金具留め金穴の関係で、前方に移されています。
運転席と助手席のみ取り付けられているのが、茶色の留め具の有無からも判断できます。

mbgs13122811
mbgs13122812
mbgs13122809
mbgs13122810
《有線リモコン仕様》AMBURANCEの場合、
①濃い着色窓で運転席・助手席の窓が閉じている状態(ワイパー・ルームミラー・熱線のモールド無し。)
②薄い着色窓で運転席・助手席の窓が開いている状態(ワイパー・ルームミラー・熱線のモールド有り。)
の2種があり、このモデルは①に相当します。
mbgs13122822
①②共「ダッシュボード・ハンドル・運転席・助手席」の内装パーツが取り付けられていましたが、何故か「後部座席とリアパネル」部品は省略されていました。
mbgs13122823
センターコンソールに付くシフトノブが存在しませんが、最初から省略されていたのか、紛失したのかは不明です。

mbgs13122813
mbgs13122814
《有線リモコン仕様》では一部の内装が取り付けられる為、濃い着色窓であっても、「運転席・助手席の窓が開いた状態で、ワイパー・ルームミラー・リアウインドーの熱線がモールドされた」窓部品を用いたものがありましたが、このモデルでは、《フリー走行仕様》の「窓が全て閉じた状態で、ワイパー・ルームミラー・リアウインドーの熱線がモールドされていない」窓部品を用いている事に注意して下さい。
金型償却の為、ランダムに両方の仕様が取り付けられていたようです。

mbgs13122807
屋根上にある青色の回転灯は初期型で、上部先端がすぼまったモスクのような形状をしており、《点滅する》タイプでは、回転灯と一体成型された台座部分が屋根下に隠れており、屋根から直接突き出た形になっています。

mbgs13051201
ところが同じ初期型回転灯でも、《点滅せず、内部の反射板が回転する》タイプでは、金属パーツの台座枠が外付けされた形状でした。

mbgs13122816
mbgs13122815
《有線リモコン仕様》では、ボタンを押すとヘッドライトが点灯するのですが、AMBURANCE・POLICEの場合は、ヘッドライトへの配線が省略されている為、点灯せず、代わりに屋根上の回転灯が淡い色で点滅します。この点滅の仕方が、実にアナログで風情があります。

mbgs13122820
mbgs13122821
幾つになっても子供心は残っているらしく、小職にとって一番の醍醐味は、ステアする前輪の動きです。
舵角を変えた姿を見て、ほくそ笑んでいる自分自身に呆れます。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : モンブラン シトロエン GS CITROEN

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード